仮想通貨(コイン)の Burst(バースト)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBurstの価格・時価総額・出来高

通貨名Burst(バースト)
通貨略号BURST
公開日
システムProof of Capacity
発行上限枚数21億6000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Poloniex,Bittrex,Livecoin,Ccex
公式サイト

Burst(バースト)のローソク足リアルタイムチャート

Burst(バースト)とは?基本情報

Burstcoinはブロックチェーン技術に基づく、仮想通貨ならびに決済システムです。

現在世の中に1,000以上の通貨が存在していますが、その中でも、Burstcoinは実はこれまで先進的な仕組みをいくつか導入してきた通貨です。

例えばEthereumが導入しているスマートコントラクトはBurstcoinが世界で初めて実装したコインであったりなど、隠れた技術力を持つコインです。下記より特徴をご紹介します。

Burst(バースト)の特徴・仕組み

まず、Burstcoinは「開発者が不明」という謎があります。

通常こういったコインに関しては突然運営が停止されてしまったり、などの不安がつきまといますが、よくよく考えるとビットコインも同様にサトシ・ナカモト氏は謎の人物ですがここまで巨大に成長しました。運営者が謎ということは必ずしも悪ではありません、しかし、警戒レベルは最高レベルの目線で見る必要は大いにあります。

さて、それではBurstcoinのいくつかの特徴・仕組みを紹介致します。

PoC(Proof of Capacity)というマイニング手法

PCのハードディスクの空き容量を利用したマイニング方法です。たとえばビットコインの導入している「PoW」では、ツールを導入してサーバーを準備し、膨大な電力を使用して、高いコストを抱えながらのマイニングとなります。さらにマイニング量が増えれば増えるほど、マイニングされるブロック(BTC)は減り、後発になればなるほど効率が悪い状態になっていきます。

その点、Burstcoinの導入するPoC(Proof of Capacity)は、空いているハードディスク容量を利用するだけでマイニングするため、非常にエネルギー効率が高いマイニングを行うことができます。

昨今ビットコインのマイニングが地球環境に影響を及ぼす懸念が出ているとニュースで報じられていますが、その点Burstcoinは比較的クリーンなマイニングと言えるでしょう。

送金速度

4分以内で送金完了。

Bitcoinよりはやや早い傾向にありますが、Burstcoinより速い通貨もそこそこ存在していることもまた事実です。しかし、速ければ良いというものでもなく、高速化するとその分セキュリティにも懸念が及びます(必ずしもそうとは言い切れませんが)。

その点Burstcoinは速度を程よいバランスにし、セキュリティを担保した、と言えるでしょう。

開発者「Burstcoin氏」そのもの

Burstcoin氏が開発している、ということも特徴的です。

新しいマイニング手法の導入、「チューリング完全」というスマートコントラクトを実装した初の通貨であったり、セキュリティは軍用レベルで保護されていたりと、Burstcoin氏の着眼点と発想力の高さは驚くべきものがあります。

補足ですが、スマートコントラクトは世界の仮想通貨界で時価総額2位のEthereum(2017年12月時点)よりも導入が早く、また、スマートコントラクトはEthereumの非常に重要なコアなポイントの1つとして有名です。そのEthereumよりも早く導入していたという事実をBurstcoin氏は持っています。

しかしすでに開発者のBurstcoin氏は突然開発プロジェクトから抜けてしまっています。その影響で当時Burstcoinの価格は急落しました(現在は2017年12月に最高値を更新するまでに戻っています)。

今後どういった通貨になっていくかは現在の運営体制次第と言えるでしょう。

Burst(バースト)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 2014年8月 取引開始
    • 0.001964USドルにてスタート。まだ2014年で取引ユーザーも少なかった時代です。
  • 2017年6月 価格高騰
    • 0.023412USドル
  • 2017年12月 価格高騰
    • 0.095246USドルまで高騰。取引開始時から48倍前後に伸長しています。

Burst(バースト)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Burstの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Poloniex,Bittrex,Livecoin,Ccex
※Burstを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Burst(バースト)の将来性

昨今伸びてくる通貨は皆それぞれに一般ユーザーにも理解しやすい特徴を持って参入してきます。その中でBurstcoinの場合、メリットや良さを感じてもらうまでにある程度の知識を必要とする傾向が、他コインよりも強いと言えるかもしれません。

そのため、運営サイドがどういったマーケティングを実施していくのかにもよると言えるでしょう。

Burst(バースト)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

近い将来

  • ウォレットのインターフェースを改善することでユーザビリティを向上
  • coinpayment.netなどの支払いでBurstcoinが利用可能になり、支出方法が拡大
    その他多くの取引所への上場を増やす

未来

  • Java以外の言語で書かれた新しいウォレットソフトウェアを作成することでエンド・ユーザーの柔軟性が向上
  • 大規模なプロモーションキャンペーン広告を実施

Burst(バースト)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる