仮想通貨(コイン)の Mooncoin(ムーンコイン/MOON)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMooncoinの価格・時価総額・出来高

通貨名Mooncoin(ムーンコイン)
通貨略号MOON
公開日2013年12月30日
システムScrypt
発行上限枚数3840億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

coinexchange.io(コインエクスチェンジ)

Coin exchange,Bleutrade,Novaexchange
公式サイト

Mooncoin(ムーンコイン)のローソク足リアルタイムチャート

Mooncoin(ムーンコイン)とは?基本情報

Mooncoinは、2014年1月に取引が始まった仮想通貨で、略号はMOONになります。第2世代暗号通貨と呼ばれるイーサリアムが2014年1月に公開されたことを考えると、Mooncoinも相応の歴史を持っていることがわかります。

このムーンコインは、少額決済を高速で、透明性高く、簡単に実現することを目標とした仮想通貨です。

Mooncoinは、自分の好きなことをマネタイズできるプラットフォームを運営しています。

SmartLikesと呼ばれる機能は、インセンティブを与えられた、ソーシャルメディアの”Like”システムであり、あらゆるものに対する自分の感情をウェブ上で表現することで、Mooncoinを得ることができます。

Mooncoin(ムーンコイン)の特徴・仕組み

Mooncoinは、自身の興味とマネタイズをつなぐプラットフォームの構築を目指しています。
Mooncoinの特徴・仕組みは大きく3つあります。

  • 手数料が低いため少額決済に向いている
  • MoonWordという独自プログラミング言語
  • Smartlikesというソーシャルメディアプラットフォームの運営

Mooncoinは手数料が非常に低いため、気軽な少額決済に向いている仮想通貨です。また、セキュアで、ブロックチェーンの進化や革命的なアイディアを反映できるようフレキシブルな設計になっているとのことです。自ら「ビットコインよりも早い」を謳い、スピーディな送金を実現しており、「早く」「低い手数料」という少額決済において重要なポイントにアプローチしています。

また、「MoonWord」という独自のプログラミング言語を導入していたり、

世界中の好きなもの(場所でも、モノでも、mooncoinでも)に関する記事を書き、likeをすることで収益を得ることができる「Smartlikes」というソーシャルメディアプラットフォーム用のプラグインを展開していたりと、少額決済用仮想通貨以外の面でも幅広く展開をしているようです。

Mooncoin(ムーンコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 2014年1月 取引開始
    • 0.000010 USドルにて取引が開始されました。
  • 2014年1月 価格高騰
    • 取引開始後数週間で価格が高騰し、一時0.000188 USドル前後まで高騰し、18倍まで値を上げました。その後価格は下降し、取引開始ねを下回る価格が続きました。
  • 2017年6月 価格高騰
    • 3年ぶりに価格が高騰し、一時0.000262 USドル前後まで高騰します。
  • 2017年12月 価格高騰
    • 前回の高騰時ほどは伸びていないものの、0.000124 USドルとなりました。
  • 2018年1月 さらなる価格高騰
    • あるコイン全体の相場上昇に合わせ、Mooncoinも価格を大きく上げました。
    • 1月7日には0.000775$と12月の高騰価格からさらに約7倍にまで価格が上昇しております

Mooncoinの価格のボラティリティは、最近高まり始めています。

最高価格を幾度も超えている一方で、相場全体の下落時には大きく価格を下げており、取引の際には注意が必要だと思います。

Mooncoin(ムーンコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Mooncoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 coinexchange.io(コインエクスチェンジ)Coin exchange,Bleutrade,Novaexchange
※Mooncoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Mooncoin(ムーンコイン)の将来性

2009年のBitcoinの誕生後、Bitcoinとブロックチェーンは徐々にその知名度を獲得し、2017年には世界中で大きな注目を集めました。

今ではブロックチェーン技術を活用したプロジェクトがどんどん立ち上がり、現在では何千とも言われるプロジェクトと仮想通貨が存在すると言われています。

そういった中で、Mooncoinは少額決済とSNS型機能を連動させたプラットフォームを構築し、そこで仮想通貨を利用しようと考えています。

非常に興味深いプロジェクトですが、SNS型機能にしろ、通貨としての利用にしろ、多くの人に利用されることが絶対条件になります。

プラットフォームの性質が違う仮想通貨プロジェクトでも、この利用者の拡大という点は共通の課題であり、この点をどういったマーケティング戦略を実行していくことで、多くの利用者を生み出していくか、Mooncoinの今後のこういった活動に注目すると面白いと思います。

Mooncoin(ムーンコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Mooncoinのロードマップです。

完了したフェーズ

  • 新しいロゴのリリース、Lyra2Mの実装、ソーシャルメディアのローンチ(2017 Q2)
  • SmartLikesと、デスクトップウォレットとサポートアプリのスタート(2017 Q3)
  • Moonwordの再開(2017 Q4)

2018年以降の予定

  • 「MOON-EDU」のローンチを予定(2018年 Q1)

Mooncoin(ムーンコイン/MOON)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる