仮想通貨(コイン)の SONM(ソン/SNM)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のSONMの価格・時価総額・出来高

通貨名SONM(ソン)
通貨略号SNM
公開日2017年6月15日
システム-
発行上限枚数4億4400万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Liqui,Hitbtc,Yobit,Kucoin,Coss,Novaexchange,Tidex
公式サイト

SONM(ソン)のローソク足リアルタイムチャート

SONM(ソン)とは?基本情報

SONM(Supercomputer Organaized by Network Miningの略称)は、イーサリアムを基盤に、マイナーが自分らのコンピュータパワーをピアツーピアネットワークで販売することができるネットワークです。各コンピュータパワーを集積することで、スーパーコンピュータと同等の計算力を生み出し、活用しようとするものです。
安全かつコスト効率の良いSONMのフォグスーパーコンピュータは、モバイルアプリのホスティングから動画配信、DNAの解析まで、様々な用途に活用できる汎用のスーパーコンピュータとしてデザインされています。

このSONMのプラットフォームを利用するMinersとBuyersの利用方法や利点は以下のようになります。

Miners

SONMは、Minersがみんなのためにネットワーク上で計算を実行することでSONMのトークンを稼ぐ機会を提供します。
世界中のいかなる場所であろうとも、またCPUやGPU、Playstationmやスマートフォンでさえも、フォグネットワークに参加し、SONMのアプリケーションを経由して、ピアツーピアでコンピュータパワーを販売することでメリットを得ることができます。

Buyers

Buyersは費用対効果や安全性、スケーラビリティーの観点で中央集権的なクラウドサービスの代わりになるものとして、SONMのフォグコンピュータを使用で利益を得ることができます。インフラや従業員は必要なく、データは各マイナーのコンピュータに分散し、暗号化され、保存されます。Buyersはプロジェクトに必要であったり、予算に沿ったレンタル時間やコンピュータアーキテクチャを選ぶことができます。

SONM(ソン)の特徴・仕組み

SONMのエンジニアは、イノベーティブなテクノロジーを創造するために最高のテクノロジーを組み合わせ、このプラットフォームを作り出しました。
SONMのアーキテクチャーには以下の特徴・仕組みがあります。

  • イーサリアムのスマートコントラクト
  • フォグコンピューテイング
  • Yandex.Cocaine
  • Docker Container
  • BtSync
  • Whisper

イーサリアムのスマートコントラクト

システムの傘下に透明性と安全性を保証するコンセンサス方式を採用し、全体での合意を重視します。

フォグコンピューティング

クラウドコンピューテイングに比べ、分散化し、より効率的なコンピュータモデルである、フォグコンピューティングを採用しています。

Yandex.Cocaine

オープンソースのプラットフォームサービスPaaS(Platform-as-a-Service)テクノロジーと分散化したコンピュータプラットフォームです。

Docker Container

コンピュータの並列性を保証する孤立した環境と、どのような機器でも動く適切なアプリケーションです。

BtSync

早く、かつ安全なデータ送信を可能とするピアーツーピアシステムです。

Whisper

ノード間のコミュニケーションのためのピアーツーピアテクノロジーです。

SONM(ソン)の相場・チャート・高騰/暴落情報


ICO後、低調な価格で推移し続けておりましたが、2017年12月の他の仮想通貨の値上がりに合わせ、SONMの価格も上がっております。
直近では30%超の上昇率を記録し、0.30$を超え、0.4$も視野に入る状態となっています。

SONM(ソン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

SONMの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Liqui,Hitbtc,Yobit,Kucoin,Coss,Novaexchange,Tidex

SONMを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. SONMを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

SONMの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

SONM(ソン)の将来性

コンピュータの誕生以来、計算力の向上は常に存在した問題の一つです。
汎用コンピュータではムーアの法則で有名な半導体の性能向上が近年の計算力の向上を引っ張ってきました。
また、「京」で有名なスーパーコンピュータの開発合戦も未だに各国が国の威信をかけて取り組んでおります。
そのような中で、SONMのような分散コンピューティングシステムは、その効率性や低コスト面などで、以前から注目を集めていましたが、ボランティアのような側面が強く、なかなか普及していませんでした。
このSONMは、分散コンピューティングにかけていたインセンティブを仮想通貨という形で新たに付与している点で、分散コンピューティングを加速させる可能性があり、世界の遊休資産の有効活用とさらなる計算力の獲得に繋がりうるものとして、今後、非常に楽しみなものであると思います。
一方で、その反面、計算力向上の問題を瞬時に解決し、既存のコンピュータを遥かに凌駕する技術である、量子コンピュータの研究も着々と進んであり、これがSONMの最大の脅威になりうると考えられます。量子コンピュータの開発には今後、さらなる年月が必要とされると言われておりますが、コンピュータの誕生以来、絶え間なく追求されてきた計算力の向上という問題に、大きな影響を与えうるものとして、SONMは今後も注視していくに値する存在だと思います。

SONM(ソン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年12月25日クリスマスの日にSONMのテスト用のネットワークがローンチされます。
まだ、テスト段階ですが、一つの形になりつつあるという点で、このテストの結果は非常に注目に値するものだと思います。

SONM(ソン/SNM)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 2件

  1. 1

    匿名 ID:1c627c7cd 返信

    https://twitter.com/sonmdevelopment/status/958354121102319617
    香港でイベントっぽいのやってたみたいだけど、無風だったな

    2018/01/31(水) 16:19:13

  2. 0

    匿名 ID:1c627c7cd 返信

    一昨日手放しとくべきだったか。。昨日今日落ち続けてる

    2018/01/31(水) 16:18:42

他のコメントの書き込みをみる