仮想通貨(コイン)の Syndicate(シンジケート/SYNX)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のSyndicateの価格・時価総額・出来高

通貨名Syndicate(シンジケート)
通貨略号SYNX
公開日2016年6月14日
システムX11
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Cryptopia,Coin exchange,Novaexchange,Yobit
公式サイト

Syndicate(シンジケート)のローソク足リアルタイムチャート

Syndicate(シンジケート)とは?基本情報

Syndicate(シンジケート)は、非中央集権型の仮想通貨と、ビジネスと投資家たちの資金と予算とその運用とコストを管理する、革命化されたソフトウェアです。

Syndicate(シンジケート)のマスターノード(SYNX Masternodes)を使って、経済的に苦労している国でビジネスオーナーが繁栄するユニークな機会を生み出します。Syndicate(シンジケート)はコミュニティーの通貨で、Syndicate(シンジケート)のプラットフォームを使って行われる新しいプロジェクトは、投票で決められます。

また、長期的にマスターノードコインはビジネスの管理システムに、バーコードを統合し、ビットコインなどを含む、支払いのオプションを提供します。Syndicate(シンジケート)はプロダクト管理のプラットフォームから、ビジネスを消費者をつなぐことを目指しています。

ちなみに、Syndicateとは、日本語で商会という意味です。

Syndicate(シンジケート)の特徴・仕組み

Syndicate(シンジケート)には以下の様な特徴があります。

  • ビジネスを完全に管理できるシステム
  • ビットコインを応じている全ての機関で取引可能
  • スムーズなブロックチェーン

ビジネスを完全に管理できるシステム

Syndicate(シンジケート)は、ビジネスオーナーが在庫、販売、経費を把握するのをアシストする、3つのカテゴリーを完全に統合された管理システムを備えています。

また、選択し作成された全ての記録や販売レポートは、現在、金銭管理に利用してるソフトウェア、またはハードウェアを補うために、複数の形式で資料が移出できます。

さらに、新しいプロダクトのバーコードに加え、現在使用されているバーコードが、スキャンできる様在庫の管理の一部が開発が進んでいます。

仮想通貨としては、他にはなく、現在使われている通貨に対応できる、このシステムがSyndicate(シンジケート)で行うことが出来ます。

ビットコインを応じている全ての機関で取引可能

Syndicate(シンジケート)は、最終的にはビットコインを対応してる全ての場所でSyndicate(シンジケート)のコインが取引できるようになります。すべての適切な要素の組み合わせを持っているので、大量の採用のためのツールを作成することができます。大量に採用することにより、コミュニティーの大きく拡張することができ、多くの人にSyndicate(シンジケート)を使用してもらうことになります。

また、Syndicate(シンジケート)はマスターノードの実装と暗号化されたメッセージングによって強化されたステルスアドレスから、安全な環境で匿名でコインやメッセージを、どのインターネットからでも送ることが出来ます。

2018年2月1から、Syndicate(シンジケート)コインを使って、アマゾン、Googleプレイ、プレイステーションのギフトカードを購入することができ、Netflix、ウーバーやホテルなどの支払いが可能になりました。

スムーズなブロックチェーン

Syndicate(シンジケート)は、ビジネスと消費者の為の、次世紀のプロダクト管理を目指しています。早いブロックタイムになれば、現実と対応することができます。ブロックの難しさは、一つ一つのブロックをハックされないようなネットワークを作ること、大金が取引された時に多くのハッシングパワーを使わないようにすることです。

他のアルトコインでは、ブロックチェーンが停止し、新しいブロックを作るのに1日以上かかることが大きな問題となっていますが、Syndicate(シンジケート)は完全POS(Proof-of-stake、プルーフ・オブ・ステーク)で行われるので、この問題はありません。

Syndicate(シンジケート)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2016年7月
  • 取引開始価格:0.005188 USD
  • 直近価格:0.532723 UDS
  • 最高値:1.26 USD (2018年1月7日)
  • 最安値:0.003044 USD (2016年12月29日)

2017年6月までの一年は大きな変化がありませんでしたが、上り下がりはあるものの、基本的には右上がりを示しています。2018年に入ってから、1Syndicate(シンジケート)が1$までになりました。2月に入り、値段は半額になっていますが、また、すぐに$1を超えると予想できます。

Syndicate(シンジケート)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Syndicateの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Cryptopia,Coin exchange,Novaexchange,Yobit
※Syndicateを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Syndicate(シンジケート)の将来性

仮想通貨のランキングで166位ですが、今年(2018年)に大きな変動が起こること間違いなしです。他の仮想通貨と違い、ビジネスを中心にしている実用的なコインなので、今後の値上がりに期待できます。

Syndicate(シンジケート)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

最新情報やマスターノードのホストの購入は公式ホームページからできます。さらに、最新のニュース、今後の予定をチェックするには公式ツイッターが頻繁に更新されています。

Syndicate(シンジケート/SYNX)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる