仮想通貨(コイン)の Time New Bank(タイムニューバンク)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のTime New Bankの価格・時価総額・出来高

通貨名Time New Bank(タイムニューバンク)
通貨略号TNB
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイトhttps://tnb.fund/

Time New Bank(タイムニューバンク)のローソク足リアルタイムチャート

Time New Bankとは?基本情報

Time New Bankは、Miao’A International Timechain(M.I.T)のプラットフォーム上で使われる仮想通貨です。M.I.Tは、個人の時間を売買できるネットワークの構築を目指すプラットフォームです。

現代社会では、各個人の持つ時間に対し、大きな価値を認めています。そして、各個人の時間価値の上昇は、その人が他者からどのくらい必要とされるかに、大きく依存します。例えば、ある個人が非常に役に立つ場合、その人はさらに必要とされ、その人の時間価値は高まります。
Time New Bankは、個人の時間価値をより正確に表し、時間を求める需要者と提供する供給者を効率よくマッチングしてくれます。また、Time New Bankはブロックチェーンテクノロジーに基づいた仮想通貨です。

プラットフォームの基礎としてのブロックチェーン技術の活用は、分散化や国際化、柔軟な支払い、透明な価格設定、権利やプルーフオブステーク(Proof of Stake, PoS)から構成される、個人の時間の売買ネットワークの構築を目的とするためです。

Time New Bankの特徴・仕組み

M.I.Tは、堅実なマーケット調査と分析を行ったのち、そのチームの強固なオフラインリソースの統合能力と強力なセールス能力を結合して作られました。これは、時間を商品として取引するための発行市場(一次市場)、第二次流通市場、第三次流通市場の3つのマーケットからなる包括的なネットワークを組織した、ブロックチェーン技術に根ざした包括的なプラットフォームサービスです。
このプラットフォームの基礎となる標準システムには以下の3点の特徴・仕組みがあります。

  • 科学的かつシステマチックな分析モデルの採用
  • 個人の時間を売買できる分散型の売買ネットワークを利用
  • 時間の売り手がどれくらい認識され、どれくらい必要とされるかを適切に時間価値に反映

この標準システムによりM.I.Tのプラットフォームは成り立っており、以下のようなプラットフォーム構造とエコシステムをもちます。

Time New Bankのプラットフォーム構造

時間の買い手は、M.I.Tのプラットフォーム上でポジションを取り、時間の売り手から必要な時間を購入することができます。
取引が成立したのち、時間の買い手はその時間を利用することも、第2次流通市場に時間を送ることもできます。
投資家は第三次流通市場を通して、商品に投資することもできます。
このようにして、マーケット内で複層化が実現されます。

M.I.Tのエコシステム

M.I.Tは、相当数の買い手だけでなく、相当数の質の高い時間の売り手や円熟した時間資産の管理者、投資家などとも繋がっています。
そして、業界のリソースの活用や信用構築の架け橋、価値の伝達に特化することで、産業界全体の発展に貢献しようとしています。
M.I.Tのプラットフォームは、基礎となるブロックチェーン台帳や時間商品を公開するプラットフォーム、時間商品の発行を行うプラットフォーム、時間商品の取引所、時間資産の取引所、APIなどから成り立ちます。
Time New BankはM.I.Tのエコシステム内で、価値を伝送する媒体として機能します。

Time New Bankの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年11月27日
  • 取引開始時価格:0.033884$
  • 直近価格   :0.085105$
  • 最高値    :0.107988$(2017年12月18日)  取引開始時価格の約3倍!
  • 最安値    :0.022331$(2017年11月30日)  取引開始時価格から約33%の下落!

ICO後、価格は低調なまま推移しておりましたが、2017年12月のアルトコインの上昇期に合わせ、Time New Bankも価格を上げてきております。
一時は、取引開始時価格の3倍以上となる0.107988$まで高騰しました。
この高騰の流れを受け、直近でも取引開始時価格の2倍以上の価格で推移しています。

Time New Bankの買い方・売り方・購入方法・取引所

Time New Bankの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Time New Bankを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Time New Bankを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Time New Bankの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Time New Bankの将来性

昨今の日本の労働市場改革の中で、時間主義から成果主義への移行は大きな論点の1つとなっています。
これは、成果に応じた給料をもらい、評価されることで、社会問題の1つである長時間労働と低い労働生産性を改善しようとするものです。
世界的にもこういった論調や仕組みが出来上がっている中で、Time New Bankの仕組みは、この流れとは逆行するように感じます。
しかし、日本でもメタップスが個人の時間の売り買いの市場を作ったりと、同様の動きは存在しており、時間と価値をめぐる近年の動きは非常に興味深いものを感じます。
この興味深い動きの中に位置するTime New Bankもまた、非常に興味深く、プラットフォームのローンチと実際の活用まで目が離せないサービスだと思います。

Time New Bankの最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後の予定としては、6ヶ月以内にM.I.Tのデモバージョンの公開を予定しています。
そしてその2ヶ月以内にバージョン1.0がローンチされる予定です。

Time New Bank(タイムニューバンク)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる