仮想通貨(コイン)の CannabisCoin(カンナビスコイン/CANN)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のCannabisCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名CannabisCoin
通貨略号CANN
公開日2014年4月20日
システムX11
発行上限枚数1億600万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Cryptopia,Yobit,Coin exchange
公式サイト

CannabisCoin()のローソク足リアルタイムチャート

CannabisCoin(カンナビスコイン)とは?基本情報

CannabisCoin (カンナビスコイン) は、大麻(マリファナ)専用薬局、大麻が合法とされている地域の小売業者や商人のための支払い方法です。

カンナビスコインはカンナビスコイン大麻開拓者達が独特にデザインし、拡張した、実際の医療用大麻を表しています。これら独特の大麻は独占的にカンナビスコインで売買できます。

1 CANN(カンナビスコイン)= 1グラムの大麻で換算されています。2014年の4月にリリースされ、21.8 millionドルまでScryptハッシュアルゴリズムでブロックチェーンされ、その後、X11 with KGWになりました。

CannabisCoin(カンナビスコイン)の特徴・仕組み

CannabisCoin (カンナビスコイン) には以下のような特徴があります。

  • 高額な大麻の取引決済を専用の仮想通貨で決済
  • 日本にいながら大麻の購入が可能
  • ブロックチェーン技術によるトラッキング

高額な大麻の取引を専用の仮想通貨で決済

カンナビスコイン以前、現在でも一般的な大麻の取引は現金で行われています。決済にクレジットカードやデビットカードはもちろん使えませんし、大麻産業の企業が口座を持つことできませんでした。

ドイツでは医療用大麻をデビットカードで薬局で購入することができますが、一月、二千ドルと高額な価格です。またカナダではオンラインでの購入、支払い、さらに生産者から家までの配達が可能ですが、価格は高額です。

そこで、作られたのがカンナビスコイン。この仮想通貨の決済として企業と個人共に利用でき、大麻業界を広げています。手数料を安く抑えることができるというメリットがあり、誰でも通貨関係なく大麻を購入できる環境が作られています。

日本にいながら大麻の購入

日本では大麻の所持、使用は違法ですが、カンナビスコインを使うと、日本にいながら海外で大麻の売買をバーチャルにできるということになります。

ブロックチェーンによる安全性管理

カンナビスコインで生産者、利用者が同プラットフォームを使うことにより、今までには不可能だった、マリファナ栽培農家から、仲介者となる医師、そして最終利用者までを追跡するシステムが整います。

そのため、不正に医療用マリファナを入手する犯罪を防ぐことができ、大麻が生産者から最終利用者までを管理できます。ブロックチェーン技術より、安全な大麻を届けることが可能ということです。

CannabisCoin(カンナビスコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2014年8月
  • 取引開始価格:0.000313USD
  • 直近価格:0.148306 UDS
  • 最高値:0.604913 USD (2017年12月31日)
  • 最安値:0.000313USD (2014年8月2日)

2014年に取引を開始したの後、高価格になりましたが、以後、特に大きく変わることはありませんでした。

しかし2018年明けから、カルフォルニアの合法開幕が大きく影響し、価格は10倍になりました。現時点は年明けの値段より下がっていますが、それ以前の価格より倍になっています。また、取引開始価格より値段がまだ下がったことがありません。

CannabisCoin(カンナビスコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

CannabisCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Cryptopia,Yobit,Coin exchange
※CannabisCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

CannabisCoin(カンナビスコイン)の将来性

2018年1月1日からカリフォルニア州でレクリエーション用大麻が合法化され、カンナビスコインの値段も上がりました。医療用としては29の州で合法化され、今やアメリカ人の5人に1人は医師の診断書なく大麻を使用できることになります。また、

マリファナ産業は2021年までに202億ドル(約2兆3700億円)の収益を上げる予定

Business Insider Japanは見通しています。

また、アメリカで行われた、2018年1月の調査では、大麻はお酒より、タバコより、砂糖よりも安全だと思うアメリカ人が多いとわかりました。医学的な結果は別であっても、大麻の安全性の意識が広がっているのは確かです。

アメリカを始め、海外で大麻が医療用、レクリエーション用として合法になるように活動している地域が多いので、これからのマーケットの拡大の可能性は高いです。カナダは2018年7月までに大麻を国内全体で医療用以外の大麻を合法にするという計画があります。2018年には間違えなく値上がりするか、2017年の価格が継続する模様です。

CannabisCoin(カンナビスコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

カリフォルニア州での合法化に加え、仮想通貨のランクがアップし、大麻使用者、投資者共にカンナビスコインの値上がりは確実にあると予想しています。

2017年7月にウォレットのアップデート以降特に大きな今後の予定は公表されていませんが、最新の情報は公式Twitter @CannabisCoins または公式フェイスブックページで情報を得れます。カンナビスコインだけでなく、大麻合法活動や調査に関する記事が頻繁に投稿されています。

また、カンナビスコインの創立者、デルタナイン(DeltaNine)のインタビュー(英語)はこちらで見ることができます。

CannabisCoin(カンナビスコイン/CANN)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる