仮想通貨(コイン)の Metal(メタル)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMetalの価格・時価総額・出来高

通貨名Metal(メタル)
通貨略号MTL
公開日
システムProof of Processed Payments
発行上限枚数6659万9999枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)

Bittrex,,Huobi,Cryptopia,Livecoin
公式サイト

Metal(メタル)のローソク足リアルタイムチャート

Metal(メタル)とは?基本情報

メタルはProof of Processed Payments (PoPP)という独自の認証プロセスを通してユーザーを認識し、ユーザーに報酬を支払う仕組みを持つイーサリアムERC20トークンです。友人などに送金したり、買い物をする際の1ドルごとにメタルで報酬を受け取ることが可能です。2017年7月にメタルイニシャルディストリビューションが開始されました。

  • 6,650万MTLのみ存在します
  • 購入ごとに最大5%のMLTを獲得出来ます
  • MLTで大幅なディスカウントを受けられます
  • 簡単に稼げ、楽しく使えます

最大の魅力はやはり使用や購入により5%ものMTLが獲得できることです。大手クレジット会社等と比べても5%の割合は非常に高いことがわかります。また電話番号だけで送金出来たり、QRコードを利用出来たりとユーザビリティに特化しています。

Metal(メタル)の特徴・仕組み

メタルの目的はビットコインのようなシステムでありかつ、Venmo、SquareもしくはPayPalのようなインターフェースであることです。利用者に簡単に利用できるユーザビリティで手軽にメタルを利用し、仮想通貨を使用できるプラットフォームを提供することを目指しています。

小さなビジネスやお店では現金のみを支払う手段としているところが多いのが現状です。その為クレジットの信用が得られず、さらにクレジットカード支払いを受け入れることが厳しくなります。そんな現金のみのビジネスでも手軽に利用できるサービスを提供することにより、小さなビジネスでも仮想通貨を利用する購入者を呼び込むことが可能になります。消費者にも企業にもwin-winになるサービスが提供できる仕組みです。

Metal(メタル)の相場・チャート・高騰/暴落情報

メタルターゲット市場

  1. 栄養補助食品
    • アメリカ国内の栄養補助食品産業の年間収益は合計74億ドル(2015年度)でこれはグローバル市場のほぼ40%におよびます。
  2. 大麻
    • 法的規制を受けた医療用販売品及び娯楽販売品。北米のマリファナ市場は2015年から30%増しで2016年収益で67億ドルです。
  3. アダルト商品
    • アダルト商品販売店舗やオンラインショップ(あらゆるエンターテイメントメディアを含む)。エンターテイメントがアメリカでおよそ100億ドル推定に対し、アダルト製品は150億ドルと推定されます。
  4. イースポーツ
    • ビデオゲームによって促進された対戦ゲーム。イースポーツ(インターネット広告、後援、メディア権利、商品、チケット)のためのアメリカ経済は、2016年には2015年に対し43%増加の、1億7500万ドルと推定されました。

上記以外の市場の他にも小さなレストランやバービジネスや、ギグと呼ばれる共有経済市場もメタル市場としています。

Metal(メタル)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Metalの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス)Bittrex,,Huobi,Cryptopia,Livecoin

Metalを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Metalを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Metalの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Metal(メタル)の将来性

メタルは長期的に見て大変注目される仮想通貨です。なぜなら関係しているスタッフメンバーが仮想通貨業界や大手クレジット会社、Appleなど大変有名な大手企業での経験が豊富なメンバーばかりだからです。

創設メンバー

  • Marshall Hayner(マーシャル・ヘイナー)氏
    • 彼はQuickcoinや医療用大麻の治療所Treesを立ち上げ、新しい支払いシステムであるStellarプロジェクトのサポートも行った、ヘイナー氏がCEOです。
  • Oscar Munoz(オスカー・ムノーズ)氏
    • 彼はVisa、American Express、Bitpayなどの大規模決済ネットワーク企業での経験があります。
  • Glenn Marien(グレン・マリエン)氏
    • 彼はビットコインやその他の仮想通貨のバックエンドシステムの開発経験があります。
  • Sid Parihar(シド・パリハール)
    • 彼はApple向けのデザインを主導し、多くの人々が彼が作成を主導したiPhoneのアイコンに精通しています。
  • Scott Davis(スコット・デイヴィス)
    • 彼は、Swopや国防総省などでの大規模なアプリを構築した深い経験を持ち、モバイル開発を展開しています。

その他にも様々な経験を持ったメンバーや投資家、顧問、ベンチャーが関係している為、メタル仮想通貨ランクは常に安定傾向にあり、今後も注目される仮想通貨です。

また今までクレジットカード会社との取引を拒否されてきた大麻医療業界などの中小企業ビジネスへ参入することで利用者の増加が期待出来ます。

Metal(メタル)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後の予定

  • 銀行業務展開:プリペイドデビットカードを内蔵したカード付き、メタルバンクアカウント。 メタルをVISAが使える全ての場所で使用可能にします。
  • 商業適応機能:Shopifyスタイルの統合、オンラインプラグインビジネス、統合されたNFCハードウェアのtap-to-pay terminal(ワンボタンで支払い)などの機能追加

Metal(メタル)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる