仮想通貨(コイン)の BlackCoin(ブラックコイン)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBlackCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名BlackCoin(ブラックコイン)
通貨略号BLK
公開日2014年2月24日
システムProof of Stake
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

coinexchange.io(コインエクスチェンジ)

Bittrex,Poloniex,Bit z,Cryptopia,Livecoin,Bleutrade,Coin exchange,Tux exchange
公式サイト

BlackCoin(ブラックコイン)のローソク足リアルタイムチャート

BlackCoin(ブラックコイン)とは?基本情報

BlackCoinは、純粋な Proof-of-Stake (PoS)コンセンサスアルゴリズムのみによる作動を実現した初めての暗号通貨です。オープンソースとして提供されています。

通常の暗号通貨はビットコインに用いられていた Proof-of-Work(PoW)と PoSの両方を用いるハイブリッド型がほとんです。

しかし、BlackCoinは純粋にPoSのみを使っており、PoSの抱えていたセキュリティ上のリスクを低減させるために、独自に強化されたPoS バージョン2、PoSバージョン3を開発して利用しています。

このため、大量の電力を消費することなく、高いセキュリティを保つとともに大規模なネットワーク上で高速に取引することを可能にします。

BlackCoin(ブラックコイン)の特徴・仕組み

  • セキュリティを向上させたProof-of-Stake 3.0プロトコルを採用
  • 大容量の電力を消費しない
  • 高速の取引を可能に

セキュリティを向上させたProof-of-Stake 3.0プロトコルを採用

BlackCoin は、Proof-of-Stake(PoS)のみのコンセンサスアルゴリズムを採用した暗号通貨です。PoSでは仕事量ではなく、保有しているコインの量に比例してマイニングがより容易になる方法が取られています。

Proof-of-Stakeは、コインを保持している時間が長いほどマイニングが有利になると評価されるアルゴリズムですが、コインを長い間保持しているように不正をすると多くの通貨が得られるといったセキュリティ上の課題が存在しました。

BlackCoinではこのような課題を解決するために独自に拡張した Proof-of-Stake バージョン3.0アルゴリズムが作動します。このためよりセキュリティ高めた取引を可能にします。

Stake-of-Stakeコンセンサスアルゴリズムにより、暗号通貨をネットワーク上のウォレットに保持しておくだけで利子が発生するようになります。

このネットワーク上は年間 1〜8%の利子を生み出しますが、このうち1%はネットワークを維持するために使用されます。

大容量の電力を消費しない

Proof-of- Work(PoW)はビットコインなどに採用されているコンセンサスアルゴリズムです。PoWは、パソコンの計算能力を使って複雑な処理を実行させ、最も早く処理が終わったものにコインを与えるやり方です。

仕事量に比例して暗号通貨をマイニングできる量が増加するようになっています。しかし、この方法の欠点はマイニング時に大量の電力を消費することです。

BlackCoinには、Proof-of-Stake 3.0コンセンサスアルゴリズムが使用され保有している通貨量や保有時間に応じて通貨が与えれられるようになっています。

このためマイニングにおいて大量の電力を消費する必要がなくなりました。

高速の取引を可能に

ネットワークのスケーラビリティを向上させるためには、PoWのようにハッシュの計算処理能力を使用してこれをコンセンサスにするよりも、PoSのように誰が暗号の量を持っているかを見てコンセンサスにする方が簡単で、処理速度を向上するためにも必要です。

長期的に見ると、PoSは、ネットワークが拡大しより多くのトランザクションの必要性が増すにつれて、ますます必要になっています。

BlackCoin(ブラックコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2014年2月24日
  • 取引開示価格:N/A
  • 直近価格:$0.921251 USD
  • 最高値:$1.07USD(2017年12月28日)
  • 最安値:$0.01302USD(2015年5月8日)

2014年2月24日の取引開始から2014年7月にかけて$0.26USD近辺の高値を付けるものの、その後下降し2015年5月8日の$0.01302USD最安値を記録します。この傾向は2017年4月近辺まで続きます。その後、価格は上昇基調に入り2017年12月28日には最高値の$1.07USDを付けています。

BlackCoin(ブラックコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

BlackCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 coinexchange.io(コインエクスチェンジ)Bittrex,Poloniex,Bit z,Cryptopia,Livecoin,Bleutrade,Coin exchange,Tux exchange
※BlackCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

BlackCoin(ブラックコイン)の将来性

BlackCoinの将来性は2つの技術にかかっています。ひとつは、Proof-of-Stake 3.0のコンセンサスアルゴリズムが BloackCoinとともに普及すること、また、BloackCoinのプロジェクトで生まれたスマートコントラクト製品のBlackHaloが普及することです。

BlackCoinがこれらの技術や製品とともに普及していくとすれば将来は明るいでしょう。

BlackCoin(ブラックコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

BlackCoinは開発者コミュニケーションによる合議制でどの機能を取り込むかの議論が行われています。最近では2017年の12月末にネットの掲示板で募集が行われました。

今後はこの候補の中から必要に応じて開発が行われていくと見られます。

BlackCoin(ブラックコイン)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる