仮想通貨(コイン)の TokenCard(トークンカード/TKN)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のTokenCardの価格・時価総額・出来高

通貨名TokenCard(トークンカード)
通貨略号TKN
公開日2017年5月6日
システム-
発行上限枚数4230万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Liqui,Hitbtc,Livecoin,,Ether delta
公式サイト

TokenCard(トークンカード)のローソク足リアルタイムチャート

TokenCard(トークンカード)とは?基本情報


TokenCardは、2017年5月に取引が始まった、まだ歴史の浅い仮想通貨です。略号表記はTKNです。

TokenCardは、ATMを含む世界中の決済端末で使用可能なデビットカードです。TokenCardのカスタマーは、ERC20と互換性のあるコントラクトウォレットが付帯された自分のカードを返済や資金提供などに利用することができます。

TokenCardを使用することで、ユーザーはETH、TKN、REP、MKR、DGD、ICN、MLN、GNT、1ST、SNGLSのトークンのうち、最大5個のトークンをコミュニティに追加することができます。

TokenCardは限られた時間で、TKNトークンを生成します。プレセール中に一定数が作成され、その後はそれ以上は作成されません。

TKNトークンは、追加のライセンス料を支払うことなく、TKNを利用した取引のためにTokenCardを使用する権利をTKN所有者に提供します。

ただし、TKN以外のトークンを使用してTokenCardで行われた支払いは、トークンカードプロジェクトの一環として開発されたソフトウェアプロトコルの使用に対する報酬としてライセンス料の支払いを条件として、カード発行パートナーによって課される取引手数料が課されます。

TokenCard(トークンカード)の特徴・仕組み

TokenCardは、仮想通貨とデビットカードを繋げるブロックチェーンプロジェクトであり、どこでも仮想通貨が使えるになる世界を目指しています。その特徴は下記になります。

  • Cash & Burn
  • TKNの生成イベント

Cash & Burn

いつでも、TKNの所有者は、TKNを「Cash & Burn」することができます。

これにより、TKNの保有者はTKNトークンを償却する代わりに、TKNアセットコントラクトによって保有されているトークン量に比例してライセンス料を受け取ることができます。

保有者はTKNを取り消しできない形で償却し、引き換えにTKNアセットコントラクトはそれぞれのトークンを保有者に移転します。

TKNの生成イベント

TokenCardは、最初のトークンパートナーからイーサリアムおよび他のトークンと引き換えに、450万ドルのTKNトークンを生成することを目指しています。TokenCardは、トークン経済の将来にむけて、最初に様々なトークンを使用できる土壌を作り出すプロジェクトであることを目標にしています。

手短に言えば、トークンは早期購入者に対して150TKN:1ETHから100TKN:1ETHの間で、販売されます。上限に達すると、TokenCardの開発チームが24時間TKNを生成し、販売します。これによって、満遍なくTKNトークンが流通するようにしました。

TokenCard(トークンカード)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年5月7日
  • 取引開始時価格:0.971281$
  • 直近価格   :1.67$
  • 最高値    :3.89$(2018年1月11日) 取引開始時価格の約4倍!!
  • 最安値    :0.472517$(2017年7月17日) 取引開始時価格から約50%以上下落!!

TokenCardは、2017年5月に取引が始まりました。

取引開始当初から、価格が大きく乱高下し、波を打ちながら推移します。7月に入ると下落基調へと転じ、7月17日には取引開始時価格から約50%以上下落した最安値を記録します。

この最安値後、少しの間上がり下がりの攻防を繰り返したのち、大きく上昇し、価格帯を押し上げます。その後も一進一退で推移しますが、12月後半には仮想通貨業界全体の盛り上がりがあり、大きく推移していきます。

そして、年明けの1月11日には取引開始時価格の約4倍となる最高値を記録します。この最高値後仮想通貨業界が下落へと転じたのに伴い、TokenCardも同様に下落基調へと転じ、急落していきます。3月末に一応の底値をつけたのち、価格が大きく反発し、現在も上昇基調に向けた動きを示しつつあります。

しかし、以前価格動向は不透明であり、取引には注意が必要だと思われます。

TokenCard(トークンカード)の買い方・売り方・購入方法・取引所

TokenCardの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Liqui,Hitbtc,Livecoin,,Ether delta
※TokenCardを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

TokenCard(トークンカード)の将来性

デビッドカードと仮想通貨、トークンを繋げるTokenCardは、非常に興味深いプロジェクトだと思います。仮想通貨は昨年の大きな高騰により、世界的に大きな注目を集めていますが、まだ一般利用する機会が少ないというのが現状です。

そういった中で、デビッドカードとつなぎ、利用のしやすい状況を作り出すとは、大きな意味を持つと思います。今後も注目していくと面白いと思います。

TokenCard(トークンカード)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されていません。

TokenCard(トークンカード/TKN)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる