仮想通貨(コイン)の GXShares(ジーエックスシェアズ/GXS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のGXSharesの価格・時価総額・出来高

通貨名GXShares(ジーエックスシェアズ)
通貨略号GXS
公開日2017年6月10日
システム-
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)

,Bit z,Allcoin
公式サイト

GXShares(ジーエックスシェアズ)のローソク足リアルタイムチャート

GXShares(ジーエックスシェアズ)とは?基本情報

GXSharesは、公信宝という中国の会社が開発した、中国発のブロックチェーンサービスです。2016年10月10日にチームを結成し、2017年9月24日にサービスがローンチされました。
GXSharesは、データや信用情報サービスが誰でも利用できることを目指した仮想通貨であり、分散化とブロックチェーンというアイディアに基づいて、早くかつ安全で追跡可能なデータ処理や信用情報サービスを提供します。

GXS公式ホームページ

GXShares(ジーエックスシェアズ)の特徴・仕組み

ビッグデータ時代の一つの認証サービスとして、データトレードネットワークを目指すGXSharesはには以下の特徴・仕組みがあります。

  • 豊富な直の情報源
  • ユーザーのプライバシーの保護
  • データの権利保護とトレーサビリティー
  • ユーザーデータの非キャッシュ化

豊富な直の情報

ユーザーの多次元のニーズを満たすために、このシステムはユニオンペイ(銀聯カード)や他の主要な通信キャリアから提供される直の情報源と繋がっており、将来は当然に税務当局や社会保障の担当部局、業界を縦断する情報源にも繋がることを企図しています。

ユーザーのプライバシーの保護

不法なデータ取引を撲滅するために、それぞれのデータ処理はデータ所有者の認証のみで行われるため、取引当事者以外の第三者がアクセすることはできません。

データの権利保護とトレーサビリティー

データの信頼性を保護するために、追跡可能だが、反証はできない情報源を選択して送信し、プールすることで、データの権利を厳重に保護します。

ユーザーデータの非キャッシュ化

データの独占を除去するために、データを取引する者の間で、中央集権型の監視室やサーバーは設置しておらず、PTP送信はありません。

これらの特徴・仕組みを兼ね備えていることで、中央集権的なデータ取引のプラットフォームや闇市場と比較すると、GXSharesは共通するユーザー間のデータの利用可能性や沈殿したデータの活用などにおいて、圧倒的な優位性を有します。

GXShares(ジーエックスシェアズ)の相場・チャート・高騰/暴落情報


ICO後、価格に大きなボラティリティがありましたが、取引所への上場後は2.40$付近で低位安定しおりました。
直近では、価格が大きく上昇しており、倍の価格の4.80$に届きそうな勢いとなっています。

GXShares(ジーエックスシェアズ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

GXSharesの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス),Bit z,Allcoin

GXSharesを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. GXSharesを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

GXSharesの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

GXShares(ジーエックスシェアズ)の将来性

今後のGXSharesの用途として、以下のような役割が考えらえております。

  • ハウスメイド(家政婦)の信用調査
  • リクルート活動
  • アパートの賃貸借契約
  • 記録とソーシャル化

GXSharesは、信用情報サービスの利用が根幹にあるため、日々の生活で生まれるアパートの賃貸者契約や雇用契約など、個人のセンシティブ情報が関係する部分での利用が想定されます。

信用情報については、日本でも犯罪収益移転防止法の施行により、金融機関を中心に各社がそれぞれ反社会的勢力に該当する人物の情報を収集、保管しており、現在でも早々のコストがかかっております。GXSharesの存在は、信用情報を簡単かつ有益に活用するようにできるだけでなく、このような各社がそれぞれ負担するコストを排除することも可能であり、社会経済の効率性をさらに高めうる仮想通貨とも考えられます。
GXSharesは、信用情報の利用による有効な意思決定を可能とさせるとともに、社会に存在する非効率な運用を排除しうる存在であるという点で、注目すべき通貨だと思います。

GXShares(ジーエックスシェアズ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

GXSharesの今後の予定としては、まずGXSharesの機能を提供するGXS Dapp(GXS Decentralized applicationの略称)の提供があげれます。
このアプリの提供により、ユーザーは利便性のある直の信用照会を容易できるようになるとともに、リアルタイムでの信頼の置ける信用情報へもアクセスすることができます。そして、こういったアプリケーションの機能は、私たちの日々の生活での重要な意思決定を保証し、確かな信頼をもとに重要な意思決定をスムーズにさせます。
また、このアプリはモバイルウォレットの機能も含む予定であり、GXSharesの送金や支払い等の役割も担うことができるようになる予定です。

GXShares(ジーエックスシェアズ/GXS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる