仮想通貨(コイン)の Asch(アッシュ/XAS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のAschの価格・時価総額・出来高

通貨名Asch(アッシュ)
通貨略号XAS
公開日
システムProof of Existence
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bit z
公式サイト

Asch(アッシュ)のローソク足リアルタイムチャート

Asch(アッシュ/XAS)とは?基本情報

Asch(アッシュ)はイーサリアムのモデルを基にして開発された仮想通貨で、暗号通貨記号は「XAS」です。

2016年1月1日にアッシュのプロジェクトが開始されました。

開発チームについてはっきりと明記されていませんが、パートナー企業が中国の企業ばかりであることと、公式サイトの言語が英語と中国語であることから、中国人によって構成されているチームなのだと推測できます。

Asch(アッシュ/XAS)の特徴・仕組み

Asch(アッシュ)にはさまざまな特徴があります。

  • コンテンツ公開プラットフォーム
  • Exchangeプラットフォーム
  • 公的寄付

コンテンツ公開プラットフォーム

インターネット上では、大企業はユーザーの読書習慣を分析して関心のあるコンテンツを提供し、ユーザーの行動を活用することができます。しかしそれと同時に、このアルゴリズムはニッチ(規模の小さな市場)を作成し、ユーザーは選択と認識の権利を結果的に奪われてしまうことになります。

そこでブロックチェーンの分散化機能を使用することで、ユーザーグループ内の交流が生まれ、コミュニティの最も興味深いニュースを認識・選択することができるようになります。

これにより、”高品質のコンテンツを識別して実現する”という困難であった問題が解決されるのです。したがって、その価値はクリエイターと配信者に還元され、参加者全員が共有できるものとなります。

Exchangeプラットフォーム

分散型ブロックチェーン技術をベースにした交換プラットフォームは、Aschのエコロジーの重要な部分です。

Aschは、サイドチェーン技術をベースとした次世代のブロックチェーンアプリケーション開発プラットフォームです。プラットフォーム上では、多くの優れたプロジェクトと多くの異なるタイプのトークンが作成され、開発されます。

現時点では、交換プラットフォームのシステムと機能は、分散、仲介解除、安全性、低料金、匿名性、スケーラビリティなどの幅広い機能を備えているため、多くのユーザーの基本的な要求を表していません。

サイドチェーン技術を使用すると、Bitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)などの高品質プロジェクトが相互接続され、デジタル資産の流通を円滑にしながら、それらの間の分離を排除できます。

公的寄付

公的寄付の本質は、社会的富の再分配のプロセスです。

富の再分配の目標、金額、実行は、公的機関によって決定されます。現在、公共福祉分野における最大の矛盾は、公的寄付の需要と非営利団体の信頼性の喪失です。

ブロックチェーンの分散、透明性、不変性の本質的な特徴は、受け入れ、寄付、そして一般に公開されている他のすべての活動を行い、ドナーとエグゼクティブの間の不信を解消するところにあります。

Asch(アッシュ/XAS)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日 :2017年4月2日
  • 取引開示価格:0.019885$
  • 直近価格  :0.900753$
  • 最高値   :1.80$(2017年12月21日)
  • 最安値   :0.017381$(2017年4月8日)

取引開始から1ヶ月半ほどは伸び悩んでいましたが、2017年6月に急激な成長を見せました。

その後上下を繰り返しつつも、2017年末から2018年2月にかけてさらに価格を上げ、現在はすこし落ち着いています。

Asch(アッシュ/XAS)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Aschの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bit z
※Aschを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Asch(アッシュ/XAS)の将来性

公式サイトで発表しているロードマップを参照すると、計画的に着実にプロジェクトが進められていることが分かります。

また、プロジェクトの概要を示す「White Paper(ホワイトペーパー)」もしっかりと作りこまれ、開発チームの理念が示されています。

そしてユーザーとのコミュニケーションを図るコミュニティやメッセージボードも完備され、質問への回答も積極的になされています。

このような強固なプロジェクト体制が整えられている仮想通貨には今後が期待できます。

サイドチェーン技術をベースとしたブロックチェーンアプリケーション開発プラットフォームであるAsch(アッシュ)は、次世代の仮想通貨として注目されるでしょう。

Asch(アッシュ/XAS)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Asch(アッシュ)にはFacebook、TwitterなどのSNSコミュニティがあり、ほぼ毎日更新されています。

2018年2月には「2018年グローバル(上海)ブロックチェーン・アプリケーション起業家コンテスト」に参加しています。

また、「Asch Weekly」と題して一週間ごとのAsch(アッシュ)の価格変動やコミュニティの動向、プロジェクト進行についてのまとめを発信しています。

最新の情報を入手する時には以下のリンクからSNSを確認してください。

Twitter:https://twitter.com/AschPlatform

Facobook:https://www.facebook.com/AschHQ

Asch(アッシュ/XAS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる