仮想通貨(コイン)の Humaniq(ヒューマニック/HMQ)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のHumaniqの価格・時価総額・出来高

通貨名Humaniq(ヒューマニック)
通貨略号HMQ
公開日2017年5月8日
システムProof of Face
発行上限枚数1億8400万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,,Ether delta
公式サイト

Humaniq(ヒューマニック)のローソク足リアルタイムチャート

Humaniq(ヒューマニック)とは?基本情報

Humaniqは、2017年5月に取引が始まった比較的歴史の浅い仮想通貨になります。

略号は、HMQとなり、BittrexやLiquiなどの大手取引所でも取引されております。

Humaniq(ヒューマニック)はProof of Faceを用いた、世界の銀行と銀行の間をつなぐ新しい金融エコシステムの構築を目指した仮想通貨プロジェクトです。

その仕様は下記になります。

  • 通貨名(通貨単位):Humaniq(HMQ)
  • 最大供給量:920,952,070 HMQ
  • 現在の供給量(記事作成時):139,342,179 HMQ
  • システム(アルゴリズム):Proof of Face
  • 公開日:2016年12月11日
  • 公式サイト:https://humaniq.co/

Humaniq(ヒューマニック)の特徴・仕組み

ヒューマニックとは

ヒューマニック(Humaniq)は、シンプルで安全な第4世代モバイル・バンクです。

ブランチに来る必要性、無期限の書類作成、使いにくいバグの多いモバイルアプリの扱い、難しいデータの保護など、古い銀行のすべての障壁を解消して、まったく新しい銀行業のスタイルを開発しています。

ヒューマニックは安全で強力な財務ツールを提供しています。これは、知識のないの人や身分証明書を持っていない人が使用するように特別に設計されています。

彼らのほとんどは、1日に2ドル以下で新興国に住んでいます。ヒューマニックはそれを変えることを目指しています。

ユーザーの革命

我々は、パスポートと署名を置き換えるためにバイオメトリクスを使用しており、ICOと株主の代わりに私たちの暗号通貨を介してデジタル資産を配布しています。

ユーザーはシンプルなUXとUIを使用してモバイルアプリケーションを活用し、インターネットと呼ばれるグローバルライブラリにもアクセスします。

彼らは雇用、借用、貸出、支払いをすることができ、誰も彼らから持ち出すことのできないバイオメトリックIDで保護されます。

パートナーの革命

私たちのオープンソースのスタックとAPIは、スタートアップやその他の企業がコアテクノロジーでサービスを構築し、エコシステムや循環経済をさらに促進するために利用できるようになります。

Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンによる広告は、あらゆるビジネスが容易にサービスを適応させ、ヒューマニックのネットワークに接続して、巨大で未開発の世界に到達することを容易にします。

今後、スタートアップパートナーの成長と加速を支援するための基金も開始する予定です。

Humaniq(ヒューマニック)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 2017年5月 取引開始
    • 初値は、約0.063USDからスタートしています
    • その後は大きな乱高下無く、0.1USD前後を推移しています
  • 2017年12月15日 価格が急騰
    • 急激に価格が高騰し、最高値を更新し0.569USDを記録しました
    • 取引開始から7ヶ月で10倍近くまで高騰しました
  • 2018年1月17日 価格急落
    • 他の仮想通貨と合わせ、価格が大きく急落しました。

取引開始からボラティリティが高めで推移している、Humaniqですが、最近はさらにボラティリティが高まっている印象を受けます。

また、仮想通貨業界全体が不安定な状況に入っている印象を受け、取引には注意が必要だと思います。

Humaniq(ヒューマニック)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Humaniqの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,,Ether delta
※Humaniqを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Humaniq(ヒューマニック)の将来性

銀行機能にアクセスできない人は、未だに世界中にたくさんいると言われています。

こういった人たちに目を向け、事業として成り立たせることに成功したバングラディッシュのグラミン銀行は、2006年にノーベル平和賞を受賞しました。

Humaniqでは、2009年に誕生し今大きな影響を与え始めているブロックチェーン技術をこの分野に応用しようとしています。

分散型という特徴を持つブロックチェーンだからこそ、仲介者コストや信用保証コストを限りなく低く抑えることができ、世界中に多く存在する、銀行機能にアクセスできない人々に金融サービスを提供することができる可能性があります。

Humaniqの取り組みは、単なる一プロジェクトという位置付けを超えた、ソーシャルソリューションとしての側面が強いプロジェクトであり、今後も引き続き注視していくと面白いと思います。

Humaniq(ヒューマニック)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年11月1日、Humaniqのアプリケーションがローンチされました。

今後の具体的なロードマップは公表されておりません。

Humaniq(ヒューマニック/HMQ)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる