仮想通貨(コイン)の Radium(ラジウム/RADS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のRadiumの価格・時価総額・出来高

通貨名Radium(ラジウム)
通貨略号RADS
公開日2015年5月25日
システムProof of Stake
発行上限枚数300万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Poloniex
公式サイト

Radium(ラジウム)のローソク足リアルタイムチャート

Radium(ラジウム)とは?基本情報

ラジウムは高度なユーティリティをブロックチェーンに持ち込むように設計されたトークンです。

ブロックチェーン技術の分散不可逆性を活用できるスマートチェーンを利用しており、高度なブロックチェーンファイルの検証とID機能を誰でも利用できるように開発されています。

  • 通貨名(通貨単位):Radium(RADS)
  • 最大供給量:9,000,000 RADS
  • 現在の供給量(記事作成時):3,257,232 RADS
  • システム(アルゴリズム):Proof of Stake
  • 公開日:2016年1月19日
  • 公式サイト:https://radiumcore.org/
  • ソースコード:https://github.com/tm2013/Radium
  • Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/rads/
  • ホワイトペーパー:-
  • Bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1333026
  • 公式フォーラム:-
  • CoinMarketCap(チャート):https://coinmarketcap.com/currencies/radium/

Radium(ラジウム)の特徴・仕組み

特徴は大きく以下3つです。

  • Proof of Stakeを採用したスマートチェーン導入暗号通貨。
  • ブロックチェーン上で高度なファイルの検証とID機能を提供する。
  • 使いやすいGUIによって誰でもスマートチェーン機能を活用可能。

安全で安定したブロックチェーン

ラジウム(Radium)は、Proof of Stakeに基づく暗号通貨で、世界中のノードを持つ分散ブロックチェーンです。Windows、MacOS、Linuxで利用できます。

ラジウムクライアントは、Raspberry PiなどのローエンドARMデバイスで簡単に実行でき、Azure、AWS、Docker上でラジウムをBlockchain as a Serviceプラットフォームとして使用することもできます。

スマートチェーン(SmartChain)とは

スマートチェーンとは、ソフトウェアでありプロトコルでもあり、ブロックチェーン技術の分散不可逆性を活用するために設計されました。 ビジネスユーザーにも個人のユーザーにも向けて設計されており、 誰でもSmartChainを直観的に使用でき、Proof-of-ExistenceとProof of Ownershipを簡単に利用することができます。

スマートチェーンは、いくつかの新しいプロトコルの組み合わせで、高度なブロックチェーンベースの機能を開発するためのフレームワークを提供します。 すべての機能は、「スマート・トランザクション」による、100%分散型システムに根ざしています。

また、ラジウムのスマートチェーン(SmartChain)は、他の暗号通貨では利用できない高度なブロックチェーン機能を利用できるとしており、それは、ラジウムブロックチェーン上のデータレイヤーで、高度なブロックチェーンファイルの検証とID機能を提供しているからです。

使いやすいGUIは、誰でもスマートチェーンが提供する機能を最大限に活用できることを意味します。

ラジウムコア

Radium Coreは、Radiumブロックチェーンプロトコルの主要なWallet実装です。 Radium Coreは、コアウォレットコードの管理と更新、コインのコミュニティの管理を担当する組織でもあります。 Radium CoreはRadium Smのバックボーンとして機能します。

また、SmartChainコアというものもあり、それはRadium Coreの拡張版で、特別なスマートトランザクションを使用してRadium Coreチェーン内にデータレイヤーを作成します。

スマートトランザクションは特別なトランザクションで、特別にエンコードされたデータを含み、ブロックチェーンで不死化します。 スマートトランザクションは、OP_RETURNと特別に生成された16進データを含むデータアドレスの組み合わせを使用します。

Radium(ラジウム)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年1月18日
  • 取引開始価格 :1RADS=USD
  • 直近価値   :1RADS=5.88USD(2018年2月25日)
  • 最高値    :1RADS=17.16USD(2018年1月11日)
  • 最安値    :1RADS=0.18969USD(2016年1月18日)

取引開始以降、USDベースでは0.1USD程度を1年ほど維持しました。その後、2017年3月27日1.49USD程に上昇したのを機に大きな上昇が始まりました。2017年9月ごろに4USDに上がり最高値を更新したのち、2018年1月には17USDと、取引開始から2年弱で100倍ほどに値上がりしました。

Radium(ラジウム)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Radiumの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Poloniex
※Radiumを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Radium(ラジウム)の将来性

アルトコインとして埋もれている期間が長かったですが、現状、かなり注目されているコインといえるでしょう。スマートチェーンを利用することで、ブロックチェーンの可能性を伸ばしていくのではないでしょうか。

Radium(ラジウム)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

現状、スマートチェーンはクローズドソースプロジェクトですが、将来的には、ソースが公開される予定と公表しています。ソースをリリースする予定はないようですが、Radium Coreコードはオープンソースです。

Radium(ラジウム/RADS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる