仮想通貨(コイン)の BLUE(ブルー/BLUE)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBLUEの価格・時価総額・出来高

通貨名BLUE
通貨略号BLUE
公開日2017年10月18日
システム
発行上限枚数4200万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Ether delta,Coin exchange
公式サイト

BLUE()のローソク足リアルタイムチャート

BLUEとは?基本情報

暗号通貨の世界では、取引の承認プロセスにおける高い信頼を提供する手段がなく、結果的にユーザー、特にALCANとERC20トークンのユーザーのリスクが増加しているのが現状です。

BLUEでは不必要なコスト、遅延、仲介者を伴わずに、一般的な電子取引に期待される信頼性をユーザに提供することを目的としています。

また、無規制のため蔓延する詐欺や違法行為に対して、BLUEは暗号化とブロックチェーン技術を使って商品やサービスを投資・貿易・支払いをする人々に安心を提供したいと考えています。

BLUEの特徴・仕組み

BLUEの特徴・仕組みは主に以下の3つです。

  • SDKシステムの提供
  • リスク特定と取引前確認システム
  • リスク自動学習アルゴリズム

SDKシステムの提供

BLUEが公開するソースには、ウォレット、エクスチェンジ、ブロックチェーン開発者が使用できるソフトウェア開発キット「SDKシステム」が含まれています。SDKはJAVAやPHPなどのネイティブプログラミング言語で使いやすい関数を使用しているため、多数のプラットフォームに素早く広げることができます。

リスク特定と取引前確認システム

SDKを使用すると、ユーザーはウォレットの統合を通じて、ウォレットからの暗号通貨送信を承認する前に、アドレスを自動スキャンすることができます。このスキャンは、取引を完了する前に、受信者アドレスの合法性を識別してくれるため、ユーザーは支払いを行う前に取引の安全性を確認することができます。

このシステムはSDKが分散化されたブロックチェーンの既存のセキュリティとは異なり、中央集中化されたバックエンドと通信することができるため可能な仕組みです。中央集中型バックエンドでは、包括的かつ客観的な「リスク要因」を作成し、重要なデータ・指標としてストックしているため、取引のスコアと取引相手の情報を特定し、リアルタイムでユーザーに提供し確認してもらうことができます。

リスク自動学習アルゴリズム

リスク特定のアルゴリズムは、現在および過去の取引分析、取引履歴、コミュニティベースの取引フィードバック、相対通貨の強さ、通貨コードおよびプラットフォームの分析、開発力などの広範なソースから形成されています。

加えて自動学習、経験者による人的分析、コミュニティ主導型のフォームファクターも活用することでリスク特定アルゴリズムが進化し、継続的に改善されます。自動学習はクレジットカード発行者による不正行為、盗難カードなどを検出するための一般的なアプローチであり、同じアプローチをブロックチェーンで実行しています。

SDKシステムでは、適切な量のラベル付きデータ、例えば単純に取引の「良い」「悪い」のクラス分けや「98% – 高リスク」や「1%リスクが低い」などの評価をデータとして蓄積し、さらに、コミュニティデータ収集と手動レビューにより正確性を高め、ラベル付きのデータセットを収集、そしてこれらのデータを時系列で分析し因果関係を導き出し危険因子を特定します。

BLUEの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年10月18日
  • 取引開示価格:1BLUE=0.0018USD(coinmarketcapで確認できる取引開始日に最も近い2017年10月21日のデータ)
  • 直近価格:1BLUE=1.46USD
  • 最高値:1BLUE=2.07USD(2018年1月9日)
  • 最安値:1BLUE=0.0018USD(2017年10月21日)

2017年10月に公開されると11月22日までは0.002USD台で推移しましたが、翌日23日以降は上昇基調に転じました。2017年内は1BLUE=0.5USDから0.1USDで価格は動きを見せましたが2018年に入り1BLUE=0.3USD以上で安定し始め、直近では1BLUE=1.46USDとなっています。

BLUEの買い方・売り方・購入方法・取引所

BLUEの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Ether delta,Coin exchange
※BLUEを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

BLUEの将来性

取引完了前にユーザーに実用的なリスク通知をするシステムは評価でき、取引の安全性を重視するユーザーには向いているでしょう。暗号通貨の長期的メリットの一つに実社会での活用がありますが、これは、ユーザーからの通貨への信頼を高めることで成り立ち、そのためには取引の安全性をユーザー自身が確認できることは大きく貢献できると考えられます。

また、2017年11月に公開されたばかりの通貨としては順調に価格も上昇しているほか、10月に公開された開発ロードマップでは2018年も続々と新アイテムの発売予定があり、そのたびに価格は上昇すると予測されます。

BLUEの最近のニュース・最新情報・今後の予定

  • 2017年10月23日

開発チームが開発ロードマップを発表しました。2018年は以下の開発が予定されており、2019年には開発者会議を開催すると発表しています。

  1. Webベースのセキュアトークンウォレットの発売
  2. iOS用モバイルウォレット、アンドロイド発売
  3. 悪意のあるスマート契約検出アルゴリズムの開発の開始
  4. BLUEウォレット上の防御的なトークン転送のためにERC20悪質コード検出アルゴリズムを導入
  5. ブロックチェーン開発者向けのBLUEセキュリティSDK
  • 2017年10月28日

開発チームがホワイトペーパーを正式にリリース。プロジェクトの詳細とその目的について記載されています。

  • 2017年12月24日

世界で最も安全でシンプルなChrome用のBLUE Wallet「MetaMask BLUE Beta Wallet」をリリースしました。

BLUE(ブルー/BLUE)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる