仮想通貨(コイン)の Pesetacoin(ペセタコイン/PTC)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のPesetacoinの価格・時価総額・出来高

通貨名Pesetacoin
通貨略号PTC
公開日2014年1月6日
システムScrypt
発行上限枚数1億6600万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

Bittrex,
公式サイト

Pesetacoin()のローソク足リアルタイムチャート

Pesetacoinとは?基本情報

ぺセタコインとは、ビットコインライトコインを基に作られ、スペインでの使用に重点が置かれた仮想通貨です。ペセタコインは他の地域でも使うことができますが、スペインの状況を援助することに焦点が当てられています。

スペインでは経済が停滞しており、失業率が高い状態が続いています。また、金融機関や政治の腐敗が続いており、さまざまな手続きが停滞しています。

ペセタコインを使うことによって、スペインの人たちは金融機関を介することなく、お金の取引が可能になります。また、金融機関を介さないことによって、手数料を差し引かれることも防ぐことができます。

ペセタコインは、スペインに住んでいる人たちの状況を改善するために作られました。ただ、スペイン以外の地域であっても、ペセタコインを使うことはできます。また、ペセタコインのペセタは、ユーロ導入前までに使われていたスペイン通貨の名前です。

  • 仮想通貨名(単位) : Pesetacoin(PTC)
  • 公開日 : 2014年1月6日
  • 埋蔵量 : 160,386,000 PTC
  • 流通量 : 132,910,434 PTC(2018年2月28日現在)
  • システム : Script
  • ブロックタイム : 約60秒
  • 公式サイト : http://pesetacoin.info/

Pesetacoinの特徴・仕組み

ペセタコインはスペインでの使用に特化していますが、他の仮想通貨と同じように世界各地で使うことができます。また、一般の人々を意識して作られており、いくつかの特徴を持っています。

ペセタコインの特徴は以下になります。

  • 利用者はヨーロッパに集中している
  • 一般層のマイナーを優遇している

利用者はヨーロッパに集中している

ペセタコインは、スペインで使われることに焦点が当てられています。しかし、ヨーロッパの経済状態は良くないため、多くの人がペセタコインのような新たな価値を求めています。

ヨーロッパでは金融機関で支払う手数料が高く、多くの人が銀行などを避けるようになっています。実際、ペセタコインのウォレットを保有している人は、ドイツ、イタリア、オランダなどのヨーロッパに集中しています。

また、ルーマニア、ベラルーシ、ポーランドといった東ヨーロッパ諸国でも、ペセタコインのウォレットは保有されています。ぺスタコインはヨーロッパを中心に、確実に普及を広めています。

一般層のマイナーを優遇している

仮想通貨が送受信されるためには、マイナーと呼ばれる取引履歴の計算にCPUなどを貸し出す人が必要です。マイナーには個人も多いですが、多くの電力を使える大企業がシェアの多くを占めているのが現状です。

ただ、ペセタコインでは、マイニングの難易度を高度に設定しています。そのため、取引履歴の計算には時間がかかり、大企業が瞬時にマイニングしてしまい、大量のトークンをさらっていくことを防いでいます。

また、現在のマイニングには、ASICと呼ばれている特殊な集積回路が使われることが多いです。ASICの価格は安くなく、稼働させるための電気代も膨大になります。ただ、資金が豊富な大企業であれば大量のASICを稼働させ、一瞬でマイニングをすることができます。

しかし、ペセタコインはASICに耐性を持たせているため、巨大資本による強力なマイニングを難しくしています。そのため、一般層でもマイニングがしやすくなり、多くのペセタコインを得られるようにされています。

Pesetacoinの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 公開日 : 2014年1月6日(CoinMarketCapで確認できるのは2014年2月23日から)
  • 開始価格 : 0.005952$(2014年2月23日)
  • 最高価格 : 0.567501$(2014年3月7日)
  • 最低価格 : 0.000079$(2016年1月23日)
  • 現在価格 : 0.05262$(2018年2月28日)

CoinMarketCapで確認できるのは2014年2月23日からですが、実際にはペセタコインは2014年1月6日に公開されていました。CoinMarketCapでは、ペセタコインの開始価格は1PTCあたり0.005952$です。

公開されてから2週間足らずで、ペセタコインの価格は最高を記録します。2014年3月7日には、ペセタコインは開始価格の90倍以上である、1PTCあたり0.567501$を記録します。しかし、最高を記録したのは一瞬であり、ペセタコインの価格はすぐに下落してしまいます。

ペセタコインの価格は低い状態で推移し、2016年1月23日には最低の0.000079$を記録します。ただ、2017年ごろから再び価格は上がり始め、2018年1月には0.16$を超えることもありました。現在は、開始価格の8倍から9倍の1PTCあたり0.05$前後で取引されています。

Pesetacoinの買い方・売り方・購入方法・取引所

Pesetacoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

Bittrex,
※Pesetacoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Pesetacoinの将来性

ペセタコインの価格は低い状態が続いていましたが、最近は開始時より高いことが常態化しています。また、ヨーロッパの経済状態からも、ペセタコインが広がる余地は大いにあります。

ペセタコインの保有者はヨーロッパに集中していますが、現在ではアメリカや中国、日本でもペセタコインウォレットを持っている人がいます。ペセタコインの注目度は増しており、今後値上がりする可能性はあります。

Pesetacoinの最近のニュース・最新情報・今後の予定

ペセタコインの開発チームは、定期的にウォレットやホームページを改良する予定にしています。また、ペセタコインの売買ができる取引所も、随時増やされる予定です。さらに、開発チームは、小売業界でペセタコインが使えるようにすることも狙っています。

ロードマップによると、2020年末までには9つの取引所でペセタコインが売買され、2つのウォレットが開発される計画です。また、2020年末までには、300,000点もの小売店でペセタコインが使えるようになる計画です。

Pesetacoin(ペセタコイン/PTC)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる