仮想通貨(コイン)の BlockCAT(ブロックキャット/CAT)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBlockCATの価格・時価総額・出来高

通貨名BlockCAT(ブロックキャット)
通貨略号CAT
公開日2017年7月15日
システム-
発行上限枚数920万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Hitbtc,Ether delta
公式サイト

BlockCAT(ブロックキャット)のローソク足リアルタイムチャート

BlockCAT(ブロックキャット)とは?基本情報

BlockCATは、2017年8月に取引が始まった比較的新しい仮想通貨であり、略号はCATになります。

BlockCATは、誰でも、数回クリックするだけで、イーサリアムのブロックチェーン上にスマートコントラクトを作り、管理し、配置できるようにするプラットフォームです。

プログラミングスキルは一切必要ありません。

開発チームが事前に作成したモデルからコントラクトを選択することもできますし、一方でマウスでドラッグ&ドロップを行い、オリジナルのコントラクトを作ることもできます。

BlockCAT(ブロックキャット)の特徴・仕組み

BlockCATは、誰でも簡単にスマートコントラクトを利用できるようにするプロジェクトです。
その特徴・仕組みは以下になります。

  • トークンセール
  • ERC20トークンの構築
  • エアドロップ
  • ジョイントペイメント
  • 自動化ウォレット
  • 引き出し制限

トークンセール

BlockCATでは、ビジュアルインターフェイスを利用して、自身のトークンセールを実施することができます。

事前にテストされ、安全性を確認したスマートコントラクトを利用することで、バグを利用するハッカーを心配する必要はありません。

ERC20トークンの構築

BlockCATでは、誰でも容易にERC20トークン(イーサリアムブロックチェーンから作られた新たなコイン。または新たなコインを作る時のプロトコルのこと)を作ることができます。

ローカルイベントのために使うこともできるし、自身のDapp(Decentralized Application。分散型アプリケーションのこと)の中心的な機能としても利用することができます。

エアドロップ

BlockCATでは、特定のイーサリアムウォレットのアドレスに定期的にエアドロップを実施しています。また、利用者が自身のトークンを請求するためのリンクも提供しています。

ジョイントペイメント

BlockCATでは、複数のユーザーから資金調達できる安全なシステムを作っています。資金調達が完了して、初めてその資金が資金調達者のもとに送られます。

自動化ウォレット

自身で事前に定義した分割払い方法を設定することで、利用者のウォレット間で自動で送金などを行われます。

引き出し制限

BlockCATでは、指定された日付、または決められた条件が満たされるまで、イーサリアムやトークンがロックアップされ、引き出せないようになっています。

BlockCAT(ブロックキャット)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年8月13日
  • 取引開始時価格:1.06
  • 直近価格   :3.51$
  • 最高値    :6.72$(2018年1月13日)  取引開始時価格の6倍以上!!
  • 最安値    :0.49$(2017年11月2日)

BlockCATは、2017年8月に取引が開始されました。

取引開始当初、価格が急騰し約4倍まで上がりました。しかし、その後急落し、11月には最低価格を更新するにまで至りました。

12月中旬くらいから再度価格が上がり始め、1月には取引開始時価格の6倍以上となる最高値を記録ています。

現在は、また50%程度まで急落しており、非常にボラティリティ高く推移しておりますので、取引には注意が必要です。

BlockCAT(ブロックキャット)の買い方・売り方・購入方法・取引所

BlockCATの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Hitbtc,Ether delta
※BlockCATを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

BlockCAT(ブロックキャット)の将来性

2009年にBitcoinが創造されて以来、年々その存在感は高まり、2017年は大きく注目された年になりました。各国規制当局も目を光らせ、一部では規制し、一部では容認、または利用しようという動きがとられ、今後も大きな影響を与えていくことが予想されます。

一方で、ブロックチェーン技術に着目した若きロシア人開発者ヴィタリックによって、2014年に生まれたのがイーサリアムです。イーサリアムはブロックチェーンのセキュリティの高さや機能を利用し、ブロックチェーン上に契約条項を書き込んでしまうというものです。

ブロックチェーンを利用した契約をスマートコントラクトと呼称しますが、ホリエモンで有名な堀江貴文氏も注目しているブロックチェーンテクノロジーです。

一方で、開発者のヴィタリクは、価格ばかりが先行し、世界にまだ十分な機能を提供できていないことなど、ツイッターでツイートしており、利用が広がっていないことを問題視しています。

そういった中で、BlockCATはイーサリアムとスマートコントラクトのユーザビリティを高め、こういった流れを後押しする存在にもなりえ、今後非常に楽しみなプロジェクトだと思います。

BlockCAT(ブロックキャット)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年1月12日、コミュニティ機能をアップデートしました。
今後のロードマップは、以下のように公表されています。

  • 2018年第2Q: ヴィジュアルコントラクトのテンプレートのローンチ
  • 2019年第1Q: サードパーティー向けマーケットプレイスのローンチ
  • 2019年第4Q: ヴィジュアルコントラクトのデザイン改定

BlockCAT(ブロックキャット/CAT)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる