仮想通貨(コイン)の Civic(シヴィック/CVC)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落について

Translate this article into English

シェアする

最新のCivicの価格・時価総額・出来高

通貨名Civic(シヴィック)
通貨略号CVC
公開日2017年7月12日
システム-
発行上限枚数10億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Poloniex,Liqui,Gate,Kucoin,Ether delta,Hitbtc,Mercatox,Livecoin,Coss
公式サイトCivicの公式サイト

Civic(シヴィック)のローソク足リアルタイムチャート

Civic(シヴィック)とは?基本情報

Civic(シヴィック)とは、企業や個人の情報をコントロールし安全を確保するシステムを提供する会社が発行するトークンです。イーサリアムのブロックチェーンの技術を使用し、個人情報の保護と、それにかかる費用を安く、効率的に提供することが出来るようになりました。

2017年7月から販売を開始し、1,000,000,000CVC発行で、33%を資金調達目的のクラウドセールスで完売、33%を自社保有し、33%をインセンティブとして提携会社などに配当予定です。残りの1%はクラウドセールスのコストにあてました。

チームメンバーは、CEOに仮想通貨の専門家として知られるVinny Lingham、CTO(最高技術責任者)に金融技術のアドバイザーとして15年のキャリアのあるJonathan Smith,テクニカルアドバイザーにMatt Roszakなど6人が公表されています。

Civic(シヴィック)の特徴・仕組み

Civic(シヴィック)は以下のような特徴を備えています。

  • 個人認証システムなどのセキュリティーを提供する会社が発行したトークン
  • 新規トークンの発売は終了し、市場に出回っているトークンを売買する
  • Civicのトークン(CVC)を持つことで、CivicのID関連の商品やサービスを使用することが出来る

個人認証システムなどのセキュリティーサービス提供会社が発行したトークン

Civicは、ビットコインから誕生したブロックチェーンを利用した、ユーザー名やパスワードなどを提供することなく利用できる、ウェブやアプリ上の、安全が確保されたIDのプラットフォームです(SIP・Secure Identity Platform)。そのCivicが資金調達のために発行したトークンです。

新規トークンの発売は終了し、市場に出回っているトークンを売買する

2017年6月に発売された1,000,000,000CVCの33%は直後に完売、現在は取引所などで売買をすることが出来ます。

Civicのトークン(CVC)を、CivicのID関連の商品やサービスを使用することが出来る

CVCはCivic関連のIDセキュリティサービスプラットフォームで利用することが出来ます。独自のシステムを利用することによって、低コストで安全な個人情報の管理を受けられます。

Civic(シヴィック)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年7月
  • 取引開始価格:0.161237USD
  • 直近価格:1.04USD
  • 最高値:1.37USD
  • 最安値:0.225126USD

2017年6月に取引を開始した翌月の8月に価格は急騰、販売当初の約5倍の0.73USDまで伸びましたがその徐々に価格を落としながら安定し2017年12頃から急伸、2018年1月4日、最高値1.37USDを記録し、取引開始当初の約8倍にあたります。

現在も、上下落を繰り返しながら、中長期的に見れば右肩上がりで価格は推移しています。

Civic(シヴィック)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Civicの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Poloniex,Liqui,Gate,Kucoin,Ether delta,Hitbtc,Mercatox,Livecoin,Coss
※Civicを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Civic(シヴィック)の将来性

ここ最近の新規発行トークンが数百しか販売できないのに対して、Civicは発行直後から50,000の購入希望者があり、最終的に8,000の購入者が手にすることが出来ました。一時は購入殺到によりイーサリアムのネットワークが混乱し、取引所のコインベースがシャットダウンする事態になり、販売を一時停止するほどでした。

一般に販売された、1,000,000,000CVCの33%はすぐに完売し33,000,000USD(33milionUDS・3千3百万ドル)の資本を得ました。CVCの残り33%を自社、33%をCivicのサービス提携会社等へ報酬として配当し、ネットワークの拡大を図っています。

Civicがこれほどまでに人気を集め信頼されたのは、提供する個人認証システムがブロックチェーン技術を使い画期的なこと、2017年のアイデンティティカンファレンスで( K(NO)W Identity Conference 2017)ベストニュースタートアップ賞を受賞、サイト上位100のwikihowとも提携するなど、着実に実績と信頼を重ねてきたからです。

これからもネットワークの拡大とともにサービスの認知度向上が見込める、将来性のある仮想通貨です。W Identity Conference 2017

Civic(シヴィック)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Civicはこれからもセキュリティーサービスを発展させていきます。具体的には、現在無料で使用できるスタンダードのセキュリティーサービスを充実させつつ、月額2.957USDのベーシックプランでは、個人信用調査機関のモニタリングサービス、新アカウントアラート、ID盗難補償などが用意されています。

更に内容を充実させたプラチナプランも提供予定です。2017年クラウドセールで獲得した資金を元に、今後、パートナーを増やし、サービスの拡大を目指しています。

Civic(シヴィック/CVC)についての評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる