仮想通貨(コイン)の ION(アイオン)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のIONの価格・時価総額・出来高

通貨名ION(アイオン)
通貨略号ION
公開日2015年5月16日
システムProof of Stake 3.0
発行上限枚数5500万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex
公式サイト

ION(アイオン)のローソク足リアルタイムチャート

ION(アイオン)とは?基本情報

IONは、ionomyというゲームプラットフォームにて利用することができるトークンです。

ionomy自体は例えばモバゲータウンやGREEなどのゲームプラットフォームのようなサービスをイメージです。ionomyにゲーム開発者が集まり、ionomyユーザーに向けたゲームを開発し、リリースされたゲームは誰でも遊ぶことができます。

2017年12月現在では、4つのゲームがリリースされており、1つはAppStoreまたはGooglePlayにてダウンロードすることが可能です。

ION(アイオン)の特徴・仕組み

プラットフォームを擁し、そこで利用できるトークンは多く存在していますが、ゲームにフォーカスしたプラットフォームは2017年現在決して多くありません。

  • フリーミアムモデルのゲームコンテンツ
  • 利益の33%は、IONの価値が上がるように運営者が買い戻す
  • WEBウォレット
  • IONを購入、その他のアルトコインと交換ができる
  • ゲームの管理

フリーミアムモデルのゲームコンテンツ

従来のゲームプラットフォームはお金を支払って(または無料で)ゲームで遊びますが、端的に言うとionomyでは遊ぶとお金(ION)を受け取ることができます。遊べば遊ぶだけ収入が入るというプラットフォームです。

利益の33%は、IONの価値が上がるように運営者が買い戻す

ionomy側も、アプリ内課の「は3分の2」をionomyへと再投資します。
33%は開発者への報酬、もう33%は市場に出回るIONを購入し供給量を減らすことをします。供給量が減ると希少価値が高まり価格が上がりやすい土壌になります。


ionomyプラットフォームでできることをご紹介します。

WEBウォレット

安全で多くの機能を備えたWebウォレットです。多機能とはいえ、きれいで使いやすいインターフェースで、初心者、専門家問わず、多くのユーザーのニーズに応えるデザインと設計になっています。

IONを購入、その他のアルトコインと交換ができる

EthereumやDash、Zcashなどの40に及ぶアルトコインとIONを交換することができます。
また、IONの交換は、スピーディな処理時間と低い手数料(ionomyプラットフォーム加入者は手数料無料)そして直観的な取引操作方法を実現しています。

ゲームの管理

アイオノミーゲームエコシステムのハブです。ゲームを管理し、スコアをチェックしロードしたりなど、多くのことができます。
もちろんIONは、ゲーム内でも利用することができます。

ION(アイオン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 2016年6月 取引開始
    • 0.238820USドル
  • 2016年9月 価格高騰
    • 一時的とはいえ、0.573648USドルまで上がります。
    • その後激しい上下が続きますが、ベースの価格は着実に上げていきます。
  • 2017年12月 最高値を記録
    • 2.80USドルと、取引開始時より10倍の値がつきました。

ION(アイオン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

IONの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex
※IONを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

ION(アイオン)の将来性

報酬がもらえるためユーザーはionomで遊ぶことはメリットです。ionomyでゲームユーザーが増えると、優秀なゲームディベロッパーが参入してきて人気ゲームを作ってくれるでしょう。

人気ゲームが増えるとユーザーも増え、必然的に課金ユーザーも増えることになります。
課金額が増えると開発者は報酬が増えるためさらに面白いゲームを作りますし、なにより利益の33%で市場に出回るIONを買い戻してくれます。つまり価格は上がっていく仕掛けになっています。

つまり、ポイントになるのは「課金ユーザーが増えるかどうか」そしてそのためには「面白いゲームが集まるかどうか」が全ての鍵と言えます。
したがって、これは「ニワトリかタマゴ」ですが、ユーザーか開発者を集め、良いループを生むことができればIONは将来性の高いトークンになると言えるでしょう。

ION(アイオン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

IONの今後のロードマップです。

1.コイン・ローンチ

IONの打ち上げは、オープンionomy.comの登録に続いて、プラットフォーム上の最初のゲームリリース。

2.ユーザーの成長を促すゲームリリース

新しいユーザーがプラットフォームに加わり、ゲームの提供が拡大し、プラットフォーム拡張の第1段階が始まります。
Gravityのリリースに続いて、1ヶ月に1つのゲームを目標にして、ionomy.comのゲーム開発者は新しいゲームや機能の開発を続けています。アクションからパズルや単語ゲームに至るまで、リリースでは新鮮で革新的なゲームプレイを提供し、ionomy.comのプラットフォーム特典、インセンティブ、機能を拡張していきます。

3.コインテックとサービスの追加

IONへのコアコードの更新、クラウドファンデーションと開発者向けツールが公開されるようになりました。

4.開発 – CROWDFUNDINGとAPIリリース

デベロッパーAPIへのアクセスが展開され、コミュニティおよび大規模開発者がionomyに貢献し始めます。
ionomy.comは、利用可能な開発者用ツールキットを使用して、あらゆる種類のコーダー、開発者、出版社、コンテンツクリエイターが迅速かつ簡単な方法でionomyに参加できるようにします。

5.ゲームによるIONの継続的な拡大

完全なプラットフォーム技術が導入され、地方分権化が始まります。
幅広いコミュニティ構築サービスが拡大を開始し、イオンやその他のリソースを使用するための新しく革新的な方法を生み出します。

ION(アイオン)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

  1. -1

    […] https://coinnext.net/archives/2351 […]

    2018/01/16(火) 16:33:46

他のコメントの書き込みをみる