仮想通貨(コイン)の Bitcoin Gold(ビットコインゴールド/BTG)とは?ビットコインからハードフォークして誕生した通貨

Translate this article into English

シェアする

最新のBitcoin Goldの価格・時価総額・出来高

通貨名Bitcoin Gold
通貨略号BTG
公開日
システム
発行上限枚数21,000,000 BTG
取り扱い国内取引所

bitflyer(ビットフライヤー)

取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

Huobi,,Cex,Novaexchange
公式サイトBitcoin Goldの公式サイト

Bitcoin Gold()のローソク足リアルタイムチャート

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)とは?基本情報

Bitcoin Goldはビットコインからハードフォークを経て、分裂した仮想通貨です。略号はBTGでアルトコインの分類に含まれます。発行上限枚数は2100万枚で、2017年11月12日にBitcoin Goldが発行されました。

2018/05/22現在、時価総額ランキング26位の仮想通貨で、将来性が見込まれ非常に人気な通貨です。

ハードフォーク自体は、10月25日に行われていましたが、問題があったので、改良されてから再リリースされました。Bitcoinから分裂しているので、基本的な機能はBitcoinと同じなのですが、いくつかの変更点があり、それがBitcoin Goldの特徴・仕組みになっています。

その中でも大きな変更はアルゴリズムがEquihashになった事です。Bitcoin GoldはBitcoinで問題になっていたマイニングに関する点を解決しようと分裂しました。分裂に際しては香港のLightningASICのJack Liao氏が大きな働きをし、Equihashを搭載してBitcoinとの違いを出しています。

このアルゴリズムを搭載したので、マイニングが誰でもしやすいようになり、Bitcoinの様にマイニングをしている企業の力が大きくなりすぎないように抑制する効果があります。新しい理想を目指して発行されたのが、Bitcoin Goldなのです。

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の特徴・仕組み

Bitcoinから派生したBitcoin Goldは以下の特徴・仕組みがあります。

  • マイニングに対する理念の違い
  • アルゴリズムがEquihash
  • 難易度調整がブロック毎
  • 流動性の高さ
  • リプレイプロテクションの実装
  • ビットコインゴールドの開発チーム
  • ビットコインゴールドのコミュニティ

マイニングに対する理念の違い

現状ビットコインは個人ではマイニングできない状態です。ビットコインの実に7割は、中国の企業によってマイニングされており、まさに寡占状態と言えます。マイニングは仮想通貨の新規発行や、トランザクションを検証する際に必要なステップです。

しかし通貨の7割が1国の企業によってマイニングされている現象は、仮想通貨の理念である非中央集権ではないのではと、運営方法に対立が生じました。その結果ハードフォークが実行され、マイニングに関する理念に即した通貨が発行された訳です。

このハードフォークの目的はマイニングの分散化です。下記のアルゴリズムのポイントでも少し解説していますが、マイニングを個人でも可能にする目的があります。1つの国や企業だけではなく、個人でもマイニングに参入できる環境を目指して発行された通貨です。

アルゴリズムがEquihash

Equihashにアルゴリズムが変更された事で、ASICと呼ばれる高性能な機械によるマイニングが不可能になります。今までビットコインはPoWシステムのアルゴリズムから、特定集積回路のASICを用いてマイニングするのが効果的でした。

しかし問題点として、高価なこの機械を何台も用意できる企業が報酬をたくさん得られるという事がありました。つまりお金や資産をすでに持っている人が多くの利益を得られ、そうでないならマイニングに参入することが難しいのが現状でした。

管理者がいない仮想通貨において、ASICをたくさん導入でき、しかも電気代が安い中国の企業がマイナーの市場を独占している状況は良い状態とは言えません。Bitcoinなどの仮想通貨の特徴・仕組みである、非中央集権が薄くなってきて、マイニングをしている企業に権力が集中する可能性があるからです。そうなると中国の企業にメリットがあるトランザクションしかしない状況になりかねないからです。

また、この状況が続くと51%攻撃というリスクを孕みます。51%攻撃とは、マイニングの集中によって1つの国によってトランザクションの承認ができてしまう状態のリスクを刺します。こうなってしまうと、1国が良しとするトランザクションを優遇して承認できてしまう可能性があるためです。

Equihashは今までのAsicを利用できない上に、まだ圧倒的なスピードでマイニングできるマイナーがいません。個人でもマイニングできるGPUマイニングがBitcoin Goldでは可能なので、より非中央集権に近くなります。一般参加者によってもマイニングされ、マイニング市場をより一般に解放したいという想いで、Equihashというアルゴリズムが搭載されました。

難易度調整がブロック毎

別の違いとして、難易度調整がブロック毎に行える点があります。難易度と言うのは、マイニングの行いやすさの事で、10分の計算をして1つのブロックが作成できるようにBitcoinではなっています。さらにBitcoinではブロック1つの生成にかかる時間は10分になるように、2週間ごとに難易度が調整されています。

しかしBitcoin Goldの場合、毎ブロックごとに難易度を調整できるように変更されています。このメリットとして、難易度の調整をすることで、安定したブロックの作成になるように調整できる事があります。

例えば、10分毎にブロックが作成できるように調整していても、2週間の間にもっと早くブロックが作成できる事もあります。そうすると予定よりも多くブロックが作成されることになり、結果として仮想通貨のBitcoinが供給されてしまいます。

Bitcoin Goldではブロック毎に難易度を調整できるので、安定した仮想通貨の供給が見込まれ、発行上限に規定通りの速さで達する事ができます。

流動性の高さ

Bitcoinから派生しており、しかもBitcoinを持っている人には同量のBitcoin Goldが付与されることもあり、流動性が高いとされています。発行枚数もBitcoinと同量ですし、注目を集める仮想通貨という事もあり、決算に向いている通貨です。

今後マイナーやユーザーがBitcoin Goldに投資していくのか、動向に注目です。

リプレイプロテクションの実装

当初リプレイプロテクションが装備されておりませんでしたが、後にこのリプレイプロテクションが装備されています。

このリプレイプロテクションと言うのは、リプレイアタックから通貨を守る装備の事です。ハードフォークの際に、元帳から通貨を勝手に送金させるこの攻撃は、仮想通貨がハードフォークする際の脅威となってきました。

THE DAO事件などが有名で、多くの仮想通貨が消滅したので、この機能が装備されているのかそれとも実装されていないのかは、仮想通貨の安全性に大きな影響を与えます。

ビットコインゴールドの開発チーム

ビットコインゴールドの開発チームは公式サイトから確認することができます。サイトには30名程のメンバーが紹介されています。メンバーは中国や北アメリカ、スペイン、コロンビアなど様々な国の出身の方がいます。

また、TwitterやLinkedInなどのソーシャルメディアでも活動されています。

こちらはツイッターの公式アカウントになります。フォロワーは7万人いて、更新頻度はほとんど毎日です。

ビットコインゴールドのコミュニティ

ビットコインゴールドのコミュニティとしては、フォーラムが最も大きなものとなります。また、公式サイトのコミュニティでは、下記のソーシャルメディアが紹介されています。仮想通貨のコミュニティの中では、かなり数が多いです。

  • Forum
  • Discord
  • Github
  • Facebook
  • Twitter
  • Medium
  • Reddit
  • YouTube
  • Telegram

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 開始時期:2017年10月
  • 開始価格:479$
  • 最高値 :479$
  • 最安値 :39$
  • 直近価格:52$

発行される時から、話題になっていたBitcoin Goldはどのように価格推移してきたでしょうか?

2017年10月25日発行から

発行当初1BTG500ドルほどまで値段が付きましたが、リプレイアタックプロテクションが装備されていないという事もあり、一気に値段が下がりました。1日にして130ドル台にまで下落します。その後11月まで値段が安定しています。

2017年11月

リプライプロテクションが装備されたとの発表を受けて、Bitcoin Goldにも期待がかかり、市場価格も上昇します。約500ドルにまで上昇し、当初付けた値段まで回復していきます。しかし中旬にはまたもや値段が下がり始め、120ドル台に入ります。

2017年11月末

11月末には再度回復の兆しを見せ始めます。1BTG300ドル台で安定を見せていき、12月中旬までこの安定が続きます。12月25日現在、同じように300ドル台で安定しています。

2018年

1月以降、価格は下がり続けており、5月現在、100$を割って50$前後で取引されています。

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Bitcoin Goldの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所 bitflyer(ビットフライヤー)bitflyer
取り扱い海外取引所

Cryptopia(クリプトピア)

Huobi,,Cex,Novaexchange

国内ビットコイン・仮想通貨取引所のおすすめ【Bitflyer(ビットフライヤー)】

おすすめポイント

  • ビットコイン取引量日本一!
  • レバレッジ最大15倍のFXトレードに対応!
  • 国内取引所では最大級の資本金を持ち、安全性が高い

Bitflyer(ビットフライヤー)は国内最大級の仮想通貨取引所です。2014年1月に創業し、日本におけるビットコイン黎明期から業界をリードしてきた会社です。

ビットフライヤーをカンタン登録♪「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます!

無料登録はこちら

ビットコイン取引量日本一!

出典:月次取引高 - 国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト

Bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン(BTC)の取引高が日本1位となっています。国内取引の60%近くをBitflyer(ビットフライヤー)が取り扱っています。

レバレッジ最大15倍のFXトレードに対応!

Bitflyer(ビットフライヤー)は、bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)という取引特化型のツールも提供しています。ここではFX特有の「レバレッジ」という方法でビットコインの売買をすることができます。トレードに慣れている方は必須機能ですね。

国内取引所では最大級の資本金を持ち、安全性が高い

大手メガバンク、保険会社、リクルートなど、名だたる大手企業から出資を受けており経営体制に安心感が持てる企業体質です。

ビットフライヤーをカンタン登録♪「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

無料登録はこちら

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の将来性

  • メリット1:ビットコインが持つ問題を解決するために誕生した
  • デメリット1:開発者がプレマイニングをした
  • デメリット2:取引されて間もないのに価格は下がり続けている

Bitcoin GoldはBitcoinのマイニング問題を解決する通貨としてハードフォークし、分裂していきました。しかし将来性を考える時にいくつか念頭に置きたいポイントがあります。

発行されて間もない通貨という事も重なり、今後の成長を見守る上で、考慮すべきポイントになります。

Bitcoin Goldはプレマイニングをしている

開発者側がすでに20万BTGを持っているとの情報が懸念点になります。プレマイニングというのは、通貨が発行される前に、開発者がマイニングを行い通貨を持っている事です。通常であれば、マイナーがマイニングを行い、その報酬として通貨を得るのですが、開発者がすでに保有しています。

この行為が中央集権的な行動だとして、一部から指摘されています。このプレマイニングは開発者側の資金として、マイニングを行ったとして説明がなされています。今後の通貨の成長にどのように影響を与えるのか、懸念すべき点になります。

Bitcoin所持者に付与されている

BitcoinハードフォークされてBitcoin Gold発行された時に、Bitcoin所持者に同量のBTGが付与される事が発表されました。実際に付与されるのかは、取引所によって対応が異なりますが、Bitcoin所持者はいくらかのBTGを手に入れた事になります。これからBitcoin Goldがどのように成長していくのか、注目に値します。

上記の二つの点はBitcoin Goldがどのようにして運営されていき、市場がどのように動くのか左右する点です。仮想通貨がハードフォークをし、新しい通貨が発行さると、その通貨がどれほどの価値を持つのか見どころでもあります。

Bitcoin Goldは価値の無い通貨だと評価されていましたが、12月25日現在で1BTGおよそ300ドルの価格になっており、ランキングでも11位に入っています。上位15位以内に入っているという事は、予想以上に注目を集め、取引が行われている通貨という事です。これからのBTGの将来性に期待が持てる現状と言えるでしょう。

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Bitcoin Goldの最近のニュースには以下のものがあります。

  • 10月25日にハードフォークによりBTGが発行される
  • リプレイプロテクションの実装の遅れが明らかになる
  • 11月13日にリプレイプロテクションの実装

このようにBitcoin Cashなどと違い、ハードフォークをした後の取引に少し安定感がありませんでした。しかしその後リプレイプロテクションなどが実装されて、安全に取引を行える環境が整い始めています。

今後の予定として以下の点があります。

  • Bitcoin所持者に対するBitcoin Goldの付与

海外の取引所では、Bitcoinを所有していた人にBitcoin Goldが付与され始めている様ですが、国内の取引所ではセキュリティなどの確認と金融庁による確認が続いています。今後、何時頃付与されていくのか最新のニュースに注目する必要があります。

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド/BTG)とは?ビットコインからハードフォークして誕生した通貨の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる