グローバルコンサルタントDNVは、ヴィーチェーンに投資

Translate this article into English

シェアする


ノルウェーに拠点を置くレジストラ組織DNV GLは、既存の業務関係の拡大の一環としてブロックチェーンのスタートアップヴィーチェーン(VeChain)に投資をしました。

ヴィーチェーンのCEO、サニー・ルー(Sunny Lu)は、コインデスク(CoinDesk)に、ヴィーチェーンのネットワークを使用してサプライチェーン管理データを安全に保管するパートナーシップを継続すると述べました。

この動きは、ヴィーチェーンネットワークへの最初の企業投資の1つになると彼は付け加えました。

さらに、DNVはヴィーチェーン・オーソリティー・マスターノード(VeChain Authority Masternode)の最初の所有者になる予定です。これは、ヴィーチェーン・トーア(VeChainThor)の公開ネットワーク上の101のオーソリティー・マスターノード(Authority Masternodes)を管理することを意味します。

DNVのルカ・クリスチオッティ(Luca Crisciotti)最高経営責任者(CEO)はコインデスクに対し、この投資は既存のプロセスを改善することを目的としたものだと語りました。この場合、ヴィーチェーンのネットワークをより効率的に使用すると述べています。

さらに、両社はヴィーチェーン・テクノロジーを使用してDNVクライアント用のサプライチェーンプロダクトを構築する予定です。

「安全性とスピードのバランスをとるソリューションをヴィーチェーンに提供することができます」とクリスチオッティ氏は説明しています。

「私たちの使命は、プロダクトがシェルフに到達し、最終的に消費者に届いていることを確認する能力です。私たちが顧客に提供するのはコミットメントです。」

DNVのヴィーチェーンとの最初の合意は、コインデスクによって以前に報道されたように、食品、飲料、ファッション、および小売り製品をより効率的に追跡することを目的としていました。

クリスチオッティ氏は、ヴィーチェーンのスピードがスタートアップを選ぶ理由として次のように述べています。「迅速なブロックチェーンが必要でした。そして、ヴィーチェーンとともに、私たちはそれをすることができます。」

このニュースは、DNVの最新のブロックチェーン空間における動きを示しています。クリスチオッティ氏コインデスクkに、昨年、1人のパイロットがプライベートブロックチェーン上のレジストリ発行証明書を発行したと話しました。

VeChain(ヴィチェーン)とは?基本情報 VeChain(通貨単位:VEN)はブロックチェーンの情報を改ざんすることができない...

Global Consultant DNV Invests in Blockchain Startup VeChain