仮想通貨(コイン)の Walton(ウォルトン)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のWaltonの価格・時価総額・出来高

通貨名Walton(ウォルトン)
通貨略号WTC
公開日2017年7月21日
システム-
発行上限枚数7000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Kucoin,Hitbtc,Ether delta,Coss
公式サイト

Walton(ウォルトン)のローソク足リアルタイムチャート

Walton(ウォルトン)とは?基本情報

通貨名(通貨単位):Walton(WTC)

最大供給量:100,000,000 WTC

ウォルトンコインは、RFID技術開発を進めるために結成されたウォルトンチェーンというプロジェクト内で使用されている仮想通貨です。RFID技術とは、電波を使用してタグのデータを非接触で読み取るシステムであり、電子マネーや社員証、在庫の棚卸し業務やセキュリティロックなど幅広く使われています。

ウォルトンチェーンとは

RFID技術を開発したチャーリーウォルトン氏の遺志を受け継ぎ、2016年11月30日に設立されたプロジェクトです。ブロックチェーン技術とRFID技術を統合させ、IOTをブロックチェーン技術に組み込むことに注力しており、既存ビジネスの新しい環境を生み出すことを目指しています。

ウォルトンチェーンはビジネスを共有するチェーンシステムを創り出すことができます。関連するビジネスの需要に応じて企業同士が子チェーンでつながり、全てのデータがブロックチェーン技術のもと安全かつ信頼性をもって共有されます。

ウォルトンチェーンとウォルトンコイン

子チェーンの作成に必要なのがウォルトンコインです。

ウォルトンコインはビジネスシステム全体を束ねる親チェーンの唯一のトークンであり、子チェーンを介するあらゆるデータ移転や資産交換に必要です。正式に作成された子チェーンは取引や販売など頻繁に使用されるものについては革新的な方法で調整されます。取引手数料のほとんど(90パーセントほど)は子チェーンに、一部(10パーセントのみ)は親チェーンに割り当てられるのです。

ウォルトンシステムが成長するに伴い、このシステムに参画する企業が増え、子チェーンも増えるためにウォルトンコインの需要はますます高まるでしょう。

Walton(ウォルトン)の特徴・仕組み

情報の保存

ビジネスプロセスの各段階でRFIDを介してウォルトンチェーンに情報を保存することができます。この情報は子チェーン内に貯められ後に親チェーンに統合されます。

情報の検索

各段階が完了すると子チェーンと親チェーンはRFIDを通じて関連情報が共有されることとなり、生産から購入までの全データが結び付けられることになります。RFIDとウォルターチェーンを使用することでデータ管理費用を大幅に削減できる上に製品情報を簡単に検索することができるのです。

Walton(ウォルトン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

出典:CoinMarketCap

2017年秋頃から急速に値段を上げ、2017年12月段階では7ドルから10ドルの間を推移しています。今後ウォルトンチェーンの拡大により、更なるニーズの高まりが予想されます。

Walton(ウォルトン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

ウォルトンコインは韓国の取引所Coinlinkで入手することができます。

Coinlink

Coinlinkのユーザーになった後、ウォルトンウォレットという専用の口座を作ります。ウォルトンウォレットに入金し、ウォルトンコインを入手します。

Waltonの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Kucoin,Hitbtc,Ether delta,Coss

Waltonを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Waltonを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Waltonの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Walton(ウォルトン)の将来性

ブロックチェーン技術とIOTの統合により、新しいビジネスシステムが構築されます。ウォルトンチームではビジネスシステムを最終的に完全にカバーするため、4段階の開発計画を策定しています。

第一段階

RFIDに基づく衣料品システムの統合計画は既に開発され、実行されています。ウォルトンチームは更に従来の衣料品業界における倉庫、小売店、アフターサービス関連の様々な問題を解決し、ウォルトンコインの統合を完成させることを目標としています。第一段階ではウォルトンアプリケーションを更に迅速に拡張するためのテンプレートが作成される予定です。

第二段階

第二段階ではRFIDビーコンチップが大量生産され、衣料品の対一般消費者小売や物流に使われる予定です。倉庫の選定や価格設定、発注から流通や店舗管理などの様々なブロックチェーンのデータを照合することにより、物流業界全体のプロセスを完成させることができます。

第三段階

第三段階では製造業者が優れたパッケージを追跡可能な形にカスタマイズすることが可能になります。材料の購入、生産、組み立て、梱包及び在庫管理といった全てのプロセスについて、原材料と生産数量を特定し品質問題がどこにあるかを追跡することができます。スマートな管理を実現させるため、ブロックチェーンを介して信頼性が高く標準化されたプロセス情報が製造業者に提供されることになります。

第四段階

ブロックチェーンのデータ構造が改良され資産情報収集ハードウェアが繰り返しアップグレードされることで、将来的には全ての資産情報がウォルトンチェーンに登録可能となります。資産所有や商品の情報追跡、取引伝票等の問題は全て解決されることになります。

ウォルトンチェーンとウォルトンコインは実際の世界でも幅広く使用され、世界中の生産スタイルと人々の生活を変えることとなるでしょう。ウォルトンチェーンプロジェクトは全ての人々に快適でスマートな世界を提供し、投資家達に素晴らしい報酬をもたらすのです。

Walton(ウォルトン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年12月15日、韓国の取引所Coinlinkにて取引が開始され、期間限定のイベントも行われています(詳細はこちら)。

また、上記のような開発計画が出されたこともあり、今後ますます注目される仮想通貨の一つです。

Walton(ウォルトン)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる