仮想通貨(コイン)の WeTrust(ウィートラスト/TRST)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のWeTrustの価格・時価総額・出来高

通貨名WeTrust(ウィートラスト)
通貨略号TRST
公開日2017年4月18日
システム-
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Liqui,Livecoin,Hitbtc
公式サイト

WeTrust(ウィートラスト)のローソク足リアルタイムチャート

WeTrust(ウィートラスト)とは?基本情報

WeTrustは共同貯蓄保険プラットフォームです

WeTrustはイーサリアムブロックチェーンを利用して、金融システムを構築し、手数料の削減・インセンティブ構造の改善・リスク分散・大きな金額を参加者に還元することを目標としています。

WeTrust(ウィートラスト)の特徴・仕組み

Wetrustの特徴は以下になります。

  • 誰でも利用しやすい分散型金融サービスプラットフォーム
  • 状況に応じて、ユーザー同士が相互融資を行う
  • ROSCA により、多くの資本にアクセスできる

we trust は「貸し出しサークル」と呼ばれており、グループ内で個人が貸す側および、借りる側になり、信頼のもとで、お金の貸し借りをするシステムです。

WeTrustは世界中に20億人いると言われている非銀行口座保有者向けに、共同貯蓄保険プラットフォームの構築を目指しています。

既存の金融機関の場合、利用者の職業や信用力によってサービス内容が変化しますが、WeTrustでは銀行のような第三者機関を介しません。その代わりに個人間の信用をもとにグループを作り、貯蓄・保険サービスを提供しようとしています。

Trusted Lending Circles、ROSCAとは

wetrusut の最初のサービスは、Trusted Lending Circlesと呼ばれる借入サービスです。

また、ROSCAとは、ローテーション・セービング・アンド・クレジット・アソシエーション(Rotating Savings and Credit Association)の略で、相互援助形態の一つで、状況に応じて、ユーザーが資金を借りることを可能にする相互融資プラットフォームです。

Trusted Lending Circlesが成り立つ仕組み

  1. 共同債券確立のためにまず、家族関係、文化、言語、宗教のようなある程度の信頼を持つ個人が集まり、ROSCAを形成します。
  2. 定期的に行われる各会議で、ROSCAのメンバーは、各メンバーが均等に事前に決められた金額を寄付する形で資金を集めます。
  3. そのうちの1人(通常、最も緊急に資金が必要な人)が、まず借入可能になります。
  4. 次回の会議では、異なるメンバーが資金を受け取って、そのプロセスが繰り返されます。

このシステムでは、最初に借り入れをした人には少しの料金が課され、その料金は最後に借りた人に与えられるようになってます。この仕組みを使えば、銀行などの金融サービスにアクセスできないユーザーも貯蓄・借入ができるようになるということです。さらに借入の手数料も安く抑えられ、より多くの資本にアクセスできるようにします。

また、さらなるメリットとして、ROSCAのメンバーは、グループであるため、社会的要素が作用するということです。他のROSCAメンバーとの緊密な関係があるため、融資を返済する責任感も大きくなる傾向にあります。

Trusted Lending Circleでは、グループ内に一人責任者を設定し状況に応じてメンバーの追加などといった操作を行います。例えば、現存のメンバーだけでは目標金額に到達しそうにないと判断した場合は、新たな参加者をWeTrustネットワーク上から見つけてくるというような仕事です。

WeTrust(ウィートラスト)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年4月22日
  • 取引開始価格 :1TRST=0.073290USD
  • 直近価値   :1TRST=0.267945USD(2018年4月20日)
  • 最高値    :1TRST=1.25USD(2018年1月14日)
  • 最安値    :1TRST=0.073053USD(2017年4月23日)

取引開始からちょうど1年ほどたった仮想通貨です。取引開始直後は少しの高騰下落がありましたが、大きな変化はありませんでした。しかし、2017年11月ごろから急激な右肩上がりになり、2018年1月には最高値を更新しました。

価格は取引開始直後の20倍ほどです。その後はまた急激な下落に転じましたが、現状でも最高値の4分の1程度の価格で落ち着きを見せています。

WeTrust(ウィートラスト)の買い方・売り方・購入方法・取引所

WeTrustの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Liqui,Livecoin,Hitbtc
※WeTrustを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

WeTrust(ウィートラスト)の将来性

信頼をベースとしているということなどから、日本でいう「無尽」のシステムの様ですが、ブロックチェーンの特性である改ざん不可能性によりさらなる安全性があります。

参加者はインターネットにアクセスできる全世界の人ということで、見知らぬ人に個人情報を公開し、グループを組むことともなりえます。それに対する抵抗・問題視も浮上しているようです。

WeTrust(ウィートラスト)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ロードマップによると、Trusted Lending Circlesの他にも相互保険サービスなど3つのサービスを発信予定の様です。具体的な日にちは記述されておらず、資金などによって、進行速度・順序は変更していくようです。

また、公式HPのブログページでは30~40日ごとに更新されており、仮想通貨界に関する知見が記載されています。

WeTrust(ウィートラスト/TRST)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる