仮想通貨(コイン)の Agoras Tokens(アゴラス トークンス/AGRS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のAgoras Tokensの価格・時価総額・出来高

通貨名Agoras Tokens(アゴラス トークンス)
通貨略号AGRS
公開日
システム-
発行上限枚数4200万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex
公式サイト

Agoras Tokens(アゴラス トークンス)のローソク足リアルタイムチャート

Agoras Tokens(アゴラス トークンス)とは?基本情報

Agorasはタウチェーンを応用している最初の先進的なスマート通貨です。

タウチェーンというのは、Agoras独自のネットワークで独自のルールに基づいて運用されています。タウチェーンの論理が決定可能な論理体系であるために、利用者は”スマート”な契約を結ぶことができます。

Agorasは真のP2P契約もサポートします。そのため、ビジネスをするのに相手の信用調査をする必要がなくなります。つまり、仕事を発注する側、受注する側がお互いのことをよく知らず、ただAgorasネットワークの利用者同士でやり取りをすることになります。

Agorasはプログラマーの力を使って、いくつかの市場に進出していこうとしています。

Agoras Tokens(アゴラス トークンス)の特徴・仕組み

  • タウチェーンというネットワーク上に形成された仮想通貨
  • P2P通信を利用したビジネス

タウチェーン上に形成された仮想通貨

Agoras Tokensはタウチェーンというネットワーク上に形成された仮想通貨です。タウチェーンとはインテリジェントな非中央集権型のネットワークで、自動的に論理証明を行うプログラムをもっています。

そのため、ソフトウェアの開発者は単純に要求事項をタウチェーン上に送るだけでよく、タウチェーンが実際の開発を行い、開発者はその後確認をするだけになります。

タウチェーンの利用者は検索エンジンやオンラインマーケットやソーシャルネットワークやソーシャルアプリといった様々な種類のコンテンツを開発することができます。

P2P通信を利用したビジネス

Agorasはスマートな契約をクライアントとプログラマーの間に提供した最初のスマートな仮想通貨です。

Agorasは仮想通貨だけでなく、AGRSという利用者がプログラマー、ソフトウェア開発者を雇うための場を提供しています。AGRSはP2P通信に基づいています。そのため、クライアントとプログラマーはお互いのことを信用する必要はありません。

例えば、クライアントがソフトウェア開発者を雇って開発をさせるとします。従来であれば、開発者から提供されたソフトウェアがバグだらけだとしてもお金を支払う必要があります。

しかし、Agorasの場合はソフトウェアをタウチェーンで検証し、クライアントがソフトウェアを認めない限りお金を払う必要はありません。一方、ソフトウェア開発者のほうもひとたびクライアントに承認されれば自動的に報酬が振り込まれるため、報酬未払いになる心配をする必要がなります。

Agoras Tokens(アゴラス トークンス)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2015年8月
  • 取引開始価格:0.152221 USD
  • 直近価格:1.36 USD
  • 最高値:3.98 USD
  • 最安値:0.053976 USD

Agoras Tokensは2015年8月に取引を開始しました。取引開始後2年近くはほとんど取引開始価格から変化せずに一定の価格で推移していました。

2017年11月から価格が急騰し始め、取引開始価格の20倍以上の価格をつけました。直近では価格が落ち着いてきていますが、取引開始価格の10倍弱の高い値段を維持しています。

Agoras Tokens(アゴラス トークンス)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Agoras Tokensの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex
※Agoras Tokensを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Agoras Tokens(アゴラス トークンス)の将来性

Agoras Tokensは他の仮想通貨と同様に非中央集権型のシステムになっています。一方で、Agoras Tokensには他の仮想通貨と違う点があり、独自のシステムタウチェーンを使うことによりプログラムの論理証明を自動で行ってくれます。

これにより、真のP2P通信が可能となり、新たなビジネスを起こしやすい環境を整えています。タウチェーンは様々なビジネスに使える可能性があり、今後発展していく可能性があります。そこで使われるAgoras Tokensもそれに合わせて発展していく可能性があります。今後の動向に注目です。

Agoras Tokens(アゴラス トークンス)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

タウチェーンの目指す分野

Agoras Tokensが利用している独自のプログラミング言語であるタウチェーンがその応用先としてして目指している分野は、言語・知識・考察・協業・選択の5つの分野です。

いずれの分野もある一定のルールで運営される単純な分野ではなく、複雑なルールがあったり、状況に応じて対応が変わるような分野です。そういった恣意的な、無作為なものを表現することがタウチェーンの目的になります。

これらを実現するためにまず最初にTML(Tau Meta-Language)を導入します。続いて、AlphaとBetaというディスカッションのプラットフォームを整備します。それらの上にタウチェーンを用意し、最上位にAgorasを整備します。

Agoras TokensはAgorasで使われる仮想通貨で、ユーザーはAgorasでビジネスを行います。

すでにタウチェーンが目指す環境づくりは終わっており、あとは利用者が増えて発展していく段階になっています。

Agoras Tokens(アゴラス トークンス/AGRS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる