仮想通貨(コイン)の Decision Token(ディシジョントークン/HST)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のDecision Tokenの価格・時価総額・出来高

通貨名Decision Token
通貨略号HST
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Decision Token()のローソク足リアルタイムチャート

Decision Token(ディシジョン・トークン)とは?基本情報

Decision Tokenは、2017年11月に取引が始まった、比較的歴史の浅い仮想通貨であり、略号はHSTとなります。

Decision Tokenは、Horizon Stateと呼ばれるプラットフォームで利用される仮想通貨です。

このHorizon Stateは、効率的な投票や意思決定プロセスを効率化させることができる、ブロックチェーンをベースとしたプラットフォームです。

Decision Tokenは、意思決定や投票システムを利用するために、エコシステム内での投票や他のサービスに、いわば燃料を供給するような形で使用されます。

プラットフォームであるHorizon Stateは、現在、政府や、大企業、上流階級のカスタマー、地方政府、団体、教育機関、NPOなどでの選挙や投票のために、Decision Tokenとともに利用されています。

このエコシステムで利用される新しいプロダクトやサービスは、Decision Tokenの利用が必要であり、これにより、その需要や価格が上がっていく仕組みとなっています。

Decision Token(ディシジョン・トークン)の特徴・仕組み

Horizon Stateは、トークンベースのブロックチェーン投票システム、意思決定プラットフォームを構築しており、清廉かつ偽造不可能なブロックチェーンテクノロジーを通して、今までにない信頼を提供します。

また、Horizon Stateは、安全なデジタル投票箱を提供しており、この投票箱はハッキングや投票結果の改変、投票者の識別などができないようになっています。

このテクノロジーは、実際にすでに利用されており、その利用用途をさらに広げていく予定です。

このプラットフォームの特徴は以下になります。

  • 安全性
  • 簡便な投票システム
  • 安価なシステム

安全性

Horizon Stateでは、ブロックチェーンテクノロジーを利用しているため、安全性が確保されています。

ブロックチェーン自体に保存されているデータは、分散されており、改ざんされた場合、それがわかってしまいます。また、いかなる個人や組織によって所有されたり、管理されることはなく、データ内容を変えることはできません。

簡便な投票システム

地理的に中央集権型の投票を計画したり、実施したりすることは、時間がかかり、大きな費用がかかり、そのため頻繁には行われません。

Horizon Stateでは、ブロックチェーンを活用することで、モバイルやPCですぐに行うことができる、便利な投票システムを提供します。

 安価なシステム

伝統的な投票方法のコストは、納税者に対して、1投票あたり7$、場合のよっては、25$かかることもあります。

Horizon Stateのブロックチェーン投票システムは、それよりもはるかにやすく、0.5$を下回ります。

Decision Token(ディシジョン・トークン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年11月13日
  • 取引開始時価格:0.295069$
  • 直近価格   :1.83$
  • 最高値    :5.65$(2018年1月8日)  取引開始時価格の約20倍!!
  • 最安値    :0.125223$(2017年11月19日)取引開始時価格から約60%下落!!

Decision Tokenは、2017年11月に取引が始まりました。

取引開始当初から、若干の価格変動はあるものの、低調なまま価格が推移していました。

しかし、2017年12月後半ごろから徐々に価格を上げ始め、1月には大きく高騰し、1月8日には取引開始時価格の約20倍となる最高値を記録しました。

最近の仮想通貨業界全体の下落により、価格は大きく下がっており、取引の際には今後の仮想通貨業界全体の動きも含め、注意した上で行った方が良いと思われます。

Decision Token(ディシジョン・トークン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Decision Tokenの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Decision Token(ディシジョン・トークン)の将来性

Decision Tokenは、投票や意思決定のための利用を想定したプラットフォーム、Horizon Stateで利用される仮想通貨です。

このHorizon Stateは、現代の非効率的な投票システムを秘密投票などの原則を守りつつ、効率化させるとっても有用なプラットフォームだと感じます。

改ざん不可であったり、低コストであったり、民主制を保てる点など、ブロックチェーンの利点が十分に発揮できる分野が、投票の分野とも考えらえ、今後の利用拡大の可能性を大いに感じ、非常に楽しみです。

Decision Token(ディシジョン・トークン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは以下のようになっています。

  • 2018年第2Q
    • 利用者向けのSDKとAPIをリリース
  • 2019年第1Q
    • 投票アプリ、ボット、コミュニケーションツールのリリース
  • 2019年第3Q
    • クラウドファンディングプラットフォームのリリース
  • 2020年第3Q
    • 情報収集と調査分析システムのリリース

Decision Token(ディシジョントークン/HST)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる