仮想通貨(コイン)の Enigma(エニグマ)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のEnigmaの価格・時価総額・出来高

通貨名Enigma(エニグマ)
通貨略号ENG
公開日2017年7月28日
システム-
発行上限枚数1億5000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Enigma(エニグマ)のローソク足リアルタイムチャート

Enigma(エニグマ)とは?基本情報

Enigmaはマサチューセッツ工科大学で開発されており、プロジェクト開始当初から、注目を集めていました。Enigmaでは分散型のオープンで安全なデータ市場を生み出し、新たなデータの共有・集約・収益化の方法を展開しています。

  • 通貨名(通貨単位):Enigma(ENG)
  • 最大供給量:150,000,000 ENG
  • 現在の供給量(記事作成時):74,836,171 ENG
  • システム(アルゴリズム):-
  • 公開日:2017年7月28日
  • 公式サイト:https://enigma.co/

Enigma(エニグマ)の特徴・仕組み

Enigmaには以下のような特徴があります。

  • 分散型のオープンで安全なデータ市場を生み出し、データの提供と消費を可能にする
  • 収益性の高いデータ駆動型投資戦略を構築する
  • データの共有、集約、収益化の方法に革命をもたらす

分散型のオープンで安全なデータ市場

エニグマは、分散型クラウドコンピューティング技術で、データのプライバシーを保護しながら計算を可能にする独自の技術を開発しています。現在のブロックチェーン技術ではデータをチェーン上に保存することはできないので、ほとんどのデータは、中央データベースにオフチェーンで保存する必要性が出てきます。

そこでエニグマは高度な暗号技術によってプライバシーを完全に保つことを目指しています。その技術では入出力したデータを暗号化したまま計算することができるため、実際のデータをデータの入力元以外に知られることなく処理することができます。

もちろん計算したデータを見ることはできませんが、計算を正しく実行していることを公に証明することはできます。

この暗号化技術が可能になれば、現在インターネットで問題になっているプライバシーの問題をすべて解決できる画期的なものとなり、新しいスマートコントラクトの形式が生まれるでしょう。まだ実現には至っていませんが、ブロックチェーン技術がビットコインによって実現した今、この暗号化技術の実現可能性は大きくなっています。

Catalyst(カタリスト)による投資ファンドの作成

Enigmaでは、Catalyst(カタリスト)というプラットフォームも開発されています。このプラットフォームでは暗号通貨のデータベースをブロックチェーン上に作ることができ、そのデータを基に投資ファンドの作成やデータの売買ができます。

今でも仮想通貨は新興段階にあるため、情報は散在していて、標準化されたまとまりのあるデータが存在しません。よって、投資対象の暗号通貨を決めるためにデータを集める際、非常に時間がかかっています。そこで、Catalystは、ヘッジファンドを作るのに必要なデータを分散的に管理・利用が可能になるように開発されたのです。

Catalystはまだテスト版ではありますが、11通貨ペア分のバックエンジンテストができるようになっています。現在公式サイトからダウンロード可能で、インストール方法から使い方まで、YouTubeや文書で説明がなされています。ファンドの作成や投資をしなくても、トレーディングBOTの制作などにも有用でしょう。

ENGトークンの利用方法

CatalystはイーサリアムのERC20を使って設計されており、プラットフォームで使われるトークンはENGです。

使い道は大きく以下二つです。

  • データを利用するユーザーがデータの提供者(データキュレーター)へ報酬の支払い
  • ネットワーク上でヘッジファンドを作成したクオンツに対しての投資

ネットワークに提供されるデータは、そのデータを購読する人の数によってランク分けされ、報酬額も異なります。

開発当初は「Enigma Catalyst」からトークン名は「ECAT」とされる予定でしたが、トークンはCatalystだけでなくエニグマネットワーク全体に広く使われることになるため、2017年8月15日、「ENG」という名称へ変更されました。

Enigma(エニグマ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 2017年10月13日 取引開始
    • 取引開始当初1ENG=0.5963USDでした。
    • 12月に入ってからは急激に上がってきました。
  • 2017年12月25日 現在
    • 取引開始時の4倍近くまで上がり、1ENG=1.90USDとなっています。

Enigma(エニグマ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Enigmaの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Enigmaを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Enigmaを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Enigmaの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Enigma(エニグマ)の将来性

仮想通貨Enigmaは、最初、MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究から始まったもので、今では、いくつものベンチャーキャピタルに投資されており、BITTREXへの上場がなされています。また、デジタル・カレンシー・グループをはじめ有力な組織が出資していることもあり、開発当初から注目を集めていました。

投資用のプラットフォームの追加や、Catalyst内でのICOの機能などが来年追加されていく予定とのことで、先の見通しもいいです。すでに上場済みでもあり、大学が開発をしているという点でも安心できるでしょう。

Enigma(エニグマ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ICOで発行されたENGは現在前述したとおり、プレミアムサービスへアクセスの際に支払う通貨として設定されています。

今後開発が進んでいく中で、Catalystにも有益なデータが実装されていくことに期待されます。

Enigma(エニグマ)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる