世界最大の醸造業者がEthereumを使用して広告データを追跡

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(Anheuser-Busch InBev)社は、ブロックチェーン技術を利用してデジタル広告サプライチェーンを揺るがそうとしています。

この世界最大の醸造業者は、Ethereumのブロックチェーンを使ってデータを記録し追跡するKiip社のモバイルマーケティングアプリを通じ、最初の広告キャンペーンを開始しました。

プレスリリースによると、特定の広告のターゲティング範囲をモニターし、最終的にこの範囲を拡大することを目標にしています。

2週間前に始まったキャンペーンでは、Budweiser、Bud Light、Michelob Ultra、Limeatrita、Estrellasなど、AB InBevの最も人気のあるブランドの5つを紹介しています。

このキャンペーンは、モバイル広告の販売に携わるすべてのプレーヤーがデータベースを利用できるようになっています。モバイル広告詐欺などの問題を解決し、透明性を高めるように設計された新しいブロックチェーン製品を中心に構築されています。

インパクト、成約、価格などのさまざまな指標がEthereumブロックチェーンに搭載されており、AB InBev社は1時間ごとに、これらの広告の効果を見ることができます。

このアプローチでは、キャ​​ンペーンの主催者が評価指標を確認する時間を短縮します。一方、広告を出す側は、基準を満たす広告に対してのみ支払いを行うことができます。

新しい広告システムは、AB InBev社だけのものです。ベルギーを拠点とするこの巨大企業は、3月の世界的な船積みに適用する目的で、ブロックチェーン技術を実験するコンソーシアムに参加しました。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

The World’s Largest Brewer Is Using Ethereum to Track Ad Data