新暗号通貨ワールド・トレード・フランの発表:公式イーサリアム・ステーブルコイン

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ワールド・トレード・フラン(WTF)は、次世代のブロックチェーン技術をベースにした分散型の4.0安定版暗号通貨です。WTFは、次世代のブロックチェーン技術とハイパーキューブ技術を活用し、自由貿易および経済的相互作用システムの構築に邁進しています。このプロトコルにより、各ユーザが安定したトークンを自由に購入、販売、保持することが可能です。

分散型自治体制を持つWTFの自由な発行、流通、取引は、経済的価値の分配と購読の基盤となるため、分散型の自由貿易と経済的相互作用のエコシステムが形成されるのと同時にコンテンツ制作者の権限を強化します。

WTFプロトコルのアプリケーションパートナーには、ペイウォ(Peiwo)、オビケ(Obike)、ギフト(Gifto)、アップリブ(Uplive)が含まれるとともに合計400万人のユーザーがおり、そのためWTFは世界で最も多くのDAPPユーザーを抱えるブロックチェーンプロトコルになっています。

WTFは、無許可のグローバルネットワークと世界を共生させることができる完璧な金融政策を実施することができ、中央集権的な検閲や統制を受けない世界銀行(World Decentral Bank)を利用して、政治的抑圧を免れ、真の個人主権と世界的な自由貿易を人類が実行できます。

地方分権化されることによって、WTFは資本主義と社会主義双方の利点をおのおのの弱点とも結びつけ、21世紀の先進的な人道モデルを生み出します。ユーザーは、ステイブルコインのWTF、WTFシステムからの将来の経済的収益配分と同等の揮発性コインであるFTWを保有して取引することができますが、政府は何らかの技術的理由でそれらを区別しています。

われわれは既に、国際条約の準備通貨としてWTFの利用を統合することについて各国政府と議論を開始し、まもなく国際条約で明示的に支持される最初の通貨になる予定です。世界分散化銀行には、ベーシック・インカムの仕組みが組み込まれており、加盟国がWTFに参加して配当を受け取ることができ、その配当を国民に分配することを条件に申請することができます。

国家としての参加資格は10万人以上のインターネットリバタリアンの承認を得ているため、1576の加盟国のうちインド、中国の6つの州、ナショナル・マクネーションフェイス(National McNationFace)、ハランベ(Harambe)をはじめとするシーランド、カタロニア、テキサス州を歓迎します。 WTFの価格安定性はOraclesによって保証されます。

私たちは、集中化されたサービスに頼ることなく、誰もが自由に安定したトークンを購入、販売、保持することができる分散型経済を創造するよう努めています。立法権は、不透明な中央集権機関から透明なコードに移行されます。ルールとプラットフォームは完全に透明で忠実に実行されたスマートコントラクトに基づいています。ユーザーに力を与えることで、世界規模で経済を変革します。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

Announcing World Trade Francs: The Official Ethereum Stablecoin