仮想通貨(コイン)の Propy(プロピー/PRO)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のPropyの価格・時価総額・出来高

通貨名Propy(プロピー)
通貨略号PRO
公開日2017年7月18日
システム-
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Liqui,Ether delta,Hitbtc,Livecoin
公式サイト

Propy(プロピー)のローソク足リアルタイムチャート

Propy(プロピー)とは?基本情報

Propy(プロピー)は、世界中の不動産情報を分散して管理する登記簿です。国境を越えた物件売買を行う際、これまでは数々の面倒事を解決する必要がありました。Propyは世界中の不動産情報を網羅し、オンライン上からのシームレスな購入を実現します。

Propyでは、ブロックチェーンを利用して物件情報を管理しています。ブロックチェーンは現在、デジタル資産の転送において最も安全と考えられており、この性質を利用してスマートに不動産売買を行うのがPropyなのです。

Propy(プロピー)の特徴・仕組み

Propy(プロピー)は、以下のような特徴を備えています。

  • 国境を越えた不動産売買を実現
  • トークンで支払い
  • 既存の問題をスマートに解決
  • 不動産情報を分散管理

国境を越えた不動産売買を実現

Propyは、オンライン上に世界中の不動産情報を登録します。この情報を参照することで、Propyから理想の物件を探すことができます。不動産投資家にとって、海外の物件を購入するのは大変な作業になっています。Propyを使うことで、物件探しから契約手続き、支払いといったプロセス全体が簡単になるのです。

トークンで支払い

Propyでは、PRO(プロ)と呼ばれるトークンを使って支払いを行っています。ERC-20標準に従う形で実装されており、ユーザーの財布とシームレスに統合されます。

PROトークンを使った支払いは、できる限りシンプルで、ユーザーフレンドリーになるように設計されています。PROトークンを使うことで、ユーザーは他の通貨に影響を受けることなく、最小限の遅延で登記簿への登録が行えます。

既存の問題をスマートに解決

Propyは、現在の不動産売買が抱える問題をスマートに解決することを目指しています。現在のシステムでは、1つの物件を購入するだけでも、ブローカーや土地管理サービス、送金サービスなど、複数の窓口を経由する必要があります。その結果、山のような契約書類と向き合うことを迫られます。

また、法律の誤認識による詐欺の恐れもあります。そうした問題をクリアできたとしても、実際に手続きが完了するまでに数か月は待たされるのが実情です。

こうした問題を解決するために、Propyは産み出されました。オンライン上に登記簿を構築し、支払いも行えるようにしたことで、手続きが非常にシンプルになりました。プロセスが簡単になったことで、これまで発生していた遅延を取り除くことにも成功しています。

不動産情報を分散管理

Propyでは、ブロックチェーンを利用して、登記簿をオンライン上に分散管理しています。仮想通貨イーサリアムが発展させた技術で、スマートコントラクトが可能になっています。不動産売買で動く金額は大きなものになりますが、1つのコンピューターに依存しない処理プロセスと、強固な暗号化のおかげで、安心して決済が行えます。

Propy(プロピー)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日 :2017年9月19日
  • 取引開示価格:0.823919$
  • 直近価格  :4.55$
  • 最高値   :5.72$(2018年1月5日)
  • 最安値   :0.238769$(2017年10月22日)

2017年9月19日に取引を開始してからの数か月間は、大きな上昇も下降もなく、横ばいの価格で推移していました。しかし2017年12月下旬より価格が上昇し始め、2018年に入ってからは価格が一気に高騰しました。価格は1月5日にピークを迎え、それからは少し下げたものの、高い水準で推移しています。

Propy(プロピー)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Propyの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Liqui,Ether delta,Hitbtc,Livecoin
※Propyを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Propy(プロピー)の将来性

Propyは大きな可能性を秘めています。海外の物件売買につきものだった長い所要時間、大量の書類、多すぎる手続き窓口といった複数の問題を、一挙に解決してしまうのです。これにより、不動産売買のビジネスモデルに変革を起こす可能性もあります。

特に投資家にとって、時間は非常に重要な問題です。数か月単位でかかっていた時間を劇的に短縮できるPropyを、彼らはきっと歓迎してくれるでしょう。そうすれば、Propyが不動産売買における一大プラットフォームになるかもしれません。

Propy(プロピー)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年8月にトークンの販売を行い、合計1537万のPROトークンが購入されました。10月にはベータテストが開始され、正式版のリリースに向けて作業が進められています。決済ツールの開発も進行しており、2020年7月にはP2P(ピアツーピア)決済の実現を目指すなど、意欲的な姿勢が見られます。

しかし、これだけで終わるつもりはないようです。開発チームは、不動産売買におけるブロックチェーンの利用にはまだまだ可能性が秘められていると語っています。これまでの常識では考えもしなかった変革が、Propyから起こっても不思議ではないでしょう。

Propy(プロピー/PRO)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる