ビットコインの価格は、7,700ドルを維持しようとするが、予想を下回る動きを見込んでいる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコイン価格は、5月3日以来1ヶ月の下降トレンドラインを超えて突き抜けるのに苦労し、7,700ドルを超える勢いを確保できなかった。

ビットコイン価格の上昇が落ち着き、主要な暗号通貨が急速に7,700ドルへ戻すことがかなわず、6,000ドル圏内への流出が予想される。

条件付きラリー

7,040ドルから7,700ドルへの是正措置は、特に6月中にビットコインの価格が$ 10,000の地域に戻ってくると予測していた短期的な強気の間で、大きな楽観的憶測を呼び起こした。

6月の10,000ドル圏への目標はまだ残っているが、7,040ドルの是正措置が7,700ドルで停止し、BTCが7,600ドルに減少したことを考えると、今後の修正が行われる可能性が高い。

7,040ドルからの修正集計でサポートされた8,000ドル圏への短期的な突き抜けは、BTCの量が急増し、7,700ドル圏で週次ピーク時に勢いを維持する必要があったという条件付きだ。

しかし取引量が少ないため、BTCは短期的なサポートレベルを8,000ドルでテストすることに失敗し、7,600ドルに下がった。 7,500ドルに下落すると、BTCは潜在的に6,000ドルの上限までさらにわずかな修正を受ける可能性がある。

BTCの相対力指数(RSI)は43.3であるが、BTCの過度に売られた状態を示すものではない。 BTCがさらに下落しても、RSIは大きなマージンで落ち込むことはないため、BTCが7,500ドルに落ちる可能性が低ければ、短期的に7,700ドルにまで戻る。

6月4日の日中のろうそくは、5月6日から1ヶ月の下降トレンドラインを上回り、7,040ドルで効果的に底を打ち、BTCにとって大きな短期の休息期となるはずだった。

しかし、BTCの最近の下落はBTCを7,000ドルの最下限に、あるいは最悪のシナリオでは6,000ドル圏に戻す可能性が高い。

短期は重要ではない

BTCのマイナスの価格動向にもかかわらず、ほとんどの数十億ドル規模のヘッジファンドは、BTCと他の暗号通貨市場全体に対して非常に楽観的だ。

BTCの予想される価格下落は最大5〜10%の下落で、最悪の場合は15%にまで下がる可能性がある。しかし、暗号通貨とデジタル資産で10億ドル以上を扱うパンテラ・キャピタル(Pantera Capital)社のCEO、ダン・モアヘッド(Dan Morehead)氏が言及したように、ヘッジファンドは市場の5〜10年先の動向を見ている。

中長期的には、モアヘッド氏はビットコインが依然として驚異的な買い圧力がありとして、こう続けた。

デジタルトークンが増え続けるにつれて、4,000億ドルの暗号通貨市場が4兆ドルに膨れ上がり、さらに40兆ドル規模も可能になる。それはここ10年以内の見込みだ。

BTCが6,000ドルから7,000ドル圏から徐々に回復し、今後数ヶ月間に強力かつ大量のサポートレベルを確立すれば、大規模な投資家のBTC目標は2万ドルから5万ドルのままである。

多くの場合、トークンはBTCの価格が徐々に上昇し、暗号通貨市場の量が増加すると、量と価格が急上昇する。 BTCが7,500ドル圏内に到達すると、トークンの価値が実質的に大幅に低下する可能性がある。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Price Struggles to Secure Momentum at $7,700, Downside Break Expected