仮想通貨(コイン)の Agrello(アグレロ/DLT)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のAgrelloの価格・時価総額・出来高

通貨名Agrello(アグレロ)
通貨略号DLT
公開日2017年9月6日
システム-
発行上限枚数1億3000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Hitbtc,Mercatox,Yobit,Ether delta
公式サイトhttps://www.agrello.org/

Agrello(アグレロ)のローソク足リアルタイムチャート

Agrello(アグレロ)とは?基本情報

Agrello(アグレロ)とは、「法的拘束力を持つスマート契約AIカウンセラー」です。

現代では何か契約書を結ぼうとするとき、法律家や弁護士など専門性の高い人に仲介を依頼し、双方で契約書類を締結する必要があります。それをスマートコントラクト(スマートな契約)という技術を使って、だれでも簡単に法的拘束力をもった契約がつくれるサービスとなっています。

これまでスマートコントラクトはEthereum(イーサリアム)で使用されることが多くありましたが、Ethereum(イーサリアム)ではSolidityと呼ばれる特殊なプログラミング言語で動かす必要があるため、プログラム言語習得のハードルの高さから十分な普及をしていませんでした。

Agrelloは誰でも使えるように分かりやすいインターフェースを整え、個人間のやりとりをスムーズに行えるように構築されています。余談ですが、同じくSolidityを使用しなくてもいいように作られたプラットフォームにLisk(リスク)があり、とても注目されています。

Agrello(アグレロ)の特徴・仕組み

Agrello は、法的な費用と必要を自動化しコストダウンをはかります。

シェアリングエコノミー普及の手助けを

シェアリングエコノミーとは有名なサービスではAirbnb、Uberなどがあります。Airbnbの場合は「使っていない家や部屋」、Uberでは「使っていない車の稼働時間」をそれぞれ人にシェアすることで報酬を得られるサービスになっています。広義ではメルカリも「使っていないモノのシェア」という点ではシェアリングエコノミーと呼べます。

このように個人間での取引は年々増加しており、今後も普及していく見通しですが、それぞれ当然ですが国が定めた法律の中で活動を行う必要があります。例えば個別の契約や賃貸契約、フリーランスとの業務委託契約が発生します。

そのような中で、スムーズに契約を交わすこと、契約と報酬が実行されること、は必ず発生するとても大切なやりとりとなります。しかし、そこに膨大なコストと時間がかかってしまっていることも問題です。

このような、個人間取引での煩わしさを解決し、ビジネスに集中できるようにしてくれるのがAgrelloに期待されている部分です。

SaaSモデル

Agrelloの機能はSaaSモデル(Software as a SerSvice)で提供されており、Agrelloの機能の上に外部サービスが連携して構築していくことが可能です。

第三者が新しいテンプレートを作成することが可能で、そのテンプレートが優れたものであれば報酬を受け取ることができるという、非中央集権かつ善意に報酬があたえられる思想を取り込んでいます。

要するに、とても汎用的に使われる仕様になっているので広く色々な場面で活用されることを想定し、且つ、ユーザー同士がAgrelloをさらにより良くするようなエコシステムが備わったつくりになっていると解釈できます。

Agrello(アグレロ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

2017年9月に取引可能となり、当初は0.4USDからスタートしています。その後、緩やかに価格は減少傾向になっています。

Agrello(アグレロ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Agrelloの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Hitbtc,Mercatox,Yobit,Ether delta

Agrelloを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Agrelloを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Agrelloの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Agrello(アグレロ)の将来性

Agrelloチームはイーサリアムを最も確立されたブロックチェーンと評価しています。Agrelloプロジェクトを進めるにあたり、ブロックチェーンとは直接関係のない分野の産業にも進出していくことを想定しているため、法制度や金融機関との連携が重要です。

国家が管理する領域との今後の提携の進行状況などがとても重要な指標になるのではないのでしょうか。

Agrello(アグレロ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年6月8日

Agrello がEthereumをプロトタイプトークンセールに選択

2017年5月16日

Estonia Eyes ブロックチェーン、法律AI

公式サイト

Agrello(アグレロ/DLT)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる