仮想通貨(コイン)の TRON(トロン/TRX)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のTRONの価格・時価総額・出来高

通貨名TRON(トロン)
通貨略号TRX
公開日2017年8月28日
システム-
発行上限枚数1000億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)

,Liqui,Gatecoin,Hitbtc,Gate,Ether delta,Qryptos,Mercatox,Bit z
公式サイトhttps://tronlab.com/en.html

TRON(トロン)のローソク足リアルタイムチャート

※TRONの最新ニュースを毎日更新中※


価格が急上昇中で大注目のTRONの最新ニュースを今すぐ知りたい場合は、以下のリンクからニュースまで飛ぶことができます

TRON(トロン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定


TRON(トロン)とは?基本情報

TRON(トロン)は「エンターテイメント特化の分散型ストレージプラットフォーム」であり、中国のICO(仮想通貨)となっています。通貨単位はTRXです。

TRONはブロックチェーンベースの分散ストレージの技術を使用し、世界中の個人クリエイターを支援するプラットフォーム構築を目指しています。

現代ではYouTubeやソーシャルメディアの普及により、手軽に個人がコンテンツを配信できる環境が整っています。しかし、コンテンツの増加に対して、個人がクリエイトしたコンテンツの報酬フィードバックの仕組みは満足できる状態とはいえません。

TRONは、無料コンテンツエンターテイメント生態系を構築するためのプロトコルであり、支払い、開発、信用取引など、コンテンツ作成から報酬までをトータルでサポートする機能を提供しています。

また、TRONコイン(TRX)を使用することで、インターネットのライブショー、ソーシャルネットワーク、オンライン/モバイルゲームなどのエンターテイメントコンテンツを購入・送金することができます。

TRON財団がシンガポールで運営

創業者・CEOのJustin Sun(ジャスティン・サン)氏

TRON財団は会計と企業規制庁(ACRA)の承認を得て、シンガポールの会社法の監督と規制の下で設定されています。

また、政府の行政から独立した理事会または独立した管理・運用のための資格受託者により形成された理事会によって運営されています。このような信頼できそうな背景を持っています。

創業者のJustin Sun氏は音楽ストリーミングサービス「Peiwo」のCEOでもあります。

TRON(トロン)の特徴・仕組み

そんなエンタメの発展を支援するプラットフォームであるTRONの特徴・仕組みについて説明していきます。

  • 音楽アプリPeiwoでの採用が予定されている
  • ICO開始直後30秒で完売
  • 個人型のICOができる
  • 所有権はユーザーが有する
  • 公共のサービスを提供する

1000万人以上いるアプリPeiwoでの採用が予定

中国で1000万人会員を持つ音楽ストリーミングサービス、PeiwoにてTRONが導入される予定です。TRONと互換性がある最初のエンターテイメントアプリになります。Justin Sun氏はこのアプリを提供する会社のCEOもつとめています。

ICO開始直後30秒で完売

2017年9月にBinanceによってICOを行いましたが、開始30秒で完売しました。事前の注目度が高いことがわかります。その後も価格は上昇を続けており、現在ではICO時の30倍にまで価格が高騰しています。

個人型のICOが実現できる

他の人がデジタル資産を購入することによって、データの提供者の継続的な成長・または発展をもたらします。トロンは特典やサービスを享受することができる一方で、個人が自由に、ICOの形でデジタル資産を分配することができます。

所有権はユーザーが有する

データ作成者(ユーザー)は、データの基本的な所有権を持つことになりますので、インターネットが分散化されなければなりません。どうしても中央集権では管理者にデータや報酬が集中してしまうからです。

この問題を解決するために、TRONはブロックチェーン技術を使い、分散型のストレージを用意しています。

公共のサービスを提供する

TRONの基本的な目的は公共のためのサービスを提供することとしています。

非営利財団が運営エコロジーとして、TRONは利益を獲得する目的というよりも、世界全体でコンテンツのエンターテインメントを楽しむ人が増えるような設計になっています。

トロン財団は商業的関心を持たない法人

トロン財団は、パブリックまたはプライベートの利益のために活動を行うような商業的関心を持たない法人です。

十分に準備されたインフラ

TRONでは、分散型デジタル資産である、分散交換、自律ゲーム、予測及びゲームシステムなどの分散型インフラの完全なセットが準備されています。

TRON(トロン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

上場後まもなく、0.00001BTCを超える形で高騰してから、2ヶ月間は下落と横ばいを続けていましたが、2017年12月に入ってから再度高騰し、0.000005BTCまで回復してきています。

ビットコインキャッシュに影響を与えた人物、 jihan氏が出資者としても顔を並べており、たびたび話題性とともに価格も高騰するケースがあります。

【追記】2017年12月14日にTRXが280%高騰!

TRXは前日比で約2倍以上に急騰しました。以前も1日で数倍に跳ね上がるケースもあるので非常にボラティリティが高い通貨です。今回大きく跳ね上げた要因としては、12月22日に中国の取引所である「OKEx」に新規上場することが決定したことが大きな要因と見られています。

OKExは中国三大取引所の1つですので、上場するだけで取引量が増え、流動性が高まりより活発な売買が行われることが予想されます。

【追記】2017年12月21日にTRXが約175%高騰!

さらにTRXは価格を上げ続けています。12月21日現在では0.07USD付近まで急上昇しています。

また、12月12日にTRONLabは、TRXの34%を保有する最大保有者がTRXの発展支援の為に2020年まで売却しないことを発表しました。これは価格の安定性を生むため、市場ではポジティブな要因として働くのではないかとみられます。

そして、創業者のJustin Sun氏は12月21日に来日しているようです。もし、今後CoincheckやbitFlyerなど日本の取引所で上場することとなれば、また価格にも影響を与えるかもしれません。

TRON(トロン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

TRONの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス),Liqui,Gatecoin,Hitbtc,Gate,Ether delta,Qryptos,Mercatox,Bit z

TRONを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. TRONを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

TRONの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

TRON(トロン)の将来性

現時点ではPeiwo以外での実用的な実績や取り組み事例が少ないため、将来性を確実視するほどの材料は集まっていません。

しかし、ゲームプラットフォームのCardano(ADA)というアルトコインが仮想通貨全体の時価総額で12位(2017年12月時点)まで上昇するなど、エンタメプラットフォームが期待されていることは間違いないと思われます。

ブロックチェーンと個人情報・個人資産はとても相性の良い組み合わせなので、今後の成長を期待する声は大きいのではと思われます。

TRON(トロン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

▼最新ニュースはこちら!▼

2018年2月19日 トロンでヨットを購入できるとツイート

CNBCというTwitterのフォロワー数300万人弱の巨大メディアの記事をトロン代表のジャスティンサン氏がツイートをしました。

内容としては、フロリダ州のヨットディーラーデニソンヨットが、先日行われた「マイアミ国際ボートショー」にて、限定されているものの仮想通貨でヨットの購入を受け付けると発表しましたというものです。

受け付ける仮想通貨はBitcoin、Bitcoin Cash、Ethereum、TRON。リアルの売買で利用されていくキッカケとして良い影響は言えるでしょう。

2018年2月10日 仮想通貨取引所「Bibox」へ上場!

中国の仮想通貨取引所「Bibox」へ上場しました。これにより多くのユーザーがトロンユーザーになるチャンスが増えます。

Biboxはバイナンスと仕組みが似ている点があります。バイナンス同様に独自コイン「BNB」を展開し、取引手数料をBNBで支払うと50%オフになるように、Biboxは「BIX」という独自コインを展開しており、BIXを利用して手数料をを使えば取引手数料が50%オフになります。

今後伸びていく可能性を十分持っている取引所です。

2018年2月8日 中国政府の発行する国家ハイテク企業の証明書を正式に受理

トロンは8日、中国政府の、科学技術省、財務省および国家税務行政によって発行された中国の国家ハイテク企業の証明書を正式に受理したことを代表のジャスティンが発表しました。ネット上では「中国政府がトロンを支持した」と話題になりました。

トロンの週刊レポートが発表(1月27日~2月2日)!サマリを抜粋して紹介

開発進捗

  • ネットワークに関わる整備改善、コンセンサス、ウォレットにおける機能実装(秘密鍵による暗号化保存や、クライアントノード間のGRPA機能のデバックなど)
  • その他いくつかの開発関連で進捗がありました。(多数あったため割愛します)

コミュニティイベント

  • 1月27日Bixin、Biyongの中国語コミュニティを新たに追加
  • Twitterの話題ランキングでイーサリアムやリップルを抑えて2位2位を獲得。1位はBTC、3位以降、ETH、XRP、NEO、LTC、ADA、XLM、BCH。(CoinTrendzのデータ)
  • Telegram韓国コミュニティの人数が3,000人を突破

チームに関して

  • GSC(Global Social Chain)と戦略的パートナーシップを進めることに合意。Micoをはじめと東南アジアと中東地域におけるソーシャルプラットフォームで1億人以上のユーザーを保有しています。

市場取引

  • トロン(TRX)の取引総額が337万ドルを突破し、ドルの世界流通総額を超えました。
    Huobiにて上場、取引がスタート

2月1日 取り扱いコイン数世界最大級「Cryptopia」にTRON(トロン)が上場!

アルトコインの聖地、Cryptopiaにトロンが上場しました。Cryptopiaは所謂「草コイン」と呼ばれるアルトコインの取り扱いが500種類を超える世界最大級の取引所です。価格が1,000倍、10,000倍になる可能性があるコインを、価格が安い初期の段階から購入しておくことができることで世界中のコイナーから注目されています。

Cryptopiaを開いているならBinanceも開設している傾向は強いため、実際ユニークユーザーがどの程度増えるかは不明な点はありますが、取引高の多い取引所へ上場できることは市場には好材料としてとらえられるでしょう。

1月29日 中国大手取引所「Huobi」にTRON(トロン)が上場!

日本のSBIとも提携をしている中国大手取引所Huobiにトロンが上場しました。Huobiはデイリーの取引高が10億円で世界6位の取引高をほこる巨大取引所となっており、上場することでトロンユーザーが増えることが見込まれ、価格の下支えにも期待されます。

2018年1月27日 1億2,000万人以上のユーザーを抱えるオンラインエンターテイメントサービス(Mico、等)と提携!

トロンは今日、GSC(Global Social Chain)との戦略的パートナーシップを構築したと発表しました。今後は、基金、技術、インフラ面でGSCに大きな支援を行い、ブロックチェーンに基づく社会システムの共同開発を促進するために、TRONネットワークに基づく最適化を実施する予定です。

GSC(グローバル・ソーシャル・チェーン)は、何億人ものソーシャル・ユーザーを所有する世界初のソーシャル・ネットワーク・チェーンです。

Strategic Partnership between TRON and GSC Makes One Hundred Million Users Get Access to TRON Network

GSCが抱えているパートナーサービスとしては、「Mico」をはじめ、「Kitty」「Live」「Waka」「YAY」といったサービスとトロンは連携していくことになります。

特にMicoに関しては登録ユーザー1億人を超える巨大アプリで、東南アジア、中東で多くのユーザー数を抱えています。また、Kitty Liveは東南アジアで2,000万人のユーザーを抱えるストリーミングアプリで東南アジアで知名度の高いアプリです。

こうした背景から、今回のトロンの提携は、1億2,000万人以上のオンラインエンターテイメントサービスユーザーへアプローチすることが可能となり、トロンが作り上げようと目指す将来の実現へ大きな一歩と評価されています。

2018年1月25日 世界最大級の取引所「Bitfinex」へ上場

200以上の仮想通貨を取り扱う世界最大級の取引所Bitfinexへトロンが上場しました。ユーザーを多数抱えるBitfinexへの上場はトロンに対する信頼性のアップと、それによってホルダー数増加が見込まれることから、価格上昇に繋がる可能性があります。

2018年1月16日 TRON「6 Simple Facts of TRON(6つのシンプルな事実)」を公開


TRON創業者であるJustin Sun氏は自身のTwitter及び公式ブログでTRONにおける6つの事実及び計画を公開しました。

人材を100人規模まで拡大

TRONチームは78人に成長し、その80%は開発者です。Alibaba、Tencent、Baidu、Microsoftの非常に強力な技術チームがあります。驚くべき開発進展により、私たちのソースコードはGithubで2017年12月20日にリリースされました。2018年第1四半期に100人に拡大します。https://github.com/tronprotocol/

毎日10億ドルの取引

TRXは現在、世界中で15の主流の取引所で取引を行っており、毎日10億ドルの取引量を持つ39の取引ペアが取引されています。我々は毎月新しい取引所に上場を維持し、我々は常に主要取引所でトップ取引ペアです。

世界最大規模のトークンホルダー数

Etherscanのhttps://etherscan.io/token/Tronix  による426083のトークンホルダーがあります。これは世界のほとんどのCryptocurrenciesです。私たちのユーザーとコミュニティは60以上の国や地域にあります。コミュニティは非常に強く分散しています。

1億ユーザーを目指す

TRONは、公開された上場企業や、Baofeng、Gifto、Obike、Peiwo、game.comなどの大規模ユーザーベースの企業と提携しています。私たちのパートナーは、すべてが準備ができたら、TRONプラットフォーム上で彼らのdappsを開発します。船上に4000万人のユーザーがいるため、TRONエコシステムは非常に堅牢です。それはほんの始まりです。私たちは、パイプラインに10以上の権威あるパートナーシップを持ち、毎日成長し続けています。私たちが1億人のユーザーを抱えるのは時間の問題です。

2020年までロックアップを行う

TRONは2020年まですべてのトークンを公開しています。我々はTRXを売っていません。https://etherscan.io/token/Tronix?a=0xa18ff761a52ce1cb71ab9a19bf4e4b707b388b83

webの分散化を目指す

私たちは再びウェブを分散化します。未来は到着しました – それはまだ実現できていません。

2018年1月15日 TRONの技術チームに元アリババの技術者Olivier Zhang氏が参画

TRON’s Technical Team Keeps Growing — Former Alibaba Technical Expert Olivier Zhang Joins TRON

Olivier氏は、北京工科大学で修士号を取得し、インターネットおよびエンタープライズソフトウェア開発で10年の経験を持っています。また、検索技術、分散コンピューティング、および大規模データプラットフォームにも深い知識を持っています。

彼はLeshi Internet Information&Technology Corp. Beijingで働いており、重要なデータのクロススクリーン統計やその他の関連作業を担当していました。その後、Alibaba Groupに入社し、主にスマートマーケティングプラットフォームのビジネスモジュールを担当しました。アリババでは、開発チームを率いて、リアルタイムのインポートツールと反チートシステムの完全なセットを構築しました。

TRONに入社したOlivierは、スマートコントラクトとブロックチェーンの2つの側面からテクノロジアーキテクチャのアップグレードを推進します。

Olivier氏は次のように述べています。「インターネット4.0のブロックチェーンアプリケーションプラットフォームを実現するために、TRONの夢を持つトップエンジニアのグループと協力することは素晴らしいことです。TRONは今後、無数の個人やビジネスユーザーにサービスを提供し、分散型ブロックチェーン技術を使用してグローバルなコンテンツエンターテインメントエコシステムを構築します。」

2018年1月13日 TRONが日本の金融庁へ正式に申請書を提出。国内の複数取引所上場か?

私たちは正式に日本の金融規制当局に申請書を提出しました。申請書が政府によって承認されると、いくつかの日本の取引所が私たちをリストアップします。

承認されることとなれば、JPYから直接購入できることとなり価格への影響は非常に大きいことが予想されます。過去の実績から承認までは3ヶ月程度かかるものと見られています。

2018年1月10日 TRON、ネット企業2社との提携を発表

中国ネットフリックスと呼ばれるBAOFengとの提携を発表

無料画像ホスティングサービス「directupload.net」との提携も発表

DirectUploadは、無料の画像ホスティングサービスで画像をシェアすることができるサービスです。簡単に画像をアップロードしたり、BBCode、HTML、ホットリンクをクリップボードにコピーしてシェアすることが可能です。

このサービスは、世界的に月間約2~3億人が利用している規模が大きいサービスです。

2018年1月9日 1月12日に台湾取引所「Cobinhood」に上場することを発表

台湾で仮想通貨取引所を運営するCobinhoodが、1月12日にTRONの取り扱い開始をすることを発表しました。

2018年1月8日 TRONが韓国取引所Coinrailに上場

以前から告知されていた韓国の仮想通貨取引所CoinrailにTRONが上場しました。Coinrailは現在の取扱銘柄は約19種類で韓国取引所の中ではそこまで大きい取引所では無いようです。

ですが、一つ一つ購入できる取引所を増やしていくことは通貨の流動性を高める上で非常に重要な取り組みです。いまのところこのニュースによる価格変動は起きていないようです。

2018年1月7日 TRONのホワイトペーパーが、盗作・コピーだった?

うわー!恥ずかしい! TRONの「論文」は主に他のプロジェクトからコピーされているか、元の形で渡された超基本的なP2Pです。ゼロ参照。 IPFSでそのPDFをアーカイブしました。

上記はIPFSのJuan Benet氏のツイートです。彼のツイートによって、TRONのホワイトペーパーがIPFSやFilecoinのホワイトペーパーからほぼそのままコピーされていることが発覚しました。

この影響によるものと思われますが、TRONの価格は20%下落しています。

2018年1月6日 TRON創業者JustinSun氏が60億ものTRXを売却!?はフェイクニュースだった

2018年1月5日にRedditというウェブサイトに「JustinSun氏が自身が保有しているTRXを3週間に渡って60億ものTRXを売却している」との書き込みがあり、一時TRXの値段が大きく下落しました。しかしすぐにJustinSun氏本人がTwitterで疑惑を払拭するツイートを行ったことで下落は止まっていますがまだ最高値まで価格は浮上してきていません。

Redditアカウントは私のアカウントでも財団アカウントでもありません。それは私たちの私的投資家とマーケットメーカーに属します。 @GeminiDotComにはアカウントがありません。マーケットメーカーは、TRXを売っていない#TRXの清算を取引し、増加させるために口座を使用します。

2018年1月5日 TRONついに時価総額で6位に浮上!


2018年1月4日から5日にかけて、価格が2倍近く高騰し、時価総額は2兆円を突破しました。3日に発表した大手企業との提携に関する発表による影響が大きいと考えられます。

2018年1月3日 Game.comとの提携・ゲームプラットフォーム公開を発表


Tron Foundationの公式Twitterによると、ブロックチェーンを活用したゲームコンテンツのオンラインゲームプラットフォームであるGame.comとの戦略的提携契約を締結したと発表しました。こちらの公式ブログでも確認できます。

クラウドファンディングプラットフォーム、ソーシャルIMツール、および資本支援分野に事業を拡大していく予定とのことです。

将来的にはGame.comがTRONとのパートナーシップに基づいてゲーム事業の拡大することになります。一方、Game.comは分散型インターネット4.0のパイオニアであるTRONネットワークの重要なステークホルダーになります。

以下、公式ブログより

Game.comは、製品重視のコンセプトに準拠しています。このようなゲームやエンターテイメントのコンテンツをさまざまなブロックチェーンプロジェクトに直接着陸させることで、ゲームやエンターテインメントのコンテンツを購入するためにGame.comが発行した暗号通貨であるGTCや投資家に投資価値を付加することができます。最終的にGame.comは、新しいオンラインゲームの世界が、他の暗号通貨が実用的なエンターテインメントやゲームサービスやアプリケーションシナリオを生み出すのを助け、ゲームコンテンツの作成、統合、ブロックチェーンの多様な連携によるブロックチェーン技術の急速な普及と発展を促進します

業務提携など外部との連携を積極的に行い、派手な発表が多いTRON。発表がある毎に値上がりを続けているのでに今後もニュース情報には注目です。

まだフォローしていない方は、公式Twitterをフォローしておきましょう!

2018年1月2日 NASDAQ上場企業や1億人ユーザーを持つ大手企業とのパートナシップを予定していると発表


TRON創業者のJustin Sun(ジャスティン・サン)氏が自身のTwitterで、「NASDAQ上場企業や1億人ユーザーを持つ大手企業とのパートナーシップの準備している」ことを発表しました。直後、TRXの価格は一時70%以上高騰しました。

2017年12月27日 マカフィー砲により価格高騰

世界的セキュリティソフト企業のMacAFeeの創業者である、John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は仮想通貨界でも影響力のある人物として知られています。過去にも匿名性通貨の将来性の高さをtweetしたことでVergeの価格が高騰した実績があります。

そんな彼が「TRONは長期的にホールドすべき銘柄であり、売ったり回転させると負ける。」とtweetしました。

その影響か24時間騰落率では+10%前後の変動がありました。

MacAFeeのTwitterは乗っ取られていた!?

翌日のMacAFee氏のツイートには

【緊急】私のアカウントはハッキングされました。 Twitterから連絡をもらいました。「The coin of the day」は私ではありませんでした。皆さんが知っているように…私はもう「The coin of the day 」をやっていません!!

※The coin of the day :MacAFee氏が注目したコインを毎日取り上げるツイートコンテンツです。このThe coin of the day によってVergeなどの価格が高騰したと言われています。

という内容が記されています。世界的セキュリティ起業の創業者ということで、逆にハッキングされるリスクも高いのかもしれません。また、この乗っ取り発覚によってVergeの価格は暴落する形となりました。TRONに今のところ影響は見られません。

2017年12月25日 日本国内取引所への上場準備を示唆


創業者のJustin Sun氏のTwitterでは、「日本国内取引所への上場のために、日本の金融規制当局に上場申請つもりである」という発言をしています。世界第三位の取引量である日本というマーケットに上場されれば、TRONの流通量はさらに活発化され、価格への影響も大きいと考えられます。

2017年12月24日 自動車シェアリングサービス「oBike」との提携を発表

創業者のJustin Sun氏のTwitterにて、シンガポール発の自転車シェアリングサービスoBikeとの提携が発表されました。Justin Sun氏は「この提携により、TRONネットワークはさらに1000万増え、4000万に到達する」と発言しています。

2017年12月15日 Alibaba(アリババ)と連携を発表


Justin Sun氏は中国No.1のECサイトAlibaba(アリババ)のトップであるJack Ma(ジャック ・ マー)氏が主催する大学に合格しています。

その中で、Alibabaのサービスである、Aliexpress でTRXを利用したショッピングについて取り組んでいると発表しました。

TRONの今後のプラン

1.Exodus

データ解放(Data Liberation)によって、ピアツーピアおよび分散コンテンツに基づくアップロード、記憶および配信の仕組みを構築します。
Exodusフェーズでは、分散ストレージテクノロジに基づいて、TRONはデータの発行、格納および配布のための完全に自由で信頼性の高いプラットフォームをユーザーに提供します。

