仮想通貨(コイン)の Red Pulse(レッドパルス)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のRed Pulseの価格・時価総額・出来高

通貨名Red Pulse
通貨略号RPX
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Red Pulse()のローソク足リアルタイムチャート

Red Pulseとは?基本情報

Red Pulse とは、暗号通貨の利用状況をモニターすることで消費者の市場調査を行うプラットフォームです。分析は自然言語処理型の人工知能により行われます。このプラットフォームで使用されるトークンはRPXと呼ばれます。

暗号通貨を利用し、データの収集、データの分類・変換、トレンド分析に人工知能を用い、その後工程の仮説構築、レポート作成、レポートのマネタイズ(暗号通貨によるレポートの売買)までを行います。

2015年Red Pulseは Johnathan Ha 現CEOにより創設されました。Red Pulseは香港を拠点に開発、サービスの提供を行っています。現在、米国市民、中国本土、シンガポールではこのサービスを利用することができません。

Red Pulseの特徴・仕組み

  • 市場調査データの提供を民主的に提供
  • 市場調査のコストダウンを行う
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムとスマートコントラクト機能を搭載

市場調査のデータを民主的に提供

消費者の市場調査データはゲートキーパーと呼ばれる事業者に独占されており、個々の調査・検証を行う人には手に入れ難いという事情があります。

Red Pulse は、暗号通貨と人工知能を組み合わせることで、消費者の暗号通貨の使用状況をモニターし、その情報を収集することでゲートキーパーと呼ばれる大手事業者だけではなく、このプラットフォームを利用する会員に調査データを提供するサービスです。

このサービスにより、今までは少数の事業者に独占されていた消費者の消費動向に関する情報をより民主的に提供することがこのプラットフォームに求められいる重要な要件です。

市場調査のコストダウンを行う

市場調査はデータの収集と分析にコストがかかりますが、Red Pulseをプラットフォームとして活用することで、データの収集、データの分類・変換、トレンド分析に人工知能を用い、その後工程の仮説構築、レポート作成に専門家の知見を入れて分析することで実施されます。

この作業は、NEOと呼ばれる独自のブロックチェーン上で行われます。

この時、データの収集からレポート作成までのコストを現在の市場調査の1/100〜1/10程度にコストダウンすることが可能です。

独自のコンセンサスアルゴリズムとスマートコントラクト機能を搭載

Red Pulse は一部手動によるコンセンサスアルゴリズムを採用するなど、独自のコンセンサスアルゴリズムを実装しています。また、NEO Contract と呼ばれる独自のスマートコントラクトを採用しています。

作成されたレポートの価値を決め、このレポートを暗号通貨を使用して売買することでマネタイズを行うところまでサポートされているのが Red Pulse の特徴・仕組みです。

Red Pulseの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年10月8日
  • 取引開示価格:$0.025USD
  • 直近価格:$0.402633 USD
  • 最高値:$0.452785USD(2017年1月5日)
  • 最安値:$0.032940USD(2017年12月8日)

2017年10月8日より取引が開始されました。その後、2017年12月14日までは価格は$0.03USD近辺で低迷。その後、急騰し2018年1月5日に$0.452785USDの最高値を付けています。

Red Pulseの買い方・売り方・購入方法・取引所

Red Pulseの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Red Pulseの将来性

Red Pulseの通貨発行の上限は、$15,000,000USDで、毎年10%のインフレが起こるように設定されています。つまり、それを上回る経済成長がなければ通貨の価値が相対的に下がる可能性があります。

しかし、これは Red Pulseの将来への自信の現れと見ることもできます。将来、日本を含めたアジア太平洋地域に暗号通貨のXRPが普及し、らないRed Pulseプラットフォームを活用した調査サービスが広がるならば、Red Pulseの将来は明るいものとなるかもしれません。

Red Pulseの最近のニュース・最新情報・今後の予定

Red Pulseの2018年の開発ロードマップは以下となっています。

2018年第1四半期

  • 新しいPython / Django言語をサポートしたプラットフォームの起動
  • Webプラットフォーム、モバイルアプリケーション、端末、電子メールニュースレターでカスタマイズ可能なリサーチ/インサイトフィードの同期
  • WeChatミニアプリケーションの開発
  • NEOブロックチェーンとNeoContractを介してRPXを統合開始
  • Cloud Eventデータフィード、マシンラーニングと自然言語処理アルゴリズムから生成されたキーワードとトピックに基づいた分析機能の提供
  • 新しいプラットフォームと調和したモバイルアプリ(iOSとAndroid)のリニューアル
  • 既存のプラットフォームコンテンツとデータプレミアムサービスの提供

2018年第2四半期

  • RPXベースのプラットフォームのベータテスト
  • クラウドイベントデータフィードのベータテスト
  • 市場データフィードの統合
  • 代替データについてパートナーシップの締結
  • パートナーシップとファイナンシャルアドバイザー、資産管理者、証券会社、およびそれぞれのオンライン/ mobileappsv1.1024との統合

2018年第3,第4四半期

  • 新しいRPXベースのオープンリサーチプラットフォームの発売
  • クラウドイベントデータフィードの完全統合
  • 優先顧客向け人工知能ベースのインテリジェントアシスタントの開発開始
  • アジア太平洋へのリサーチ範囲の拡大
  • フォロー可能なポートフォリオとともにストックウォッチリストと複数のポートフォリオ追跡機能のカスタム分析とinsightsv1.1025のためのB2B市場&ビジネスインテリジェンスエンジンの開発を開始

Red Pulse(レッドパルス)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる