仮想通貨(コイン)の Hedge(ヘッジ/HDG)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のHedgeの価格・時価総額・出来高

通貨名Hedge
通貨略号HDG
公開日2017年10月16日
システム
発行上限枚数5000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

Hitbtc,Ether delta,
公式サイト

Hedge()のローソク足リアルタイムチャート

Hedge(ヘッジ)とは?基本情報

HDGは、Hedgeエコシステムに役立つユーティリティトークンです。

ヘッジが目指しているのは、速度、信頼性、安全性に関する暗号交換の新基準を確立することです。ヘッジのインフラストラクチャーは、毎秒1万件以上の取引を管理できるパフォーマンスを提供すると同時に、すべての受注および取引が予想どおりに動作する最も信頼性の高い取引所と謳っています。

  • タイプ:ERC20(カスタムEthereumトークン)
  • 小数点以下:18
  • 循環供給:3,709,674 HDG *
  • 総供給:5,100,033 HDG **
  • 供給は有限です。新しいトークンは作成されません。

Hedge(ヘッジ)の特徴・仕組み

Hedgeの特徴は以下になります。

  • 取引プラットフォーム
  • Crypto Traded Indices™
  • 暗号通貨界の正当性の向上

取引プラットフォーム

ヘッジは、暗号通貨同士で取引可能な取引所を開発しています。

現在、ほとんどの暗号通貨取引には、その性能に密接に関連する信頼性にいくつかの問題があります。プロフェッショナルトレーダー、マーケットメーカー、高頻度トレーダー、特に証券取引所に接続したいブローカレッジは、高い金額の取引や露出リスクが高いため、高い信頼性とスピードが必要となります。

市場では現在、実際の取引所として設定される暗号通貨取引はされていません。そのすべてが取引プラットフォーム(UI)をユーザーに提供するブローカーです。このため、バックエンドのプロセスや信頼できないインフラストラクチャをほとんど気にしないような小売業者に集中しがちです。

一方、プロのトレーダーは、エクスチェンジのバックエンドとそのAPIだけに関心があります。このため、ヘッジでは取引所のバックエンドに集中し、ヘッジプラットフォーム上で行われる取引の高いレベルのセキュリティを保証しているのです。

ヘッジの主力製品は、さまざまなソースからの注文を受け入れ、注文書の管理、取引の作成、さらにその間、トレーダーの残高を見ることができるバックエンドです。バックエンドの上には、APIの最初の「ユーザー」と見ることができるUIが構築されています。

取引量の大幅拡大

2つの既存の証券会社を追加することで、個々の顧客/トレーダーを見つける必要なしに、取引所での取引数を大幅に増やすことができます。

これはまた、他の暗号交換と比較して、マーケティングに費やす費用を抑えながら、多数の取引をしているため、ヘッジの競争上での利点の1つといえます。さらに競争相手に比べて大幅に低い競争力のある料金を提供できることを意味します。

取引所としての主な目標は、毎日できるだけ多くの取引をすることです。したがって、すべての高速トレーダーが私たちの取引所に簡単に接続できるようにする必要があります。つまり、堅牢でスケーラブルなインフラストラクチャー、高速で信頼性が高く、よく文書化されたAPIと複雑なユーザーエクスペリエンスを提供する必要があります。

Crypto Traded Indices™

Crypto Traded Indices™(CTI)は、BuchmanとHedgeが共同開発した、専門的に設計された透明で客観的なBuchman暗号インデックスに基づいた重み付けと構成の異なるデジタル資産の組み合わせバスケットです。

指数のトークン化は、活発な二次的市場を可能にし、そして基礎となる裁定取引メカニズムは、CTIトークンの価格を常にインデックス値に可能な限り近づけるように設計されています。

CTIは、交換機で取引され、暗号化経済における受動的な投資手段を代表する多様な暗号化および暗号セットを提供する予定です。特定の資産に関する知識が不足しているか、ポートフォリオの暗号シェアを多様化したいと考える投資家にとって、CTIはワンクリックソリューションを提供します。

各CTIには、事前に定義されたさまざまな種類の特定のデジタル資産が含まれます。これは、使いやすく低コストかつ効率的な方法で、必要とされる原資産の暗号経済を獲得します。

過去25年間、為替取引ファンド(ETF)の使用を通じて、「伝統的」資産クラスにおける多様化のコストを最小化することが可能になりました。ヘッジの目標は、ETFを暗号で表現し、CTIを導入して暗号業界の景観を変えることです。

Hedgeの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年10月23日
  • 取引開始価格 :1HDG=0.771247USD
  • 直近価値   :1HDG=4.01USD(2018年4月15日)
  • 最高値    :1HDG=15.76USD(2018年1月13日)
  • 最安値    :1HDG=0.646344USD(2017年11月08日)

取引開始からおよそ半年が経過したばかりの比較的新しいコインです。取引開始から2018年に年が明けるまでは低い価格を維持していましたが、1月上旬には上昇し、開始時の価格の20倍ほどになりました。

最高値へと上昇していくまでは急激でしたが、その後は少しの乱高下を起こしながら徐々に下落しています。現在は最高値の3分の1、最安値の16倍と、高値を維持している印象です。

Hedgeの買い方・売り方・購入方法・取引所

Hedgeの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

Hitbtc,Ether delta,
※Hedgeを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Hedgeの将来性

チャートを見るとまだまだ低価格なもののある程度の人気は維持しているようです。仮想通貨の世界から詐欺好意を排除し、効率性を挙げるということが大きな目標です。

とりわけ最高レベルの投資家保護を暗号市場にもたらすことということで、プラットフォームの構築が進んでいます。今後の実用化・普及に注目です。

Hedgeの最近のニュース・最新情報・今後の予定

公式HPにはニュースフィールドとブログへのアクセスがあります。ブログも頻繁に更新されており、仮想通貨界の不安や対処、それに対するヘッジの方向性などについて発表されています。公式HPにロードマップは設置されていません。

Hedge(ヘッジ/HDG)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる