仮想通貨(コイン)の Magi(マギ)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMagiの価格・時価総額・出来高

通貨名Magi
通貨略号XMG
公開日2014年9月15日
システム
発行上限枚数2500万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,,Yobit,Novaexchange
公式サイト

Magi()のローソク足リアルタイムチャート

Magiとは?基本情報

仮想通貨Magiは2014年9月24日に取引が開始された決済システムです。Magiは非中央集権化されたシステムで、仲介人や当局、検閲などによる仲介を必要とすることなく休むことなく稼働しています。

誰もが自分のデバイス上でMagiコインを生成することができます。これはソフトウェアを使用した採掘またはミンティングと呼ばれる採掘手段でも可能です。

MagiはProof of Work TimeプロトコルおよびProof of Stakeプロトコルを利用しており、採掘作業における競争という性質を取り除き、特にコイン生成時や台帳およびブロックチェーンシステムのメンテナンスを行う際の公平性や費用効率およびエネルギー効率の良さを重視しています。

Magiの特徴・仕組み

Magiには以下のような特徴があります。

  • エネルギー効率の良さ
  • MagiのProof of Work
  • MagiのProof of Stake
  • 開発

エネルギー効率の良さ

Magiはブロックチェーンシステムをメンテナンスする際に必要な世界のエネルギー消費量を削減することに注目しています。例えば、Magiは世界中でモバイル機器上での採掘を可能にすることを目指しています。

採掘の難易度によりリワードが調整されるMagiのProof of Workでは、ネットワーク全体の採掘速度に制限を設けています。それにより莫大な量のコンピューター機器のエネルギーは必要とされません。

MagiのProof of Work

MagiのProof of Workプロトコルは、引力斥力モデルを用いて設計されているネットワーク依存型のリワードシステムを一部支持しています。MagiのProof of Workは効率的にMagiのネットワークを統制し、そのネットワークを一定のスケール内に制限しています。Magiは今後も完全な最適化に向けて開発を進めていきます。 

MagiのProof of Stake

MagiのProof of Stakeプロトコルは、例えばCoin Age(コインエイジ)のような条件付きの採掘能力を設けることにより、一般的に使用されているProof of Stakeを新しく改良したものです。コインを大量に集めたり、オフライン状態のステーキング時間を増やすことで得られる大きな採掘能力は、Magiでは役立ちません。Magiではセキュリティ、健全性、公平性の強化に成功しています。

開発

Magiはオープンソース型のプロジェクトで、誰もがMagiのソースコード構築に従事することができます。現在のところ、Magi運営チームは本ページ下部に記載する今後の予定に基づいて開発を行っています。主に注力している点は、採掘経験、ウォレット開発、選択型の匿名性、ブロックチェーン開発などの目標達成に向けたシステム改良です。現在進行中のプロジェクトには、ビジネスの世界でMagiを簡単に利用できるようにするMagiPayが含まれます。

Magiの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2014年9月24日
  • 取引開示価格:0.0694$
  • 直近価格:1.57$
  • 最高値:1.67$(2018年1月3日)
  • 最安値:0.0074$(2016年6月7日)

2014年9月24日の取引開始日以降、価格に大きな動きは見られず、取引開示価格前後で推移していました。しかし2017年3月に入ると、価格は徐々に上昇し始め、8月下旬には取引開示価格の約3.4倍まで成長。

その後12月に入ると更に激しい値上がりを見せ、2018年1月3日には最高値となる1.67$を記録しました。これは取引開示価格と比較して約24倍の成長です。

Magiの買い方・売り方・購入方法・取引所

Magiの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,,Yobit,Novaexchange
※Magiを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Magiの将来性

Magiは2017年9月に取引が開始されてから、多くの商業施設での受付が開始され、複数の仮想通貨取引所にも登録されています。Magiは採掘市場における公平性を保つことに注力しており、規模の小さい採掘者にも公平なチャンスが与えられます。これにより採掘市場が一部の人々だけではなくより多くの人々に開かれる可能性があります。

Magiの最近のニュース・最新情報・今後の予定

Magiのこれまでの歩みおよび今後の予定は以下の通りです。

  • 2017年8月
    • 非中央集権化改良に向けた計画的ハードフォーク。1)Proof of Workネットワークの更なる安全性向上、2)Proof of Stakeステーキングの改良、3)Proof of WorkおよびProof of Stakeを繋ぐネットワーク。
  • 2017年
    • コインコードベースの改良および新たなコインベース生成による更なる開発。
  • 2017年~2018年
    • 記事―MagiのProof of WorkおよびProof of Stake、一般的に利用されているそれらを組み合わせたネットワークの研究に基づいたMagi運用指針の正当化
    • SegWit(セグウィット)運用開始
    • MagiPayゲートウェイプロジェクト
    • Magi’s Proof of Workによる採掘のGuiおよびDaemonウォレットへの統合
    • MagiのProof of Stake採掘処理、MagiのProof of Stake区分、採掘効率分析等を含むMagiのProof of Stake統合によるウォレット改良。
  • 2018年
    • 独立型採掘設備およびMagiの全体の状況分析のサポート
    • 更なる機能を付けた改良型GUI。Rich(リッチ)版およびLite(ライト)版の簡易切替機能の設置。
    • Raspberry Pi(ラズベリーパイ)やPine(パイン)64などの費用効率の良いデバイス上における簡易インストレーションおよびMagiのProof of WorkおよびProof of Stakeによる採掘
    • 匿名であることを選択型とする機能を含むアドオン機能。詳細は追って公表。
    • モバイル版やElectrum(エレクトラム)などのLite(ライト)ウォレット
    • MagiのProof of WorkおよびProof of Stakeネットワークおよびサイドチェーン上へのブロックチェーンアプリケーション実装。詳細は追って公表される。
    • その他は簡易通貨切替機能、ネットワーク容量の安定化、ステーキングパラメーターの改良など。

Magi(マギ)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる