仮想通貨(コイン)の Byteball(バイトボール)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のByteballの価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

Byteball(バイトボール)とは?基本情報

Byteballはスマートコントラクトを使用し、スマートペイメント(賢い支払い)と呼ばれる支払いなどを可能にする分散型プラットフォームです。通貨単位はGBYTEです。

Anton Churyumov氏によりホワイトペーパーが提唱されました。

スマートペイメントの例として、今までの通貨ではできなかった条件付きの支払いや、P2P保険、スポーツの試合などの賭けへの利用、P2Pを利用したチャット上での支払いがあります。

また、Byteallではブロックチェーン技術を使用せずに、DAG(Directed Acyclic Graph)という技術が使用されているという最大の特徴・仕組みがあります。

※速報!2018年1月24日、アメリカ格付け機関「Weiss」による仮想通貨レーティング(格付け)が発表され、バイトボールは「C+」を獲得。なお、その他の同ランクは「ライトコイン(LTC)」、「ネム(NEM/XEM)」など。

Byteball(バイトボール)の特徴・仕組み

  • 条件付きの支払いが可能
  • P2P保険
  • 予測市場、賭けへの利用
  • アプリのチャット上での支払い
  • DAG(Directed Acyclic Graph)の技術
  • 一定期間ごとに無料配布している

条件付きの支払いが可能

Byteallでは条件付きの支払いが可能になります。これは今までの仮想通貨ではできなかった機能です。これにより支払いでの間違いが減少することになります。

通貨の受取人が通貨を受け取るときに条件を確認しますが、条件が満たされない場合には支払いが行われず、支払人のもとに返金されます。

P2P保険

保険は、特定の条件が起こったときに被保険者に支払いが行われます。つまり、上記のような条件付きの支払いと同様なシステムであると言えます。

Byteball上でこの保険のシステムを行うことで安全かつ高速な支払いが可能となります。

予測市場・賭けへの利用

賭け事に関しても、特定の条件が起こったときに支払いがおこなわれる、ということになります。よってこれに関しても上記の条件付きの支払いと同じようなシステムと言えます。

これにより、今までより効率よく取引を進めることが可能になります。

アプリのチャット上での支払い

Byteball Bytesには既にアプリが使用可能になっており、そのアプリにあるチャットで支払いを済ませることが可能です。誰かに支払うときに、リンクをクリックするだけで支払いを済ませることが可能となります。

また、上記の条件付きの支払いやP2P保険、予測市場・賭けに関しても、チャット上で条件の確認や保険の内容の確認、賭けるチームなどの選択が可能で、それぞれの支払いも済ませることができます。

これらのチャットはLINEの自動返信のようなチャットボットと呼ばれるシステムとやり取りをします。またボットストアと呼ばれるものがあり、そこで利用するサービスのチャットボットを追加することができます。

チャットボットの開発者はすべてのユーザーにアクセスでき、迅速な支払いが可能となります。

DAG(Directed Acyclic Graph)の技術

Byteballではブロックチェーン技術を利用していません。これは他の仮想通貨と大きく異る点でしょう。ByteballではDAG(Directed Acyclic Graph)=有向非巡回グラフ、と呼ばれる技術を使用しています。

ブロックチェーンと共通することとしてDAGは非中央集権を可能とするシステムです。

逆に2つの違いとしては、ブロックチェーンではブロックが一列に並べられるような仕組みですが、DAGはブロックが一列ではなく2つや3つに派生していき、網目のような構造となっています。

また、DAGではトランザクションのみが保存されるので、ブロックチェーンでのブロックサイズの問題が解消されることになります。これにより無駄がなくなるので手数料も従来より安価にすることが可能となります。

トランザクションのみが保存されるのでブロックの生成時間を気にする必要がなくなり、高速な支払いが可能になります。

一定期間ごとに無料配布している

Byteballは、普及をすすめるためにAirDrop(エアドロップ)という方法で、一定期間ごとに無料で配布しています。

最初は2016年12月25日に配布されました。その後、約1〜2ヶ月ごとに無料で配布を行っています。

Blackbytes

プライバシーの問題を解決するために提供されているのが、Blackbytes(ブラックバイト)です。Blackbytesを使用することで、匿名で売り買いすることができます。

Byteball(バイトボール)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日 :2016年12月27日
  • 取引開示価格:19.22$
  • 直近価格  :867.42$(2017年12月29日)
  • 最高値   :945.33$(2017年7月5日)
  • 最安値   :10.67$(2016年12月30日)

2016年の間はそれほど急な値動きはなかったものの、2017年4月頃から急激に価格が上昇し始めます。2017年4月5日にはそれまでで最も高い867.42$と、初期の価格の約40倍の値となります。

その後は急激に価格が下降するも、2017年12月から急激に上昇し、2017年12月29日には過去最高値で初期の価格から約47倍の945.33$となります。

Byteball(バイトボール)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Byteballの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Byteball(バイトボール)の将来性

Byteballはスマートペイメントという、アプリを活用した迅速で、条件付きの支払いが可能です。これにより、Byteballの特徴・仕組みでも上げたような多彩な方面での支払に利用されいく可能性があります。

また、ブロックチェーンではなくDAGという技術を利用していることもこれから注目されていく可能性があります。

今まではブロックチェーン技術に注目が集まってましたが、これからDAGのようにブロックチェーンでの問題を解決するようなあらたな技術が出てくるかもしれません。

Byteball BytesはDAGを用いていることから、ブロックチェーンの問題を解決する技術の先駆け的存在としても注目を集めるかもしれません。

Byteball(バイトボール)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

  • 通貨の無料配布(2018年3月2日)

Byteball(バイトボール)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 0

    コイン ID:c2cb274e3 返信

    Byteballツイッターで平野さんがめっちゃ推してるけどどうなんだろうと思って見てたらめっちゃよかった。普通にポートフォリオに入れておきたい

    2017/12/31(日) 17:43:57

他のコメントの書き込みをみる