仮想通貨(コイン)の Ontology(オントロジー/ONT)とは?企業向けの分散型ブロックチェーンプラットフォーム

Translate this article into English

シェアする

最新のOntologyの価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

Ontologyとは?基本情報

Ontologyは、2017年に中国のOnchain社が立ち上げた、分散型トラストコラボレーションプラットフォームで、新しい高性能パブリックブロックチェーンです。

一連の完全な分散型元帳とスマートコントラクトシステムを含む、新しい高性能パブリックブロックチェーンを提供し、ブロックチェーンとビジネスセクター間の障壁を取り除く為の第一歩となります。

Ontologyは、分散ネットワークの知識がない企業にブロックチェーン技術を使用させるという意味ではとても画期的です。

現時点ではブロックチェーンの広範な知識無しにブロックチェーンをインフラストラクチャーに統合する方法はありませんが、同様現在のネットワークには様々な問題があります。

Ontologyは、信用できるエコシステムによってそれらの問題の解決ができる仮想通貨なのです。

Ontologyの特徴・仕組み

Ontologyは、分散型デジタルアイデンティティーフレームワーク、分散データ交換プロトコルなどのような、異なる種類の分散シナリオの為に、基盤となるインフラストラクチャ―に常に共通のモジュールを提供します。

オントロジーブロックチェーンフレームワークは、パブリックブロックチェーンシステムをサポートしており、異なるアプリケーション用に異なるパブリックブロックチェーンをカスタマイズすることができます。

Ontologyは、様々なプロトコルグループを持つチェーンネットワーク間のコラボレーションをサポートします。それは下記のような特徴を持っています。

  • オントロジーインフラストラクチャー
  • オントロジーモジュールとプロトコル
  • オントロジー共通アプリケーション
  • オントロジーのシナリオ
  • オントロジーの開発チーム
  • オントロジーのコミュニティ

オントロジーインフラストラクチャー

ONTブロックチェーン

オントロジーエコシステムのアプリケーションやその他のチェーン共通サービスは、1つ以上のサービス公開通貨よって提供されます。

ONTブロックチェーンフレームワーク

高性能でフレキシブルなチェーンフレームワークは、様々なビジネスチェーンをサポートするためにモジュール化され、カスタマイズ可能です。

ONT相互作用プロトコル

異なるプロトコルコラボレーションは、様々なクロスチェーン、クロスシステム、および、クロスインダストリーのシナリオとの相関性を提供します。

オントロジーモジュールとプロトコル

ONT ID

人、資産、オブジェクト、および業務のアイデンティティー検証と認証をサポートする、完全な分散アイデンティティーフレームワーク

ONTデータ

ONTデータフレームワークはデータ協力と異なるものの交換、データ・リソース管理スマートコンストラクション・トランザクション等をサポートします。

ONTスコア

ONTスコアは、分散した信頼性の高いデータに基づいて様々な、信用評価ロジックを開発するため、様々なビジネスをサポートしています。

オントロジー共通アプリケーション

ONTO

ONTOは包括的な分散型クライアント製品であり、ユーザーにデジタルアイデンティティー、デジタル資産などの自己主権を与えます。

ONT東証

ONTTrust検索エンジンは、個人、資産、オブジェクト、業務に対するポータル、認証および、接続サービスを提供します。

ONT DDXF

分散データ交換フレームワークにより、確実なデータと財務のセキュリティーでデータ取り引きをカスタマイズできます。

オントロジーのシナリオ

人の為のマルチソースアイデンティティーシステム

ユーザーは、公共機関、銀行、企業、家族、同億、友人等の様々なソースから自分のIDデータを収集して管理できます。

オブジェクトのマルチソースアイデンティティーシステム

物理的オブジェクトのデジタルアイデンティティーは、製品所有者および、又は生産者の監督下で分散型ネットワークに登録する事ができます。

分散データ交換

データ交換システムは、個人のプライバシー要件を満たしながら、(所有者の同意を得て)全てのデータを発見して取り引きする事ができます。

オントロジーの開発チーム

オントロジーの開発チームは公式サイトから確認することができます。

チームメンバーは40名程紹介されていて、エグゼクティブ、マネージャー、デベロッパー、エンジニアなど様々なメンバーで構成されています。

メンバーはほとんどアジアの方で構成されています。各メンバーの経歴や何を担当しているかを詳しく見ることができます。

OntologyのTwitter公式アカウントはほとんど毎日更新されています。フォロワー数は5万人程度なので、仮想通貨アカウントの中では小規模から中規模のファンがいることがわかります。

まだ新しい仮想通貨プロジェクトなので、これからファンが増えていくことが予想されます。

オントロジーのコミュニティ

オントロジーのコミュニティではRedditが最も活発なコミュニティだと思われます。

また公式サイトでは以下のサイト・ソーシャルメディアがコミュニティとして挙げられています。

  • Telegram
  • Discord
  • Twitter
  • Facebook
  • Reddit
  • Medium

Twitterのアカウントもそうですが、まだ新しいプロジェクトなので、これから各コミュニティで盛り上がりが増えると思われます。

Ontologyの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始:2018年3月8日
  • 開始価格:USD 2.62
  • 直近価格:USD 5.82(2018/05/29)
  • 最高値 :USD 10.98(2018/5/3)
  • 最安値 :USD 1.47(2018/3/9)

2018年3月に取引を開始し、翌日に最安値を記録しました。まだまだ取引がされて新しいのですが、価格が上下推移を繰り返しながら、基本的には右肩上がりをしています。

取引開始から約3ヵ月で約11$の最高値を記録し、取引開始価格から4倍ほどとなっています。取引開始の年としては比較的安定しています。

Ontologyの買い方・売り方・購入方法・取引所

Ontologyの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Ontologyの将来性

  • メリット1:企業向けのプラットフォームの構築を目指している
  • デメリット1:新しいプロジェクトなので情報が少ない

Ontologyの進化には終わりがなく、デジタル世界において制限のないプロジェクトです。2020年までに個人から大企業までパートナー、そして信頼のエコシステム構築、維持、育成をする事に協力します。

これはブロックチェーンエコシステムによって、インターネット全体に更なる信頼をもたらし、Ontologyによって新しい信頼関係のデジタル世代を構築します。

Ontologyの最近のニュース・最新情報・今後の予定

世界最大級取引所 Binanceへ上場

2018年3月に、世界最大級取引所であるBinance(バイナンス)に上場しました。

2018年今後の展開予定は2つの道に分かれていく予定です。Mediumというサイトにロードマップが掲載されています。

トラストエコシステム

Ontology分散アイデンティティーフレームワーク(ONT ID)はオントロジー分散識別プロトコルおよび、検証可能なクレームプロトコルを含むスマートコントラクトを通じての完全実装です。また、同時に個人、法人、コンテンツを含む、多様な所有権の確認識別、認証などの共同サービスの開始です。

チェーンネットワーク

Ontologyの基本的なチェーンの機能とパフォーマンスの開発に焦点をあてます。これには、コンセンサスアルゴリズムトランザクション並列検証、スマートコントラクトプラットフォーム、ネットワーク通信が含まれます。

Ontology(オントロジー/ONT)とは?企業向けの分散型ブロックチェーンプラットフォームの評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる