仮想通貨(コイン)の Mysterium(ミステリアム/MYST)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMysteriumの価格・時価総額・出来高

通貨名Mysterium(ミステリアム)
通貨略号MYST
公開日2017年6月13日
システム-
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Liqui
公式サイト

Mysterium(ミステリアム)のローソク足リアルタイムチャート

Mysterium(ミステリアム)とは?基本情報

ミステリアムとは、プライバシー保護に特化された、オープンソース型のネットワークです

ミステリアムの機能自体は、基本的には現在のインターネットと大きな違いはありません。しかし、プライバシー保護に優れ、情報を抜き取られることが亡くなります。

現在のインターネットサービスでは、一部のサーバーや企業が多くの情報を管理しています。そのため、個人の情報が特定の企業や団体によって、管理保管されやすくなっています。

ミステリアムには、ブロックチェーンの技術が用いられており、分散的に情報を管理します。そのため、特定の企業や団体に情報管理を依存する必要がなくなり、プライバシー保護が容易にできるようになります。

また、ミステリアムはトークンも発行しており、ネットワークの使用料として利用されます。また、購入したネットワークで使用しない部分があった場合、別のユーザーに売却し、トークンを報酬として獲得することができます。

ミステリアムの開発チームは、リトアニアの人たちを中心に構成されています。東欧の人たちは技術力が高い場合が多く、複雑なネットワーク構築を着実に進めています。

Mysterium(ミステリアム)の特徴・仕組み

ミステリアムはプライバシー性が高いネットワークであり、第三者に情報を観閲されることを防ぎます。また、トークンはネットワークの使用料として位置づけられており、余ったネットワークを売却することで利益を得ることもできます。

ミステリアムの他の特徴は以下になります。

  • 分散型の情報ネットワーク
  • 需要が大きく高まっている産業

分散型の情報ネットワーク

現在のインターネットのシステムだと、ユーザーはプロバイダーや検索エンジンを提供している企業に依存する必要があります。特に、情報管理に関しては、企業が主張する内容の是非を、ユーザーが信じるしかありません。

しかし、インターネットに関係する企業が、ユーザーの情報を利用することはあり得ます。実際、アメリカでは、あるプロバイダーが顧客の情報をオークション形式で売り出し、販売されたことが明らかになっています。

ミステリアムは今までに提供されてきたインターネットサービスとは異なり、ブロックチェーンを用いた分散型情報ネットワークです。そのため、中央集権的に情報を管理する企業や団体が存在しません。

また、分散的に個人の情報が管理されるので、仮に高い技術力を持ったハッカーなどがアクセスできても、閲覧できる情報は断片的なものとなります。ミステリアムを利用することによって、情報のプライバシー性は飛躍的に高まります。

需要が大きく高まっている産業

個人情報の取り扱いが厳しくなっていると同時に、ミステリアムのように分散的に情報を配置できるシステムには需要が大きく高まっています。2017年の時点で、マーケットの需要はすでに4兆5000億円規模と推定されています。

ミステリアムに対する需要が大きくなれば、使用されるトークンの量も増加します。その結果、ミステリアムトークンの価格は高くなります。

分散的に情報を配置できるサービスへの需要は、2022年には10兆円を超えると推定されています。サービスの先駆けであるミステリアムの利用は、未来になればなるほど高まる可能性があります。

Mysterium(ミステリアム)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 公開日 : 2017年5月30日(CoinMarketCapで確認できるのは2017年6月14日から)
  • 開始価格 : 2.45$(2017年6月14日)
  • 最高価格 : 5.14$(2018年1月9日)
  • 最低価格 : 0.419745$(2018年2月6日)
  • 現在価格 : 0.684427$(2018年3月6日現在)

ミステリアムのトークンの価格をCoinMarketCapで確認できるのは、2017年6月14日です。しかし、実際には2017年5月30日にセールが開始されており、ミステリアムは公開されています。CoinMarketCapでのミステリアムの開始価格は、1MYSTあたり2.45$でした。

ミステリアムは公開されてから、一時的に4$を超えることがあったものの、価格の下落を続けてしまいます。しかし、2018年1月に入り、価格は上昇し始めます。そして、2018年1月9日には、開始価格の2倍以上である、1MYSTあたり5.14$を記録します。

しかし、ミステリアムの価格は、2018年1月中旬を境に大きく下落します。そして、2018年2月6日には、最低価格の0.419745$を記録しています。現在は少し値を持ち直し、1MYSTあたり0.7$前後で取引されています。

Mysterium(ミステリアム)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Mysteriumの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Liqui
※Mysteriumを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Mysterium(ミステリアム)の将来性

情報のプライバシー性を高める産業の需要は大きく、今後も大きな発展が望めます。ミステリアムは分散型情報ネットワークの先駆けであり、大きく伸びる可能性があります。

ただ、管理される情報量が巨大になると、ブロックチェーンの処理が追い付かなくなることがあります。今後、技術の課題を解決し、マーケットのシェアを広げられることが、ミステリアムトークンの価格上昇の大きな鍵となります。

Mysterium(ミステリアム)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ミステリアムはロードマップを示しており、現在のところは順調に進んでいます。また、2019年から2020年にかけては、大規模なトークンのセールが行われる予定です。2018年現在の地点では、技術的にコアとなる部分は完成しています。

Mysterium(ミステリアム/MYST)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる