仮想通貨(コイン)の Cardano(カルダノ/ADA)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のCardanoの価格・時価総額・出来高

通貨名Cardano
通貨略号ADA
公開日
システム
発行上限枚数450億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,
公式サイトCardano(ADA)の公式サイト
Cardano(ADA)の日本語公式サイト

Cardano()のローソク足リアルタイムチャート

Cardano(カルダノ)とは?基本情報

Cardanoは、日本で名前を聞くことはあまりありませんが、2018年4月13日現在、日本で知名度の高いDASHXEM(ネム)Liskなどを抑え、時価総額7位につけています。

正式な仮想通貨名はADA(エイダ)と呼ばれるものであり、これはプラットフォームであるCardano上で、デジタル資産を送付したり、受け取ったりするために使われます。暗号化を行うことで安全性を保証し、早くかつ直接送付できるように作られています。

一方で、Cardano(プロジェクト名)はテクノロジーのプラットフォームであり、個人や組織、政府が毎日、世界中の至るところで使用している金融アプリケーションを運営することができるプラットフォームです。

このプラットフォームは、階層構造を持たせていることで、ソフトフォークでのメンテナンスやアップグレードを可能にしており、高い柔軟性を持っています。

Cardanoのプロジェクトは、世界で初めての「科学哲学」に基づくプロジェクトであり、アカデミアやエンジニアを導くグローバルチームによってデザインされ、構築されています。

※速報!2018年1月24日、アメリカ格付け機関「Weiss」による仮想通貨レーティング(格付け)が発表され、カルダノエイダは「B-」を獲得。なお、その他の同ランクは「ネオ(NEO)」、「スチーム(STEEM)」など。

Cardano(カルダノ)の特徴・仕組み

Cardanoの特徴・仕組みは以下になります。

  • 科学哲学に基づくプロジェクト
  • OUROBOROS(新たなProof of Stake)
  • DEADALUS(ADAコインのウォレット)
  • カルダノの開発チーム
  • カルダノのコミュニティ

科学哲学に基づくプロジェクト

Cardanoプロジェクトは、他の仮想通貨よりも先進的な特徴を持つブロックチェーンを作ろうとするプロジェクトであり、その根底に科学哲学を据えています。

世界中から集められた専門家やエンジニア、リサーチャーは、仮想通貨の概念を壊すことからこのプロジェクトを始めました。

そして、OuroborosやDEADALUS、階層化などの様々な発想や技術を統合し、Cardanoを構築しています。

カルダノは、まだ開発されていないプロトコルよりも高度な機能を備えたブロックチェーンプラットフォームであり、最初に科学哲学から発展しています。世界中から集まった当社の熟練技術者と研究者チームは、暗号通貨の概念を解体することから始まりました。

その後、私たちの画期的なStakeアルゴリズムであるOuroborosを組み込んだIOHKチームは、Cardanoを根底から構築するためのピアレビューによる学術研究によって推進される第1の原則アプローチを採用しました。

PROJECT CARDANO

OUROBOROS (新たなProof of Stake)

Ouroborosとは、仮想通貨のXEM(ネム)などで取り入れられているブロックチェーン技術であるProof of Stakeを改良したアルゴリズムです。これは、各ノードがネットワークについてどのようにコンセンサスを得るかを決定するものです。

このアルゴリズムは、ADAを支えるテクノロジーの中でも重要なものの一つです。これは、Bitcoinで使用されるアルゴリズムPoW(Proof of Work)が抱える、広範な利用を阻害するスケーラビリティーの問題を解決するものです。

※スケーラビリティ問題とは…Bitcoin(ビットコイン)は1ブロックサイズ1MB、10分に1回のブロック生成という制限があり、ビットコイン利用者が増えるほどこの処理に時間がかかり、処理待ちが詰まってしまう、という問題。

Ouroborosは、数学的に明白に安全であると示された最初のProof of Stakeです。Ouroborosによって証明されたセキュリティレベルは、今まで一回もセキュリティを破られたことがないBitocoinのブロックチェーンに匹敵します。

プルーフ・オブ・ステークでは、マイニングの際に一番多くのその暗号通貨を持つ人が承認権を得ます。つまり、電気代の大幅な削減や、マイナーそれぞれの利益率が同じになるので中央集権化に歯止めをかけることができます。

DEADALUS(ADAコインのウォレット)

DEADALUSは、ADAコインのための安全で、複数のプラットフォームに対応した、階層構造のウォレットです。

DEADALUSの提供する機能は以下になります。

  • 暗号化したプライベートキーとパスワードを用いて、マルウェアのようなセキュリティ脅威に対する保護策を提供します
  • ウォレットは紙の証明書にすることもでき、コールドウォレットに資金を置いておく、安全性の高い選択肢も提供しています
  • ADAの償還はウォレットの中に直接組み込まれており、暗号化されている償還証明書もされていない償還証明書もサポートします
  • 設定可能なトランザクションの保証レベルを監視し、トランザクションが完了した時をユーザーが確認できるようにします

カルダノの開発チーム

カルダノの開発チームは大きく分けて以下の3チームにわけられます。公式サイトからチームの詳細を確認することができます。

  • Cardano Foundation(カルダノ財団)
  • IOHK
  • Emurgo

Cardano Foundation

カルダノ財団のミッションは、カルダノテクノロジーの規格化、保護、そして発展です。理念として以下の5つを挙げています。

  • 暗号通貨に関する規定を調査し、制定する
  • 暗号通貨の標準母体として活動する
  • カルダノ・エコシステムの保護、促進、発展に務める
  • カルダノ・コミュニティを統合、育成、成長に寄与する
  • 新規参入者の目標となる組織として活動する

IOHK

IOHKはCardanoの開発を行っているチームで、また、仮想通貨業界を牽引している研究開発会社であり、2020年までプラットフォームの開発を担う契約を結んでおります。

IOHKは2015年にCharles HoskinsonとJeremy Woodによって設立されたエンジニアリングおよびテクノロジー企業です。革新的なP2P技術を利用して30億人に金融サービスを提供することを約束しました。IOHKは契約に基づき、2020年までカルダノ・プラットフォームの設計、構築、および管理を行います。

Emurgo

Emurgoはカルダノブロックチェーンを用いて飛躍を試みるスタートアップやベンチャー企業に投資及び支援を行います。

Emurgoは投資に特化しており、主に2つの方法があります。スタートアップへの直接的な投資と、自分のビジネスを革新したいビジネスパートナーの育成です。Emurgoは研究開発の設備をフィリピンや韓国、ベトナムに設立し、本部を日本に設置しました。コミュニティ構築の第一フェイズとしてEmurgoはインフラの設立にフォーカスします。これによって後々戦略的なプロジェクトやアプリケーション開発者に資金が行き渡るようになります。

既存の会社にブロックチェーン技術を導入するコンサルティングや、主な産業に向けたCardanoの分散化アプリケーションの開発をします。また、会社はEmurgoファイナンス、EmurgoリーガルやEmurgoロジスティクスなどのEmurgoコミュニティからの支援を受け、自身の分野で商業アプリの開発に集中することが出来ます。

初期段階にあるブロックチェーンベンチャー企業は、Cardanoプラットフォーム上でアプリを構築する助けをします。投資に加え、ベンチャー企業は他のブロックチェーン企業と共にプロジェクトを進めたり、研究、開発施設の利用やアプリを必要とする外部の会社と繋がることも出来ます。

また、開発チームの個人としてチャールズ・ホスキンソン氏が挙げられます。彼はカルダノプロジェクトだけでなく、イーサリアムの開発にも携わっているため、仮想通貨を牽引している人物だと言えます。

こちらはCardano Foundationの公式Twiiterアカウントです。頻繁に情報発信がされており、フォロワーは約13万人です。また、別にADAcoinという仮想通貨・トークンのためのアカウントも存在します。

カルダノのコミュニティ

公式フォーラムには専用の掲示板があります。英語、日本語、韓国語、ロシア語など様々な言語に対応しており、その分ファンも多いです。コミュニティにもいろいろあり、かなり活発に利用されています。

また、コミュニティの情報をまとめているTwitterのアカウントもあります。11万人ものフォロワーがいるので、たくさんの方が活用していることがわかります。

Cardano(カルダノ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始 :2017年10月1日
  • 開始時価格:0.02$
  • 最高値  :1.28$
  • 最安値  :0.019$
  • 直近価格 :0.20$(2018/04/13)

取引開始以降、低調に推移したままでしたが、11月末から価格が動き出し、ボラティリティが高くなりました。

12月中旬の仮想通貨全体の値上がりに合わせ、Cardanoも価格をあげており、2017年12月17日には高値の0.59$をつけました。

年が明けて1月には仮想通貨市場の盛り上がりがピークに達し、最高値となる1.28$を記録しました。取引開始価格から64倍の高騰です。

日本では知名度が高くありませんが、仮想通貨全体の時価総額ランキングで7位をつけており、今後も大きな値動きが予想されます。

Cardano(カルダノ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Cardanoの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,

Cardanoを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Cardanoを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Cardanoの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Cardano(カルダノ)の将来性

  • メリット1:プロジェクト哲学が深く、ファンも多い
  • メリット2:*時価総額が7位、流動性が高い
  • デメリット1:プロジェクトが多く、期間が長い、情報が多い

Cardanoが問題視し、新たなブロックチェーンアルゴリズムを開発したように、BitcoinのアルゴリズムPoWに内包するスケーラビリティーの問題は、活発に議論されています。そして、それ以後の仮想通貨は、どれも共通してこのスケーラビリティの問題を解決するような改良を施していることが多い印象を受けます。

最近では、IOTAByteballに代表される第三世代仮想通貨が、DAGというブロックチェーンとは異なる新たなアルゴリズムも導入し始めています。

Cardanoが生み出したOuroborosもまた新たなアプローチであり、今後も注目するに値する通貨だと思います。

*時価総額と流動性の高さは、通貨の価値に大きく関係します。時価総額は通貨の発行枚数と1単位当たりの価格を掛け合わせたものになり、流動性はその通貨がどれだけ取引(売買)されているかということです。

Cardano(カルダノ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

公式HPからカルダノプロジェクトのロードマップを確認することができます。プロジェクトは全部で5つあり、以下になっております。

  • Byron
  • Shelley
  • Goguen
  • Basho
  • Voltaire

それぞれのプロジェクトの詳細や役割、開発進捗度合いが%で表されているのでとてもわかりやすいロードマップになっています。

2017年9月にCardanoのメインネットがローンチされています。

今後、Ouroborosのネットワークへの委任や複数署名化などの分散化の取り組みを2018年第2Qまでに完成することを目指しています。

Cardano(カルダノ/ADA)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 0

    くりぷとふぁーろびん ID:6ca7db76d 返信

    4〜6月あたりであがるみたいですよね。
    今のうちに買い増ししてたい。

    2018/02/28(水) 12:06:16

他のコメントの書き込みをみる