仮想通貨(コイン)の bitqy(ビットキー)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のbitqyの価格・時価総額・出来高

通貨名bitqy
通貨略号BQ
公開日2017年5月1日
システム
発行上限枚数100億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Coin exchange,Ccex
公式サイト

bitqy()のローソク足リアルタイムチャート

bitqy(ビットキー)とは?基本情報

ビットキーは、bitqyck(ビットクイック)社が手がけるeコマース/広告ビジネスのために開発された暗号通貨です。通貨はBQで表されます。

ビットクイック社により独自に開発されたビットキーは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築され、スマートコントラクトを活用した暗号通貨です。

ビットキーの大きな特徴として、ビットキーそのものにビットクイック社のオーナーシップ(所有権)が組み込まれているという事が挙げられます。取引を行うと、ビットキーとともにビットクイック社のオーナーシップも移管されます。つまり、ビットキーは通貨としての価値に加えて株式が組み込まれたような暗号通貨と言えます。

ビットクイックという会社は、eコマースにブロックチェーンや暗号通貨といった最新のテクノロジーを融合させ、新たなネット通販/取引の仕組みを確立させようする新興企業です。eコマースでは、単純に消費者と販売者だけでなく、仲介業者やアフィリエイトといった第三者も加わることで成り立っていますが、ビットクイックはこの第三者として、ビットキーと呼ばれる暗号通貨を使い、新たなビジネスモデルを確立させようとしています。

bitqy(ビットキー)の特徴・仕組み

ビットキーの特徴・仕組みは以下の3点です。

  • 報酬プログラム
  • オーナーシップが組み込まれている
  • クイックウォレット

報酬プログラム

ビットクイックでは、消費者、企業等がビットクイックのネットワークを通じて特定の活動を行った場合に、報酬が支払われる仕組みになっています。

eコマースを例に挙げると、ビットクイックを使って消費者が商品を購入した場合、消費者、販売者、アフィリエイト業者といった取引に貢献した者には報酬としてビットキーが支払われます。ビットクイックのネットワークの参加者は、コイン購入という活動を通して新たな収入源を獲得することが出来ます。

オーナーシップが組み込まれている

ビットキーの特徴・仕組みの一つとして、ビットキーにはビットクイック社のオーナーシップ(普通株の1/10相当)が組み込まれており、コイン自体の価値とともに会社のオーナーシップまで獲得することが出来ます。

このような仕組みは、暗号通貨、コーポレートガバナンス、セキュリティーといった観点で見ても、過去に類を見ない画期的な仕組みです。ビットクイックは、このようにオーナーシップをコインに組み込むことにより、マーケットプレイスが本当の意味での繁栄を迎えるようになると考えています。

実際に、コーポレート・ガバナンスに関してビットクイックのオーナー(=ビットキーを所持している人)を対象に投票が行われています。審議の対象は、

  • 投票権を得るためのビットキーの最低数の変更
  • bitqyMと呼ばれるビットキーの派生通貨の供給量
  • 今後の進出ビジネスやビットクイック社の方針を決めるための委員会の設立

でした。このように、実際にビットキーに組み込まれたオーナーシップにより、ビットクイック社の重要事項が決定されています。

クイックウォレット

ビットクイックはクイックウォレットと呼ばれる独自のウォレット機能を搭載しています。ビットキー専用のウォレットとして設計されているため、最も安全にビットキーを管理することができます。

bitqy(ビットキー)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年8月27日
  • 取引開始時の価格:0.0521 USD (約5.8円)
  • 価格動向:取引開始後、下落が続き2017年12月は0.005〜0.015USDのレンジで推移
  • 最高値:0.0958 USD (2017年10月1日) 取引開始価格の約1.8倍
  • 最安値:0.00263 USD (2017年11月17日) 取引開始価格の約0.05倍

8月27日の取引開始以降、0.05〜0.1 USD付近まで高騰する場面が何度かありましたが、基本的に下落基調が続いており0.005~0.015USDのレンジで推移しています。

bitqy(ビットキー)の買い方・売り方・購入方法・取引所

bitqyの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Coin exchange,Ccex
※bitqyを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

bitqy(ビットキー)の将来性

ビットクイックはグルーポンやリビングソーシャルといった成果報酬型の広告ビジネスに対し、ビットキーという暗号通貨を使った新たなビジネスモデルで対抗しようとしています。

ビットクイック社のサム・メンデス氏は、これを実現するための戦略として、まずは全てのビットキーを世界中に分配することを挙げ、その時点でビットキーを基軸通貨とした新たなマーケットプレイスが生まれると、将来ビジョンを語っています。

eコマース、広告ビジネスを支える新たな基軸通貨としての期待が高まっており、今後も目が離せない暗号通貨と言えるでしょう。

bitqy(ビットキー)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ビットクイックの中期的な計画としては、ビットキーの利用拡大です。ビットクイックのwebサイトではヘルスケア商材や健康食品等の通販、航空チケット、ホテル予約サービスの分野で、次々とアフィリエイトプログラムを立ち上げており、このようなサービスを充実させ、ビットキーを世界中に流通させようとしています。

bitqy(ビットキー)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる