仮想通貨(コイン)の ReddCoin(レッドコイン/RDD)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のReddCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名ReddCoin(レッドコイン)
通貨略号RDD
公開日2014年1月26日
システムProof of Stake Velocity
発行上限枚数270億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

Bittrex,Yobit,,Bleutrade,Novaexchange
公式サイトReddCoinの公式サイト

ReddCoin(レッドコイン)のローソク足リアルタイムチャート

ReddCoin(レッドコイン)とは?基本情報

ReddCoinは、一言で言うと「ソーシャルプラットフォームと結びつく“チップ”プラットフォーム」上で利用できる仮想通貨で、通貨の単位はRDDです。

投げ銭サービスのように「支払って何かをしてもらう」サービスではなく、「既存の、良いと思ったコンテンツのホルダーにチップを支払う」というもので、まさに「チップ」をデジタル通貨(RDD)で支払うことができるサービスです。

※速報!2018年1月24日、アメリカ格付け機関「Weiss」による仮想通貨レーティング(格付け)が発表され、レッドコインは「C-」を獲得。なお、その他の同ランクは「ビットコインキャッシュ(BCH)」など。

ReddCoin(レッドコイン)の特徴・仕組み

ReddCoinはデジタルチッププラットフォームです。各ソーシャルメディアと連携をして、気に入った投稿をしたユーザーに対してチップとしてReddCoinを送ることができます。

特徴は大きく分けて

  • 仮想通貨界で頻発する「送金ミス」を防ぐ
  • 1つのReddCoinを持っていれば各種ソーシャルメディアと連携が可能
  • 複数のサービスごとに登録を行う必要はない

Redd-IDを利用することで送金ミスを防ぐ

ReddCoinを利用するにはまず、ReddCoinへの登録を行います。その際、自分自身のReddCoinアドレスを持ちますが、通常ビットコインやイーサリアムなどの主要なアドレスでは「1または3から始まる27~34文字の英数字」となっており非常に複雑で、送り先を間違える事件が後を絶ちません。

そして送り間違えた場合、ほとんどの場合戻ってくることがありません。(そもそも誰に送ったか、ということの紐付を行うことができないため、世界の誰か知らない人に送られている、という状況になります)

しかし、ReddCoinのRedd-IDでは「個人名」をアドレスにすることができるため、そういった送信先のミスを防ぐことができ、非常にユーザーライクな仕様になっています。

ReddCoinさえもっていれば複数のソーシャルメディアで利用可能

ReddCoinを登録した後、連携したいソーシャルメディアを選び連携することでチップを遅れる世になり、また、ReddCoin-IDを1つ持っていれば、複数のソーシャルメディアと連携することができます。そのため、ソーシャルメディア毎でユニークな登録をそれぞれで行う必要がありません。

ReddCoin(レッドコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 2014年2月 取引開始
    • 0.000035USドルからスタート
      その後若干の高騰はあるものの役3年間値動きはあまりありませんでした。
  • 2017年6月 価格高騰
    • 0.003240USドル
  • 2017年12月 価格高騰
    • 0.013868USドル

ReddCoin(レッドコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

ReddCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

Bittrex,Yobit,,Bleutrade,Novaexchange
※ReddCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

ReddCoin(レッドコイン)の将来性

2017年現在、世界で共通のチッププラットフォームで著名なサービスはなく、ReddCoinは先発優位性を持っていると言えます。

欧米ではチップの文化が根についており、ユーザーとしても受け入れやすいサービスと思われます。ただ、日本を含むその他各国ではチップの文化は根付いていないため、文化の壁を超える必要はあるでしょう。

しかし、日本や中国などの国でも「投げ銭サービス」は普及してきており、土壌としては整ってきています。現在出回っている投げ銭サービスの多くが「投げ銭をするから何かをしてもらう」という、「対価を求めた投げ銭」となっているため、チップの本質とは少々異なるようにも感じられますが、ReddCoinが受け入れられやすい流れは徐々に来ていると言えるでしょう。

ReddCoin(レッドコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

※随時更新予定

公式サイト

ReddCoin(レッドコイン/RDD)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる