仮想通貨(コイン)の Maecenas(マエケナス)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMaecenasの価格・時価総額・出来高

通貨名Maecenas
通貨略号ART
公開日2017年9月5日
システム
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Hitbtc,Ether delta
公式サイト

Maecenas()のローソク足リアルタイムチャート

Maecenasとは?基本情報

Maecenas(マエケナス)は仲介者を介さずに芸術作品を用いて投資を行う非中央集権型の投資方法です。これまでの芸術作品は、高額商品になるほど閉鎖的な市場となり、仲介業者が利益を得るためにとても不利な条件の取引が行われるのが通常でした。しかし、暗号通貨を利用することで、ブロックチェーンの特性を活かすことができるため、透明性および流動性の高いプラットフォームが形成できるようになりました。結果、すべての人が利用できる環境が整いました。

Maecenasの特徴・仕組み

Maeceas(マエケナス)には以下の特徴・仕組みがあります。

  • 信頼性の高さ
  • 透明性の高い市場
  • 経費削減、流動性の向上

信頼性の高さ

所有している芸術作品を担保にして投資グループから資金を調達します。Maecenas(マエケナス)が目指すものは、最も透明性が高く、最も効率的な芸術作品への投資です。芸術作品は信頼できる機関、厳しい審査を経たコレクターや画廊の管理下にあり、さらに資金は保険および法的枠組みのもと、完全に保護されています。出所資料は暗号で管理されているので、いったんプラットフォームに乗れば、偽造することは不可能です。

透明性の高い市場

Maecenas(マエケナス)のプラットフォームにアクセスし、プロフェッショナルにより厳重に管理された芸術作品を確認することができます。市場価格に対するMaecenas(マエケナス)の価格や業績を比較してみてください。管理体制および通貨の透明性が理解できます。

経費削減、流動性の向上

Maecenas(マエケナス)のプラットフォームを使用することで芸術作品に裏打ちされた流動性のあるポートフォリオを構築し、管理することが可能になります。これにより、作品の現物に投資する際にかかる諸費用を削減できます。

2016年、Deloitteが発表したレポートによれば、芸術作品市場および資産管理産業は厳しい時代を迎えるに至りました。おそらくこの不透明性が原因となり、人々の目は芸術作品に向かいました。そして、伝統的な資産管理方法に芸術作品を含むという意識やモチベーションが徐々に育まれています。

つまり、Maecenas(マエケナス)こそが最もお得な芸術作品を利用した投資だと言えます。

Maecenasの相場・チャート・高騰/暴落情報

現代芸術では1998年から2015年の段階で150パーセント以上の値上がりです。S&P500および一般芸術も50パーセント以上で推移しています。

Maecenasの買い方・売り方・購入方法・取引所

Maecenasの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Hitbtc,Ether delta
※Maecenasを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Maecenasの将来性

全15巻からなるWealth Insightsシリーズでは、世界規模で見れば個人が所有する純資産が高額であり、宝石、芸術作品、古美術のような「宝物」を探し求めていると記されています。したがって、このような資産を保有する経済的、感情的動機があり、Maecenas(マエケナス)はますます価値あがっていくことでしょう。
また、Knight Frank Luxury Investmen Index(KFLII)の最新の資料によると、芸術はこれまでの高額資産形成に資する投資をはるかに凌いでいます。芸術作品市場は投資市場の真に代わりを務めるほど成熟しており、ヨーロッパの芸術作品オークションでは112億ドルを生みだし、留まることを知りません。

Maecenasの最近のニュース・最新情報・今後の予定

2014年1月 DXマーケット開設

2014年11月 トレード用プラットフォームの試作

2015年4月 トレード用プラットフォーム初版発行

2015年8月 Friendly & Family ファンディング閉鎖

2015年10月  DXマーケットがジェノバのFintech Fusion acceleration programmeに参加

2016年1月 DXマーケット設立チームがMaecenasという名前を使用

2016年2月 DXマーケット設立チームが商品市場の適合性を妥当と判断し、芸術作品市場に参加

2016年5月 ビジネスモデルが承認され、公式ウェッブサイト開設

2016年6月 芸術作品の価値を保障するためブロックチェーンプラットフォームの解説に取り組む

2016年7月 芸術作品を共同所有するためのブロックチェーン操作モデルおよび法的環境の整備

2016年9月 マエケナスはFintech Fusionから独立

2016年11月 マエケナスの最初の試作品が完成

2017年2月 Polytech Ventures社からの投資を受け入れる

2017年4月 マエケナスMVPが完成

2017年5月 30以上の作品が$100M以上の価値を持つ

2017年7月 マエケナスのクラウドセール発表

2018年 最初の美術品掲載、販売予定
第1アートvaultを開設
その後第2アートvaultを開設、アートデリバティブ開始予定
2019年 第3アートvaultを開設し、美術館向けのリーシングを開始
2020年 アートインデックス開始予定

Maecenas(マエケナス)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる