仮想通貨(コイン)の Kin(キン)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のKinの価格・時価総額・出来高

通貨名Kin(キン)
通貨略号KIN
公開日2017年9月12日
システム-
発行上限枚数10枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Ether delta,Mercatox,Coss
公式サイト

Kin(キン)のローソク足リアルタイムチャート

Kin(キン)とは?基本情報

  • カナダ大手メッセージアプリKikが作成した仮想通貨
  • 分権的デジタルサービス

仮想通貨であるKinは英語の”kinship”を語源としており、人と人とのつながりという意味があります。仮想通貨Kinは新しいシェア経済の中で人と人をつなぐためにデザインされ、デジタルサービスの非中央集権的なエコシステムの基盤として働くものとされています。

この仮想通貨はカナダの大手メッセージアプリ会社のKikにより発行されました。この会社は2009年に創業、3億人のユーザーを抱える大企業です。KikというメッセージアプリはLINEのようなソーシャルネットワーキングサイトで、アメリカの10代の若者の間で特に人気です。

Kinはこの会社が運営するソーシャルネットワーキングサービス、Kikの中で使用されます。非中央集権的なKikエコシステムでは、高いガバナンスを保つためKin基金を設立し、利用者全員の意見とニーズが反映されるようなシステム作りを目指しています。

Kin(キン)の特徴・仕組み

Kinの特徴・仕組みは大きくつあります。

  • 有力企業が発行する仮想通貨
  • Kikデジタルサービス内で利用できる

Kinは有力企業が発行する仮想通貨ということで、信頼性の高い通貨として話題となりました。今年Kikがトークンセールを発表した際には、2017年9月26日までに世界117の国から一万人以上が同社のトークンを購入し、会社は約1億ドルを集めました。

Kinは、ソーシャルメディアや支払い、チャットなど日々のKikデジタルサービスを使用する際に必要な通貨として位置づけられています。Kinエコシステム内全ての取引に対する計算通貨となり、他サービスとの相互運用の基準となります。KinはERCトークン20としてイーサリアムブロックチェーンに導入されています。

Kinウォレットというお財布アプリを開発し、それをKikデジタルサービス内で利用できる流通通貨とするシステム作りに現在取り組んでいます。

Kin(キン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

ここでは、Kinの価格推移を見ていきたいと思います。Kinは他の仮想通貨と比べ比較的新しいもので、今後Kinの母体であるKikの発展に合わせて、更なる成長が期待できると思われます。

2017年9月(取引開始)

Kinは2017年7月27日に、USD0.000093から取引を開始しました。

2017年11月(最安値記録)

その後変動しながらも下落を続け、同年11月3日に最下値のUSD0.000040を記録しました。これは取引開始値の半分以下となります。11月後半は再度変動を繰り返しながらも少しづつ上昇し始めました。

2017年12月(上昇期)

12月後半には急激に上昇を始めました。12月17日には取引開始値を超えるUSD0.000108へ上がり、19日にはUSD0.000165と今までの最高値を記録しました。

Kin(キン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Kinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Ether delta,Mercatox,Coss
※Kinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Kin(キン)の将来性

Kinの将来性について、以下2つの視点から考察していきたいと思います。

  • 仮想通貨Kinの母体となるKikの安定性
  • KinをKikデジタルコミュニティー内の通貨として利用

Kikは有力なデジタルサービスプロバイダーであり、10億ドルの企業価値があるとされる有力企業です。Kinは実績のある企業が発行する仮想通貨ということで、その信頼性の高さが評価されて、注目を浴びています。

将来、Kikユーザーはブログ投稿やデジタルコンテンツ利用を通してKik デジタルコミュニティのメンバーに価値を提供することで Kin を獲得できるようになります。

また、Kikコミュニティー内で企業や一般の参加者が提供する商品やサービスに Kin を使用することができるようにもなります。KinをKikデジタルサービス内に流通する通貨として使う、例えば出前や通信販売を利用する際にKinにて支払いをしたりすることができるようになるそうです。

実際にKin開発者たちは、2015年から2016年の1年間、”Kikiポイント”というポイントシステムをKikiユーザーに配布し、上記のようなサービスを試験的に導入しました。これは大成功をおさめ、高い需要が見込めると証明されました。

このことから、プロジェクトは実現段階にあるとも言え、高い将来性が見込めます。

Kin(キン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Kinはまだ新しい仮想通貨であるため、まだ開発途中であるとも言えます。今後の課題について以下の点が挙げられます。

Kikエコシステムの更なる拡大を目指す

前述のプロジェクトの成功のために、Kikiエコシステムの拡大も長期的な目標とされています。より多くの企業、個人が参加するにつれてKin エコシステムのネットワーク効果が高まり、通貨の価値が構築されます。このコミュニティーに参加することをさらに促すようになるためです。

Kin(キン)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる