仮想通貨(コイン)の ArtByte(アートバイト/ABY)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のArtByteの価格・時価総額・出来高

通貨名ArtByte(アートバイト)
通貨略号ABY
公開日2014年5月1日
システムScrypt
発行上限枚数10億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,,Yobit
公式サイト

ArtByte(アートバイト)のローソク足リアルタイムチャート

ArtByte(アートバイト)とは?基本情報

アートバイトは、芸術家を支援するために作られた仮想通貨です。

アートバイトの公式サイトにアーティストとして登録すると、さまざまな宣伝の機会を得ることができます。公式サイトでは音楽ダウンロードページが出来上がっており、アートバイトで曲を買うことができます。

アートバイトは仮想通貨を発行していますが、通貨としての仕組みではなく、通貨を広める目的が際立っています。アートバイトはアートバイト財団によって運営されており、アーティストの宣伝や自立化に力を入れています。アートバイトのサイトを利用するアーティストは、無料で作品の掲載や販売をすることが可能です。

さらに、登録したアーティストは、アートバイトの公式ページに作品のポートフォリオと受信用のウォレットアドレスを載せることができます。こうすることによって、アーティストが寄付を簡単に受け取ることが可能になります。

アートバイトは、アーティストやアート愛好家をターゲットとした、ニッチなポジションを狙っている仮想通貨です。

  • 仮想通貨名(通貨単位) : ArtByte(ABY)
  • 最大供給量 : 1,000,000,000ABY
  • 取引開始日: 2014年6月12日
  • 時価総額 : 18,344,543USD(2018年1月29日現在)
  • 公式サイト : https://www.artbyte.me/

ArtByte(アートバイト)の特徴・仕組み

アートバイトの基本的な特徴は、ビットコインやイーサリアムなどの、他の仮想通貨とほとんど変わりません。アートバイトもブロックチェーンを採用しており、パソコンやスマートフォンでウォレットを管理して、仮想通貨の送受信を行います。

アートバイトが他の仮想通貨と大きく異なる点は、コンセプトにあります。アートバイトは、アーティスト支援を目的として作られました。その目的を達成するための工夫が、アートバイトには盛り込まれています。

アートバイトには、以下の大きな特徴があります。

  • アーティストへの資金援助を助ける仕組み
  • アーティストの作品が売れやすくなる仕組み
  • 独自のフォーラムやコミュニティー
  • アーティストが露出しやすい環境作り
  • アートバイト財団による支援

アーティストへの資金援助を助ける仕組み

アートバイトを購入すると、公式サイトからアーティストを検索し、資金を送金することができます。公式サイトにはアーティストの作品やホームページ、受信用のウォレットアドレスが掲載されています。

アートバイトを持っている人は、アーティストの作品を直接見て、援助したい人を決めます。そして、掲載されている受信用のウォレットアドレスへ向けて、直接アートバイトを送付します。アートバイトをアーティストに送っても、作品や現金が返ってくることはありません。これは、単純に支援したいアーティストを資金援助するための仕組みです。

アーティストの作品が売れやすくなる仕組み

アートバイトの公式サイトには、音楽をダウンロードできるページがあります。そこで音楽を購入するためには、アートバイトで支払う必要があります。アートバイトで作品を売るためのハードルは非常に低く、ミュージシャンとして登録すれば、料金を支払うことなく作品をページ内で販売することができます。

また、サイト運営費などはアートバイト財団によって支払われているので、販売手数料や作品掲載費は無料になっています。アートバイトは、ミュージシャンが作品を販売できる機会を増やし、彼らの収入が増えやすくなる仕組みを提供しています。

今後は、ミュージシャン以外のアーティストに対しても、作品を売るプラットフォームが提供される可能性はあります。

独自のフォーラムやコミュニティー

アートバイトは、アーティストの交流が活発になるためのコミュニティーを運営しています。フォーラムには2万人以上が参加しており、アートについての議論や、フェスについての発表が行われています。

また、ソーシャルメディアによるPRも活発で、フェイスブックページには10万件近くのいいね!がつけられています。

アートバイトは仮想通貨としての性能ではなく、コンセプト作りやプロモーションといった、マーケティングの手法で広められています。

アーティストが露出しやすい環境作り

アートバイトを支援しているアートバイト財団は、定期的にフェスやカンファレンスを開催しています。アーティストはフェスやカンファレンスに無料で参加し、作品を販売することができます。

また、アートバイトにアート作品を登録すると、公式フェイスブックページやツイッターアカウントによって、外部の人たちに宣伝してもらうことも可能です。

アートバイト財団による支援

アートバイトでは、アートバイト財団がサイトの運営やSNSでの宣伝に資金を払っています。そのため、アーティストは無料でアートバイトの公式サイトを利用し、作品制作や宣伝に精を出すことができます。

ArtByte(アートバイト)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2015年6月12日
  • 取引開始時価格:0.000266$
  • 直近価格   :0.022919$(2018年1月29日現在)
  • 最高値    :0.049448$(2018年1月11日)
  • 最安値    :0.000053$(2016年2月8日)

アートバイトは2015年6月12日に仮想通貨の市場に登場しました。アートバイトの価格はしばらく下落を続け、2016年2月8日には最低値を記録しました。しかし、その後は価格を上昇し続け、2018年1月には最高値を記録します。その後、再び価格は下落し、現在は最高値の半値程度で取引されています。

ArtByte(アートバイト)の買い方・売り方・購入方法・取引所

ArtByteの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,,Yobit
※ArtByteを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

ArtByte(アートバイト)の将来性

アートバイトは、仮想通貨としては単純な仕組みで、他の通貨との違いはあまりありません。しかし、アーティストを支援するための仮想通貨というコンセプトが明確であり、理念への共感者を多数生み出す可能性があります。

また、ヨーロッパやアジア諸国では、都市の経済政策に芸術を取り入れているところがあります。アートバイトがアート作品への支払い方法として広く認知されるとすれば、大きく普及する可能性があります。

ArtByte(アートバイト)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年1月19日に、アートバイトはアメリカのマイアミ州でカンファレンスを開催しまいた。カンファレンスではアーティストが作品を販売できると同時に、仮想通貨についての学習の機会も設けられていました。また、登録しているアーティストに対しては、定期的に賞を贈っています。

アートバイトの最新ニュース

https://www.artbyte.me/blog/

ArtByte(アートバイト/ABY)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる