仮想通貨(コイン)の Bismuth(ビスムース/BIS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBismuthの価格・時価総額・出来高

通貨名Bismuth
通貨略号BIS
公開日
システム
発行上限枚数517万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

公式サイト

Bismuth()のローソク足リアルタイムチャート

Bismuth(ビスムース)とは?基本情報

Bismuthは、2017年10月に取引が始まった、比較的新しい仮想通貨になり、略号はBISになります。

Bismuthは、世界で最初のプログラミング言語、Pythonによるプロジェクトであり、モジュラーや効率性に基づいた分散型アプリケーションを提供します。

あるシステムが、いつでも、誰でも利用な世界を考えてみると、この世界では自動的にインフラストラクチャーのメンテナンスが行われ、クラウドプラットフォームは、数個のデータセンターに集中されるのではなく、世界中に広く分散されることになります。

堅牢性と柔軟性がかつてないほど高まり、利用者は、完全に自動化され、分散化された、今までとは違った世界を構築することができます。

カスタムブロックチェーンの実装の容易さにより、Bismuthでは、この新たな世界を生み出そうとしています。

Bismuth(ビスムース)の特徴・仕組み

Bismuthは、Pythonを利用した仮想通貨プロジェクトであり、新たな世界を切り開こうとしています。

その特徴は下記になります。

  • 安全性
  • ロバスト
  • フレキシブル

安全性

グローバルに永続的に利用されるためのセキュリティ上の課題は、業界標準の暗号学的署名テクノロジーで対処されており、利用者データの所有権の適格性や正確性に関するテクノロジーにかかる対応について、技術的な妥協は一切されていません。

プライベートなデータは、暗号化されて保存され、パブリックな使用でもプライベートな使用でも、その両方に適する形式で保存されています。

また、Bismuthファウンデーションは、一部データを排他的に所有することを選んだカスタマーに対しても、個別のブロックチェーンオプションを提供しています。

ロバスト

Bismuthでは、よくカスタマーから、24時間あらゆるサービスを提供するための十分なネットワークの確保は、どの程度可能であるかといった質問を受けています。

この答えは、ブロックチェーンプロトコル自体に存在しており、先天的にユーザーとプロバイダーの共生関係をとるように設計されています。

一般的にマイニングと呼ばれるインセンティブ化により、すべてのユーザーは、正式なクライアントを使用してデータを伝えることにより、報酬を得ることができます。

ユーザの数が増えるにつれて、報酬獲得の競争も激しくなり、全体的な品質が向上していきます。

フレキシブル

Bithmuthは、Bitcoin、NXT、Ethereumなどの長く、先駆的なテクノロジー研究に先行されていました。

これらのシステムが共通していた問題は、外部アプリケーションとの統合の欠如と、そのようなアプリケーションをブロックチェーンにインポートするための複雑なメカニズムでした。

これまでの製品とは異なり、Bismuthは、ネットワーク、直接データベースアクセス、OpenField型分散アプリケーション層など、さまざまなレベルにアクセスできる機能を提供しています。

Bismuth(ビスムース)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年10月2日
  • 取引開始時価格:0.546783$
  • 直近価格   :1.44$
  • 最高値    :8.74$(2018年1月13日) 取引開始時価格の16倍!!
  • 最安値    :0.293204$(2017年10月24日) 取引開始時価格から約50%下落!

Bismuthは、2017年10月に取引が始まりました。取引開始後、長らく低調なまま価格は推移しており、時に最低価格を記録するなどします。

2017年12月中旬、仮想通貨業界全体の盛り上がりに合わせ、Bismuthも価格を大きく上げ、年明けの2018年1月13日には取引開始時価格の約16倍となる最高値を記録します。

現在は、仮想通貨業界全体の下落により、価格が下がっておりますが、市況次第ではまた価格が上がって行くことも十分考えられます。

ただし、当分ボラティリティはかなり大きいことも予想されますので、取引の際には注意が必要です。

Bismuth(ビスムース)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Bismuthの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

※Bismuthを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Bismuth(ビスムース)の将来性

Bismuthは、現在マシーングラーニングなどで注目されているプログラミング言語Pythonを利用した、画期的な仮想通貨プロジェクトになります。

JavascriptでかかれたLiskが最近大きな注目を集めているように、PythonでかかれたBismuthも今後注目を浴びることも考えられ、非常に興味深いプロジェクトだと思います。

Bismuth(ビスムース)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

現在までの進捗は以下になります。
今後のロードマップは、公表されておりません。

  • 2017年5月
    • <暗号化されたメッセージとされていないメッセージの両方のサポート/li>
    • マイニングプールの構築
    • 分散型HTMLブラウジング
  • 2017年9月
    • 分散型トークンレイヤーの追加
    • トークンシンタックスや標準コマンドの追加
  • 2017年11月
    • マスターノードシステムの導入

Bismuth(ビスムース/BIS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる