仮想通貨(コイン)の Ecobit(エコビット/ECOB)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のEcobitの価格・時価総額・出来高

通貨名Ecobit(エコビット)
通貨略号ECOB
公開日
システムProof of Stake
発行上限枚数88億9000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Yobit,
公式サイト

Ecobit(エコビット)のローソク足リアルタイムチャート

Ecobit(エコビット)とは?基本情報

Ecobit(エコビット)は、健康的で、エコで環境に優しい持続可能性のあるプロジェクトであり、マレーシアのICOとなっています。通貨単位はECOBです。

Ecobitは、1)健康的なライフスタイルの促進と教育、2)環境に配慮した持続可能なプロジェクト構築、の二つを主にグローバルビジョンとして掲げています。

1)健康的なライフスタイルの促進と教育

有害な防腐剤や殺虫剤、抗生物質などの安全ではない食べ物が、心臓病や脳卒中、肝臓病、ガンなどの病気を起こすことが背景として挙げられます。Ecobitは、無農薬、除草剤フリー、ホルモンフリー、抗生物質フリーの安全な食べ物の重要性を促進するよう努めています。自然に作られた食べ物を食べることによって、人体は長く生きることができ、肉体的、精神的、感情的によりポジティブになると訴えています。

2)環境に配慮した持続可能なプロジェクトの構築

主にアクアポニックスとスピルリナの農業が環境に貢献することができます。アクアポニックスとは、農薬や除草剤を使わない水産養殖と水耕栽培のことで、地球環境を保つことができます。スピルリナとは、人間が必要とする様々な栄養素を含んだ藻類のことで、病気のリスクを減らし、農業をすることで地球環境に持続可能な貢献をすることができます。

  • 開始時期:2017年4月
  • 最大発行枚数:8,888,888,888
  • アルゴリズム:PoS

Ecobit(エコビット)の特徴・仕組み

持続可能なプロジェクトをミッションに掲げるEcobitの特徴をまとめていきます。

  • 生産と供給のトレーサビリティ
  • Proof of Stake (PoS)

生産と供給のトレーサビリティ

生産と供給のトレーサビリティとは、製品が生産されてから最終消費者に届くまでの流通経路が追跡可能ということで、食の安全性などに大きく関係します。これは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、生産活動のすべてのEcoBitチェーンにトレーサビリティ分野を導入することです。

これは昔からある課題であり、EcoBitはNEM(ネム)ブロックチェーン技術を使用して、EcoBit生産の完全性を保証するためにNEM(ネム)のデジタル元帳で証明書、移動記録、記録を追跡しします。

EcoBitは環境に優しいビジネスを持ち、現在利用可能なブロックチェーン技術を使用して、トレーサビリティのための世界初の実装が実用的で信頼できるものであることを証明します。EcoBitは、これらのプロジェクトが一般化すると、アプリケーションを展開し、消費者は生産拠点からの流通経路を確かめることができます。

Proof of Stake (PoS)

Ecobitの所有者は、Ecobitを保有している期間が6ヶ月以上である場合に所有者にボーナスを付与する「プルーフオブステーク(PoS)」を採用しているため、節約すればするほどボーナスを得ることができるようになっています。

つまり通貨を保有しているだけで価値があがっていくので、プロジェクトの成長につながります。他の通貨もPoSを採用していますが、EcoBitがそのような提案をすることができる理由は、EcoBitが収入を生み出す本当のビジネスを持っているということです。

Ecobit(エコビット)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年7月
  • 取引開始価格:0.036712USD
  • 直近価格:0.024502USD
  • 最高値:0.142369USD
  • 最安値:0.009252

Ecobitは2017年7月に0.036$から取引が開始され、12月まではゆるやかに価格が下がり続けていましたが、2018年1月になると価格は高騰し最高値となる0.14$を記録しました。およそ取引開始価格から4倍の価格変動となります。しかしその後はすぐに下落してしまい、現在では再び0.03$前後で推移しています。

Ecobit(エコビット)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Ecobitの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Yobit,
※Ecobitを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Ecobit(エコビット)の将来性

豊かな社会になっていく一方で、地球環境や健康被害の問題が顕在化し、持続可能性や企業のCSRなどが注目されている現代で、Ecobitのプロジェクトは非常に社会に合っているといえます。人々が社会や環境の問題に取り組むことで、Ecobitにも関心を持ち、さらなる発展や通貨価値の向上が期待されるため、将来性が見込まれます。

Ecobit(エコビット)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ICO開催中に、開発者が過去に詐欺のようなことに加担していたことなどが噂され、スキャムが疑われ返金騒動なども起きましたが、現在ではその疑いは晴れ、プロジェクトは無事に進行していると思われます。

また、2017年12月まではFaceBookやTwitterなどのSNSが更新されていましたが、記事作成現在(2018年2月)ではそれらはとまっています。環境保全のようにコミュニティが重要なICOは、開発チームからの発信が重要であるため、これからの将来性に関わってくると考えられます。

Ecobit(エコビット/ECOB)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる