仮想通貨(コイン)の Qtum(クオンタム)とは?ビットコインの安定性とイーサリアムの柔軟性を持った通貨

Translate this article into English

シェアする

最新のQtumの価格・時価総額・出来高

通貨名Qtum(クオンタム)
通貨略号QTUM
公開日
システムProof of Stake
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)

Bithumb,Coinone,Bittrex,,Bitfinex,Huobi,Allcoin,Gate,Bit z,Kucoin,Hitbtc,Livecoin,Coss,Qryptos,Coin exchange,Quoine
公式サイトQtumの公式サイト

Qtum(クオンタム)のローソク足リアルタイムチャート

Qtum(クオンタム)とは?基本情報

クオンタムは2016年末に公開された比較的新しい仮想通貨です。特徴として、仮想通貨の代表であるビットコインと第2世代仮想通貨代表と呼ばれるイーサリアムを組み合わせたような通貨であるといえます。

2017年3月にICOが開始されその後すぐに10億円もの資金を集めることに成功しました。通貨単位はQTUMで2017年12月現在の価格は約7000円台で推移しています。

2018年5月現在、時価総額ランキング19位の非常に人気な通貨です。次はそんなクオンタムの特徴・仕組みについて見ていきます。

Qtum(クオンタム)の特徴・仕組み

クオンタムはシンガポールのQtum財団によって開発されました。最大の特徴・仕組みはビットコインイーサリアムの両方のいいところを組み合わせて開発されたという点です。

例えばイーサリアムを見てみると、イーサリアム搭載アプリケーションなどを使用する場合、イーサリアムブロックチェーン全体をダウンロードして同期させなければなりません。

しかしクオンタムの場合は、ビットコインのトランザクションモデルに基づいた仮想マシンを使います。これによりブロックチェーン全体をダウンロードしなくても送信することができるようになります。そして安全かつ簡単に、さらにより早くこれらを行うことができるのです。

このようにクオンタムは、イーサリアムのスマートコントラクト技術とビットコインの価値転送技術を組み合わせて開発されたのです。

  • モバイル端末での利用
  • クオンタム発行上限枚数
  • クオンタムの開発チーム
  • クオンタムのコミュニティ

モバイル端末での利用

クオンタムはモバイル端末での利用を想定して開発されています。これは他の仮想通貨と大きく異なる点と言えます。

現在ではインターネットの利用は、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の割合が大きくなっていて、今後はブロックチェーンプロジェクトなどもタブレット端末からの利用が想定されるでしょう。

クオンタムはタブレット端末からスマートコントラクトを実行することが可能な仮想通貨なのです。

クオンタムの発行上限枚数

クオンタムの発行上限枚数は1億QTUMですでに全て発行されています。発行された1億QTUMのなかの51%は取引開始前のICOトークンセールの時点で売り出されました。

この時に調達した資金はQutm財団の運営に使われます。それ以外の残りは投資家に配布されます。20%は創業者や開発チーム、支持者などに配布され7%から8%は後援者などに配布されました。

クオンタムの開発チーム

クオンタムの開発チームは公式サイトから確認することができます。合計20人ほど掲載されており、それぞれの名前と顔写真、専門分野や経歴まで細かく紹介されています。

Twitter公式アカウントは多く更新されており、フォロワー数は16万人なのでそこそこ大きいコミュニティだといえます。

クオンタムのコミュニティ

フォーラムやRedditで確認することができますが、そこまでアクティブではないようです。

Qtum(クオンタム)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始:2017年5月
  • 開始価格:6.42$
  • 最高値 :71.3$ 取引開始価格から10倍以上
  • 最安値 :3.86$
  • 直近価格:16.0$

クオンタムは2017年5月に取引が開始されました。公開当初の価格は6.4ドルほどで大きな値動きはあまりありませんでしたが12月に入り高騰しました。

2017年5月(取引開始)

取引が開始された2017年5月時点でのクオンタムの価格は6.4ドル程度です。2016年にICOが開始され、開始後数日で10億円を超える資金の調達に成功しました。

このことからもクオンタムに対する期待の高さがうかがえます。取引開始後しばらくは価格の高騰はありませんが、安定した値動きで推移していきました。

2017年12月(国連管轄フォーラムIGF開催)

2017年12月にクオンタムの価格が高騰します。12月1日の時点では13ドル程度だった価格が12月中旬には30ドルを超え、12月19日に一気に高騰し70ドルを超えます。

この高騰の要因は仮想通貨全体に対する注目が集まったことと、12月19日に行われた「国連管轄フォーラムIGF」にCEOが登壇したことで期待が高まったと見られています。

Qtum(クオンタム)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Qtumの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Binance(バイナンス)Bithumb,Coinone,Bittrex,,Bitfinex,Huobi,Allcoin,Gate,Bit z,Kucoin,Hitbtc,Livecoin,Coss,Qryptos,Coin exchange,Quoine

Qtumを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Qtumを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Qtumの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Qtum(クオンタム)の将来性

  • メリット・デメリットの両側面:ビットコインとイーサリアムの影響を強く受ける(フォークなど)
  • デメリット:中国の規制等を受けやすい

取引開始前のICOの段階で10億円を超える資金の調達に成功したことからも、クオンタムに対する注目の高さがうかがえます。しかし2017年5月に取引が開始されたばかりで、まだ新しい仮想通貨です。

クオンタムの特徴・仕組みを見ても、イーサリアムとビットコインの両方のいいところを組み合わせていて、より実用性があるように開発されています。そのため、今後さらに伸びていく可能性が十分にある仮想通貨であると言えるでしょう。

2018年5月現在、時価総額ランキング19位と非常に注目されていることがわかります。

Qtum(クオンタム)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

クオンタムの今後の予定

  • Ledger Walletに追加予定(2017年12月)

クオンタムに関する最近のニュースで注目を集めたのが、国連管轄フォーラムIGFにCEOが登壇したことです。これによりそれまで安定して推移していた価格が高騰しました。

今後の予定としては、Ledger Walletにクオンタムが追加予定ということです。Ledger Walletとは、ハードウェアウォレットの一種で、仮想通貨を安全に保管することができます。ハードウェアウォレットはインターネット環境に接続せずに仮想通貨を保管することができるので、ハッキングなどから守ることができるのです。

これまでクオンタムは、Ledger Walletに対応していませんでしたが、2017年12月より追加されるとのことです。

Qtum(クオンタム)とは?ビットコインの安定性とイーサリアムの柔軟性を持った通貨の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる