仮想通貨(コイン)の KickCoin(キックコイン/KICK)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のKickCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名KickCoin(キックコイン)
通貨略号KICK
公開日2017年9月25日
システム-
発行上限枚数4億5800万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

Exmo,Mercatox,Gate,Ether delta,Hitbtc,
公式サイト

KickCoin(キックコイン)のローソク足リアルタイムチャート

KickCoin(キックコイン)とは?基本情報


KickCoinは2017年10月から取引が始まった、比較的歴史の浅い仮想通貨で、略号はKICKです。

KickCoinは、KICKONOMYと呼ばれるプラットフォームで利用されます。このKICKONOMYは、クラウドファンデイングやICOなどを実施するプラットフォームです。

2000年台後半、クラウドファンディングサービスの開始に伴い、この分野の市場は非常に大きな伸びを実現してきましたが、一方で以下のような問題や制約も依然残ったままとなっています。

  1. クラウドファンディングサービス提供会社が拠点を置いていない国では、クラウドファンディングサービスを提供できない
  2. クラウドファンディングサービスの決済手数料が高額(15%〜20%)
  3. 失敗したプロジェクトが大量に存在する
  4. マーケティング力のある大企業の案件が優先されやすく、本当にクリエイティブな案件に資金が集まらない

こういった問題をブロックチェーンを用いて、解決しようとするのがKICKONOMYになります。

KickCoin(キックコイン)の特徴・仕組み

KICKONOMYは、現状の十分なサービスを提供できていないクラウドファンディングサービスに対し、ブロックチェーンテクノロジーを用いることで、より洗練させたクラウドファンディングサービスを提供しようとするプラットフォームです。
その特徴・仕組みは以下になります。

  • 柔軟性
  • コスト軽減
  • クラウドファンディング・キャンペーン
  • クラウドインベスティング・キャンペーン

柔軟性

KICKONOMYのプラットフォームでは、3種類の資金調達が可能です。それは、ICO、クラウドファンディング、クラウドインベスティングです。

この中のどれを使うかは、利用者が選択することができます。これら3つの資金調達手段を提供し、かつ利用者が自由に選べるのは、KICKONOMYのプラットフォームだけです。

また、ICOを実施しているプロジェクトのトークンを、支援者が購入した場合、支援者はそのトークンとは別にKickCoinを必ず受け取ります。プロジェクト失敗の際のヘッジ手段として、この機能が提供されています。

コスト軽減

一般的なクラウドファンディングなどのサービスでは、キャンペーン提出時に5〜10%、決済システムを利用するために5%の手数料が課され、またそれとは別に税金を払う必要があります。

一方で、KICKONOMYでは調達額のほぼ全額が、仮想通貨という形でキャンペーン実施者に渡されます。具体的には、ICO、クラウドファンディングは、プラットフォーム使用手数料4%しか課されません。さらにこの手数料は、資金調達が成功した時点で課せられるようになっています。

クラウドファンディング・キャンペーン

KICKONOMYで、クラウドファンデイングサービスを行う場合、キャンペーンの実施者は、独自トークンを発行する必要はなく、KickCoinを代わりに利用することができます。

これにより、支援者の利益の保護を図ることができるとともに、多くのキャンペーンに資金が集まるようにしています。

クラウドインベスティング・キャンペーン

クラウドインベスティング・キャンペーンは、株式投資型クラウドファンディング・キャンペーンともいわれるものです。現在、新規事業を開始する時に既存の枠組みの中で、世界中から資金や支援を求める方法はありません。

しかし、ブロックチェーン技術を利用することで、国や地域などに縛られることなく、世界中から支援を募ることができるようになりました。

KICKONOMYでも、ブロックチェーン技術を利用して、世界規模での資金調達を支援しています。

KickCoin(キックコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年10月4日
  • 取引開始時価格:0.27$
  • 直近価格   :0.08$
  • 最高値    :0.32$(2017年10月4日)
  • 最安値    :0.01$(2017年11月30日) 取引開始時価格から約97%下落!!

KickCoinは、2017年10月に取引が始まりました。

取引開始直後、いきなり価格が高騰し、現時点までの最高値となる金額を記録しました。しかし、その後価格は急落し、一時は取引開始時価格から97%も下落した最安値を記録しました。

2018年12月頃から価格が再度上昇し始めましたが、ほかの仮想通貨のように最高値を更新してはおりません。現在、ボラティリティが高く、取引の際には注意が必要でしょう。

KickCoin(キックコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

KickCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Yobit

Exmo,Mercatox,Gate,Ether delta,Hitbtc,
※KickCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

KickCoin(キックコイン)の将来性

フィンテックの文脈の中で、銀行などから融資を受ける間接金融や、取引所を介して市場から直接資金調達を行う直接金融以外に、善意に基づき、金銭的メリットの享受を必ずしも必要としないクラウドファンディングが注目されてきました。

その流れの中で、ブロックチェーン技術を利用したICOも急増しており、何かのプロジェクトを行うための資金調達手段は非常に多様化してきています。

そういった中で、KICKONOMYでは、クラウドファンディングとICOを融合させており、今後の展開が非常に興味深いプロジェクトだと思います。

KickCoin(キックコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年は以下の機能を提供していく予定です。

  • 報酬システムのローンチ
  • マーケットプレイスの開設
  • ローカライズ化
  • クラウドファンディングアカデミーの創設
  • AndroidとiOS用のモバイルアプリ開発
  • イーサリアムエコシステムの他のプラットフォームとの連携
  • クラウドファンディング・ブロックチェーン基金のローンチ

KickCoin(キックコイン/KICK)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる