仮想通貨(コイン)の Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)とは?匿名性の高さを特徴とする通貨

Translate this article into English

シェアする

最新のZcashの価格・時価総額・出来高

通貨名Zcash(ジーキャッシュ)
通貨略号ZEC
公開日2016年10月28日
システムEquihash
発行上限枚数2,100万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Hitbtc,Bithumb,,Bit z,Bittrex,Poloniex,Huobi,Yobit,Exmo,Cex,Gate,Cryptopia,Therocktrading,Bx thailand,Allcoin,Abucoins,Ccex,Coin exchange
公式サイトZcashの公式サイト

Zcash(ジーキャッシュ)のローソク足リアルタイムチャート

Zcash(ジーキャッシュ)とは?基本情報

Zcashは比較的新しい仮想通貨で、2016年10月に公開されました。匿名性を特徴とした仮想通貨になります。

通貨の単位はZECと表し、2018年5月現在の日本円に対する価格は約25,000円となっています。時価総額ランキング22位で、人気通貨であることがわかります。

公開当初は注目を集めて、14万円台まで価格が上昇しました。しかしその後徐々に値下がりしていき、現在では25,000円台に落ち着いています。

※速報!2018年1月24日、アメリカ格付け機関「Weiss」による仮想通貨レーティング(格付け)が発表され、リスクは「C」を獲得。なお、その他の同ランクは「リップル(XRP)」「リスク(LSK)」など。

Zcash(ジーキャッシュ)の特徴・仕組み

Zcashの特徴・仕組みは大きく分けて2つあります。

  • ゼロ知識証明による匿名性
  • ビットコインとの共通点
  • Zcashの開発チーム
  • Zcashのコミュニティ

ゼロ知識証明による匿名性

Zcashの最も注目される特徴は匿名性の高さで、ゼロ知識証明という技術を利用することで匿名性の高さを実現した仮想通貨です。ゼロ知識証明とは、ブロックチェーンの中の取引情報を暗号化することによって匿名性を高める技術です。

Zcashの発行上限数は2100万枚で4年に1度半減期が訪れます。これはビットコインと同じとなっていて双方の通貨は共通点がたくさんあります。Zcashはビットコインの問題点を補完してより良くするために生まれた仮想通貨なのです。

ビットコインとの共通点

ビットコインとZcashは共通点が多くありますが、匿名性という点で大きく違います。

ビットコインの場合は、ブロックチェーンの技術では誰が誰にいくら送金をしたのかという情報が全て記録され公開されます。公開されると言っても暗号化されたアドレスが公開されているので、簡単に知ることはできなくなっていて、これだけでも匿名性は十分に高いと言えます。

これに対してゼロ知識証明の技術を使っているZcashは、誰が誰にいくら送金したのかという情報は一切公開されません。第三者には何もわからない状態になるということです。さらにゼロ知識証明の優れている点は、完全匿名になっているにもかかわらず取引の正当性の証明はすることができるということです。

Zcashという仮想通貨をあまり聞いたことがないという人も多くいます。しかしZcashは匿名性の高さが注目され、JPモルガンが提携すると発表したことでことで大きく話題となりました。また韓国の仮想通貨取引所であるBithumbに上場したことでも注目され価格が高騰しました。

Zcashの開発チーム

Zcashの開発チームは公式サイトのチーム情報から確認することができます。チームメンバーはCEO、サイエンティスト、エンプロイー(社員)、アドバイザー、社外顧問というように構成されいています。

こちらはZcashのCEOであるZooko Wilcoxさんです。経歴が紹介されており、Twitterへのアカウントリンクも載っています。

全てのメンバーを合わせると約35名ほどいらっしゃいます。

こちらがZcashのTwitter公式アカウントになります。フォロワー数は7万人弱で、中規模のファンがいることがわかります。

Zcashのコミュニティ

公式サイト内ではコミュニティとして以下が挙げられています。他の仮想通貨コミュニティと比べるとそこまで活発なコミュニティではないのかも知れません。

  • Forum
  • Community Dev Chat
  • Twitter
  • IRC:   irc.oftc.net #zcash

Zcash(ジーキャッシュ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始:2016年10月
  • 開始価格:4,293$
  • 最高値 :開始価格
  • 最安値 :33$
  • 直近価格:228$

Zcashは2016年10月に取引が開始されました。開始当初は4,290$と非常に高い価格でしたがすぐに500$前後まで下落しました。

その後も下落し、半年ほど100$前後を推移していました。一時700$を上回る高騰もありましたが、現在では220$前後の価格を付けています。

Zcash(ジーキャッシュ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Zcashを取り扱っている取引所は少なく限られるので、購入する場合は取り扱いのある取引所のアカウントを作成しておく必要があります。

Zcashを購入できる国内取引所は1つだけ

Zcashを購入できる取引所は国内ではCoincheckだけです。Coincheckは国内取引所の中でも最多の取り扱い銘柄数で13の仮想通貨を購入することができます。Zcashを購入する場合はCoinchckのアカウントを作成しましょう。

Zcashの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Hitbtc,Bithumb,,Bit z,Bittrex,Poloniex,Huobi,Yobit,Exmo,Cex,Gate,Cryptopia,Therocktrading,Bx thailand,Allcoin,Abucoins,Ccex,Coin exchange

Zcashを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Zcashを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Zcashの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Zcash(ジーキャッシュ)の将来性

  • メリット1:匿名性に優れているので様々なシーンで利用できる
  • デメリット2:国や政府の規制を大きく受けやすい

2018年5月追加

ZcashはDASHやMoneroのように匿名性を特徴とする通貨です。匿名性があることで様々なシーンで使いやすい通貨になりますが、一方でマネーロンダリングや足跡がつかないために犯罪などに使われることも多くあります。

日本でもコインチェックでMoneroがハッキングされたように、仮想通貨がそのような側面を持っていると政府としては規制を強める方向性になります。実際、コインチェックでハッキングが起きてしまった後、コインチェックはMoneroやDASHなどの匿名性に優れた通貨を廃止しています。

このように、通貨として非常に優れていても犯罪等を考慮すると取引がしにくくなってしまう課題があります。Zcashもその風潮を受けてしまっているので、現在と将来性としてはあまりよくないイメージがついてしまっています。

Zcashは数ある仮想通貨の中でも匿名性に優れた仮想通貨です。公開当初は使われている技術がビットコインに似ていることから第2のビットコインとも言われていました。

その匿名性の高さからJPモルガンが提携を発表するなど注目されている仮想通貨の一つです。今後も様々な企業から注目され進化していくことが期待されます。

また匿名性が高いということは、犯罪などに利用される可能性もあるということになります。このような問題がどのように改善されていくのかも注目です。

Zcash(ジーキャッシュ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ニュース

コインチェックでのMoneroハッキングが起こった後、安全性を考慮した結果、Zcashを含む4つの匿名性に優れた通貨の廃止がなされました。

今後の予定

  • 半減期(2020年)

Zcashは公開から1年ほどの間にJPモルガンとの提携や韓国の仮想通貨取引所への上場などがありました。その匿名性の高さから注目され、今後も進化していく可能性が十分にあります。

2020年には最初の半減期を迎えます。その時にどのような価格変動が起こるかはわかりませんが、今後も注目していく必要があります。

Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)とは?匿名性の高さを特徴とする通貨の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

  1. -1

    […] ZClassicはZcashからハードフォークしたコインで、通貨の単位はZCLです。基本的な機能はZcashと同じです。 […]

    2018/02/14(水) 02:18:59

  2. -2

    […] Zキャッシュ […]

    2018/01/23(火) 10:11:00

他のコメントの書き込みをみる