2.Odyssey

コンテンツエンパワーメント
経済的インセンティブ、エンパワーメント、コンテンツエコロジー、ブロックチェーンテクノロジーは、コンテンツ制作、流通、普及のための公正なリターンとして機能します。そして、完全に競争力のある経済メカニズムを作り出します。したがって、ユーザーはコンテンツに権限が与えられ、システムの境界が絶えず拡張されます。

3. Great Voyage

個人のICO
ブロックチェーンの優位性に基づいて、トロンは3つの主要な問題を解決します:所得の測定、配当支払い、サポーターの管理、そしてファン経済からファンファンドへの大幅な転換を実現します。

4. Apollo

自由な価値流動性

非中央集権型で、個人同士が自由に交換できる場所を提供します。
TRONシステム内の各コンテンツ製作者が自分のトークンを発行することができ、目標に到達するためには、システムが非中央集権の完全なソリューションを持っている必要があります。集中化されていない取引プラットフォームを確立することにより、システムの価値、財産権、リスクを自由に交換して交換することができ、システム全体の経済的活力を幾何学的倍数で高めることができます。

5. Star Trek

トラフィックの収益化 – 非中央集権化と市場予測
2014年の世界のゲーム市場の規模は4,500億ドルを超えました。TRONコンテンツプラットフォームによってもたらされるトラフィックは、非中央集権化のためのオンラインゲームプラットフォームを構築することを可能にします。開発者は、TRONを通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築し、完全に自律的なゲームを提供し、市場機能を予測することができます。

6. Eternity

トラフィックの転換 – 非中央集権型ゲーム
2016年には、グローバルビデオゲーム市場が96億6,000万ドルに達し、そのうちの電話ゲーム市場の規模は46億ドルで42%でした。TRONは、オンラインゲームプラットフォームを確立させる可能性を提供します。開発者は、TRONを通じてゲームプラットフォームを自由に設定し、ゲーム開発のための資金を獲得し、共通投資家がゲームに投資できるようにすることができます。

TRON(トロン/TRX)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 26件

  1. 25

    tomo ID:e621444fa 返信

    早くバーン来てほしいなぁ!

    2018/02/18(日) 20:43:10

  2. 24

    ネムお ID:4d7ed0603 返信

    とりあえずバーン待ちだよね

    2018/02/17(土) 16:50:38

  3. 23

    めんたいこ ID:99f0c908b 返信

    トロン良い情報と悪い情報がありますよね。

    2018/02/17(土) 10:53:29

  4. 22

    tomo ID:1df03fd35 返信

    バイナンスで高値つかみをしてしまい、その後数々の悪材料が出て暴落。売るに売れなくなり資金が激減し、困っています。

    2018/02/15(木) 22:17:33

  5. 21

    めんたいこ ID:a0cbcc1d3 返信

    トロンなんか怖いんだよなー。安いけど

    2018/02/15(木) 12:17:38

  6. 20

    ネムお ID:653d607b0 返信

    とりあえずじゃすんティン砲まちだな

    2018/02/14(水) 00:59:49

  7. 19

    匿名 ID:6bd873059 返信

    うおおおー!!俺たちのトロンが復活してきた!

    2018/02/10(土) 14:18:43

  8. 18

    ドシロウト ID:b3d5a6468 返信

    今持っておきたいコインなんですかね

    2018/02/10(土) 12:44:05

  9. 17

    匿名 ID:2a100f750 返信

    $0.04まで落ちてきた、、、$0.08で買ってたのでもう半分になってもうた

    2018/02/05(月) 19:16:18

  10. 16

    コイン ID:8660c0d15 返信

    最近のトロン大丈夫か?Justin砲が来ても価格は落ちる一方、、、

    2018/02/01(木) 20:58:23

他のコメントの書き込みをみる