仮想通貨(コイン)の AirSwap(エアスワップ)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のAirSwapの価格・時価総額・出来高

通貨名AirSwap(エアスワップ)
通貨略号AST
公開日2017年10月10日
システム-
発行上限枚数5億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)

,Liqui,Huobi,Gatecoin,Ether delta,Yobit
公式サイト

AirSwap(エアスワップ)のローソク足リアルタイムチャート

AirSwap(エアスワップ)とは?基本情報

AirSwapは、イーサリアムベースのERC20トークンを取引するためのP2Pプロトコルである「SWAPプロトコル」を実装する分散型取引プラットフォームです。

AirSwapで使用されるトークンは、ASTと呼ばれ、AirSwapプラットフォームの土台の一部を構成しています。

Airswap は2017年の4月Michael Oved とDon Mositesの2人により設立され開発が開始されました。現在は、創設者2人を含む6人のエンジニアたちにより開発が続けられています。

設立から7ヶ月後の2017年の10月10日にICOを開始しました。

AirSwap(エアスワップ)の特徴・仕組み

Airswapの特徴・仕組みは、以下です。

  • プライバシーの確保
  • 安全な取引
  • 公平にして公正

プライバシーの確保

ブロクチェーン技術は、オンラインP2Pの価値を取引するための技術として開発されています。 Airswapは、世界的にアクセス可能な無摩擦のネットワークと同じブロックチェーンのパワーを利用し、プライバシーを十分に確保しながらP2P間の安全な取引を実現します。

AirSwapの最も重要な目標は、AirSwap IndexとOracleサービスを通じて、トークン取引プロセスにおける摩擦を減らし、効率を向上させることです。 AirSwap Indexは、トレーダーが「取引意思」を表明するか、既に発見可能になった他の人を検索することによって、お互いを発見することができます。 AirSwapオラクルは、価格データを提供し、取引の価格設定や価格確認を容易にします。

安全な取引

集中化された取引所は、不正行為、フロントランニング、および攻撃を受けます。 Airswapは、第三者に暗号化資産を保持することを依頼しないため、ユーザーは安全に資産を管理できます。暗号を保持する第三者への委託は大きなリスクを伴い、Airswapは集中化された取引所を通さずにP2Pに分散された取引を実現することでこの問題を解決しました。

公平にして公正

AirSwapは、イーサリアムトークンを取引するためのピアツーピアプロトコルであるSwapプロトコルに基づいています。 既存の交換設計の多くは、フロントランニングおよび競合状態に苦しんでいます。 AirSwapは公平性を念頭に置いて構築され、これらの問題を回避します。

フロントランニングとは、投資家からの注文を受けた証券会社のトレーダーが、顧客の注文の前に自己売買の注文に先に出し、顧客分の注文を出して株価が上昇したところで自己売買分の注文を売り抜け不正に利益を得る行為です。個々の顧客が証券会社を介さずにP2Pで直接売買することができればこの問題は回避することが可能です。

AirSwap(エアスワップ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年10月10日
  • 取引開示価格:$0.30USD
  • 直近価格:$0.357809USD(2017年12月28日)
  • 最高値:$0.473276UDS(2017年12月23日)
  • 最安値:$0.183603(2017年10月28日)

2017年10月10日の取引開始後、価格を上げたもののその後下降基調に突入し、2017年10月28日には最安値を更新、取引開示価格を大幅に下回る0.183603USDを記録します。その後も2017年11月までは値が戻らず、12月に入って再度上昇基調に入ります。

その後、2017年12月23日に年初来高値の0.473276USDを記録しますが、その後調整が入り2017年12月28日現在では$0.357809で推移しています。

AirSwap(エアスワップ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

AirSwapの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス),Liqui,Huobi,Gatecoin,Ether delta,Yobit

AirSwapを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. AirSwapを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

AirSwapの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

AirSwap(エアスワップ)の将来性

Airswapは開発資金調達のために、設立からわずか7ヶ月でICOを行いました。この後、大きく値を下げ、ICOの失敗例として語らてきましたが、ここのところ価格は上昇基調にありこの失敗を打ち消しつつあります。

Airswapの完全に分散されたP2Pプロトコルによる取引は他の暗号通貨にはないユニークなものです。ICOにより開発資金を得たことから今後、ロードマップどおりに製品がリリースされるならば非常に期待できるでしょう。

AirSwap(エアスワップ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Airswapの今後のロードマップを以下に示します。

  • ASTトークンの提供: 2017年10月10日にAirSwapトークンを起動するためのスワップピアプロトコルとスマートコントラクトはリリース済です。
  • Index :開発中。 β版は2017年第3四半期、製品版は2018年第1四半期の予定。Swap Indexには取引しようと考えるトークン保有者の検索可能な Indexを含みます。
  • Oracle:開発中。 β版は2017年第4四半期、製品版は2018年第1四半期にリリース予定です。Swap Oracle は、交渉プロセスを容易にするための価格設定データです。
  • Trading Front End:開発中です。 β版2017年第4四半期、製品版は2018年第1四半期にリリース予定です。IndexとOracleのインターフェースを取ります。トレーダーを検索します。
  • Market Maker API: 2017年第4四半期に開発をはじめます。2018年第1四半期にリリース予定です。Indexを持つトレーダーと取引を結びつける機能です。
  • Partner Network API:2018年第1四半期に開発が開始され、第2四半期にリリース予定です。Indexを製品に統合し、ユーザーにトークン取引を提供するためのAPIです。

AirSwap(エアスワップ)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる