中国の国営放送:ブロックチェーンはインターネットの10倍の価値がある

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

国営放送局の中国中央テレビ(CCTV)は、ブロックチェーンの経済的価値は「インターネットの10倍以上だ」と語りました。

CCTVの主催者であるチェン・ウェイホン(Chen Weihong)氏は、日曜日の夜、ファイナンシャルチャンネルで放送された「Dialogue」というセグメントで、1時間の議論を通して、ブロックチェーンテクノロジーの概念、潜在的可能性、リスクに関する議論を行う、ブロックチェーンに関する幅広い視聴者の教育に資する番組を初めて作り、放送しました。

このディスカッションでは、「ブロックチェーン・レボリューション(Blockchain Revolution)」の著者として有名なドン・タップスコット(Don Tapscott)氏を含む、民間部門と公共部門の両方からブロックチェーン業界の著名人が呼ばれていました。

他の講演者には、スタンフォード大学の物理学教授であり、ブロックチェーンテクノロジーに投資するベンチャーキャピタル会社ダンフア・キャピタル(Danhua Capital)の創設者である訓令(Xunlei)のCEO、チェン・レイ(Chen Lei)氏とザング・ショウチェン(Zhang Shoucheng)氏が含まれていました。

特に、タップスコット氏とチェン氏が、ブロックチェーンと分散台帳テクノロジーの基本概念を説明することで議論を開始した後、ブロックチェーンがインターネットの第2段階であり、インターネットの10倍の価値があることを示唆し続けました。

そのテーマで、チェン氏はコメントしました:

「インターネットの本当の価値は、個々の情報を1つの場所に集約していることで、これはGoogleやFacebookが行なっていることだが、今、私たちは個人が自身の個人情報を所有できるような情報が分散されている時代に入りつつある。

それをよりエキサイティングなものにすることこそがブロックチェーンの本当の価値だ。」

この番組では、このプログラムは、一部では初期のテクノロジーには批判的であり、初期のコイン・オファリング(ICO)の話題はそのディスカッションの議題から逃れることはできませんでした。

このプログラムは、潜在的に不正なICOによって使用される通常のマーケティングのスローガンの一部をまとめ、各スピーカーに広範囲のオーディエンスベースに対して説明するように指示することによって、再度そのプログラムが継続的な努力の過程にあることというシグナルを示し、中国の仮想通貨プロジェクトを精査と厳しい目線に晒せようとしました。

ちょうど一週間前に、CCTVは2017年に国内でのICOが禁止されたにもかかわらず、国内でのトークンセール活動が依然として「横行している」と大きく批判していました。

China State TV: Blockchain Is ’10 Times More Valuable Than the Internet’